Foovo Deep

ジャガイモで乳タンパク質を開発|イスラエルのFinally Foodsがプレシード資金を調達

 

イスラエルの植物分子農業企業Finally Foodsは今月、The Kitchen FoodTech Hubイスラエル・イノベーション庁(IIA)からプレシード資金を調達した。

Agfunderの報道によるとFinally Foodsは、アメリカ進出を長期目標として、1つのジャガイモで4つのカゼインタンパク質を生成することを取り組んでいる。

植物を工場として動物タンパク質を作る試みでは、最近、Moolec Scienceの豚タンパク質を作る遺伝子組換え大豆が米国農務省(USDA)から承認された。

Moolecの場合、大豆+豚のタンパク質で上市を目指しているが、Finally Foodsはジャガイモからカゼインタンパク質を抽出し、最終産物が遺伝子組換え食品となることを回避する戦略を考えている。現在これに向けて、効率よくカゼインタンパク質を抽出・精製するシステムの開発に取り組んでいる。

Foovoの認識では、ジャガイモを活用した分子農業でカゼインを開発する企業はFinally Foodsが初となる。

AI技術でプロセスを加速

イメージ画像

Finally Foodsは、計算予測生物学(CPB)プラットフォームを有するイスラエル企業Evogeneで研究開発に従事していたBasia J. Vinocur博士と、銅由来の抗菌技術を開発するCurical Technologiesを創業したDafna Gabbay氏の2名により2024年に設立された

動物と同等のタンパク質を生成する技術には、精密発酵、分子農業がある。植物を工場とする分子農業では栽培に時間を要するため、研究開発サイクルが長くなる特徴がある。

Finally Foodsはこの点について、Evogeneで開発されたAI技術を使用することで、ジャガイモの成長、発育、タンパク質発現レベルに対するさまざまな改変の影響をシミュレートし、実際の試験(ジャガイモの栽培など)に移行する前に技術を最適化することができるとしている。

これにより、植物育種のプロセスから試行錯誤を取り除き、より効率的で的を絞ったアプローチが可能になるという。

植物分子農業でカゼインを開発する企業は9社に

イメージ画像

分子農業による動物タンパク質の開発では、精密発酵と同様、乳タンパク質を開発対象に選定する分子農業企業が多い。

しかし、精密発酵ではホエイもカゼインも多いのに対し、Foovoの調査に基づくと、分子農業ではカゼインをターゲットとする企業が大部分を占める。国内ではイネと植物工場を活用してカゼインを開発するKinishが登場している。下記にこれら9社と、各社がカゼイン開発に使用する植物を一覧にまとめている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Finally Foods

 

関連記事

  1. 酵母クリームのCultivated Biosciences、20…
  2. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…
  3. Cooler Screens|店舗の冷蔵食品棚を動的な広告に変え…
  4. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…
  5. 「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2…
  6. 英Ivy Farm、欧州最大の培養肉パイロット工場をオープン
  7. バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億…
  8. BioCraft Pet Nutrition、社名変更とともに培…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

インテグリカルチャーが培養フォアグラの開発に成功、試食を実施

培養肉を開発する日本のインテグリカルチャーは今月、アヒル肝臓由来細胞を培養した培…

小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNUProteinの挑戦

食糧危機・環境問題の解決策として期待される培養肉の生産コスト低減を目指して、コム…

オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さく、よりスマートな」アジア最大の精密発酵施設ネットワーク構築へ

オーストラリアに新たに設立された精密発酵スタートアップのCauldronは先月、…

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業MeatableがシリーズAで約50億円を調達

オランダの培養肉企業MeatableはシリーズAラウンドで4700万ドル(約50…

培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表

培養魚を開発する米ブルーナル(BlueNalu)は、大量生産に向けた運用コスト・…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP