ロボット

英SEERGRILLSが開発した3分でステーキを焼き上げるAI搭載グリルPerfecta

 

イギリスのスタートアップSEERGRILLSは、わずか3分でステーキを焼けるAI搭載グリルPerfectaを発表した。Perfectaはステーキからピザまで3分以内の調理を可能とする「世界最速のグリル」だという。

Perfectaはユーザーが入力した好みの焼き加減や食品の種類に応じて、調理を開始する。肉がセットされると、Perfectaが厚みを感知し、赤外線バーナーで両面を自動で加熱する。

SEERGRILLSによると、Perfectaは肉の焼き加減を最適化するだけでなく、風味や香ばしさに重要なメイラード反応も最適化している。

従来のグリルでは滴り落ちた脂肪によって肉が燃え広がり、肉が焦げ、食感の仕上がりが不安定になっていた。Perfectaでは、水蒸気とガスは上部から排出され、脂肪は下部トレイに落ちるため、ジューシーな仕上がりになるという。

出典:SEERGRILLS

Perfectaには二重垂直赤外線バーナー、AIアルゴリズム、スマートセンサーを使った独自技術Neural Fireが使用されており、温度は900度(華氏1652度)に達する。

公式サイトによると、ステーキ3枚は1分45秒、バーガーパティ6枚は1分30秒、鶏肉4枚は2分30秒、ピザは2分50秒で調理するなど、調理時間を90%削減できる。これまでより最大10倍の速さで調理することで、エネルギーコストの削減にもつながるようだ。

The Spoonの報道によると、調理完了後にユーザーが調理の品質を評価すると、次の調理に向けてアルゴリズムが最適化されるという。

Perfectaによって肉を焼きすぎてパサつかせてしまったり、調理不足になってしまったりなどの失敗から解放されるかもしれない。Perfectaはアウトドアでも使用できるため、バーベキューの強い味方になりそうだ。

Perfectaには、ステーキのほか、ロティサリー、ピザ用の付属品もついている。現在公式サイトで予約注文を受け付けている。

 

参考記事

SEERGRILLS Unveils the Perfecta, an ‘AI-Powered’ Grill That Cooks the ‘Perfect Steak’ in Two Minutes

https://seergrills.com/

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:SEERGRILLS

 

関連記事

  1. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…
  2. Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート
  3. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  4. カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの…
  5. 世界初の家庭用ペットフードメーカーChefPawがCESに登場
  6. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  7. リング型カクテルメーカーBarsys 360|自宅のミクソロジー…
  8. Basil Streetがピザ自販機をアメリカの国際空港に導入、…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

世界初!イート・ジャストが培養肉料理のデリバリーをシンガポールで開始

培養肉を使った世界初の食品デリバリーが始まる。代替卵・培養肉をてがける米…

フューチャーミートが世界で初めて培養羊肉を生産、年内に米生産施設を着工

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は25日、培養…

米Liberation Labs、アメリカで精密発酵工場の建設を開始

米Liberation Labsは先月、アメリカ、インディアナ州リッチモンドで専…

ピザ自販機のBasil Streetが操業停止

ピザ自販機を開発するアメリカのBasil Streetが操業を停止したことが明ら…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP