代替プロテイン

Nature’s Fyndが菌類由来の代替肉を米ホールフーズで発売、来年には大規模工場を稼働

 

微生物発酵により代替肉や代替乳製品を開発するアメリカ企業Nature’s Fyndは先月、同社のタンパク質Fyを使った朝食用パテが今月より、一部のホールフーズで発売されることを発表した

Fyは、イエローストーン国立公園の熱水泉に生息する極限環境微生物を使って開発されたもので、今回の発表は、昨年2月のクリームチーズ・パテ完売、7月の3億5000万ドル(約385億円)という大型調達に続くニュースとなる。

菌類由来の代替肉、ホールフーズでデビュー

出典:Nature’s Fynd

アメリカ在住者は今月より、カリフォルニア州、アリゾナ州、ワシントン州、オレゴン州、アイダホ州、ハワイ州、ネバダ州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州の10の州にあるホールフーズで、Fyを使った朝食用パテ「Nature’s Fynd Meatless Breakfast Patties」を購入できる。

Fyを使用したパテとクリームチーズは昨年2月に販売されたが、わずか1日で完売となった。

商品は1食あたりタンパク質を11グラム、食物繊維を4グラム含み、ポークソーセージよりも脂肪分が75%抑えられている。

栄養面のメリットだけでなく、Nature’s Fyndの発酵タンパク質Fyは、従来の畜産に必要な水、土地、エネルギーの一部を利用して生産されるため、持続可能性の面でも優れている。

代替タンパク質で最も資金が投入された発酵タンパク質

出典:GFI

ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏、アル・ゴア氏などのファンドから出資を受けるNature’s Fyndは発酵タンパク質Fyを市販化するために、これまでに5億800万ドル(約618億円)を調達している。同社技術は、NASAの研究プロジェクトに由来する。

Nature’s Fyndのようにタンパク質の生産に微生物発酵を活用する企業には近年、多額の資金が投入されている。

2021年には代替タンパク質分野において、発酵タンパク質に最も資金が集まり、前年比3倍に成長した。Nature’s Fyndはパーフェクトデイと並び、昨年、発酵タンパク質分野で最多の資金調達に成功した。

最近では、菌糸体発酵でさまざまな食の課題解決を目指すアメリカのMycoTechnologyが8500万ドル(約105億円)を調達している。

大量生産が課題

CEOのThomas Jonas氏 出典:Nature’s Fynd

Nature’s Fyndは現在、シカゴ、サウスサイドに35000平方フィート(約3,200㎡)規模の施設を構えるが、シカゴ、マリーナに規模が5倍以上となる20万平方フィート(約18,580㎡)の大規模パイロット工場を建設することを昨年発表した。

この工場は今年後半に開設予定だったが、昨今のサプライチェーンの遅延により、建設が遅れているという。

課題は生産能力が限られていることだと、マーケティング担当のKaruna Rawal氏は海外メディアに回答している

現在の製品には、Fyのほかに大豆タンパク質、米タンパク質が含まれている。生産施設が稼働し、生産能力が上がれば、すべてのタンパク質源としてFyを使用できるようになる。

出典:Nature’s Fynd

Nature’s Fyndは最終的には、大豆や米を除き、すべてFyに置き換えたいと考えている。また、シンガポールに施設を建設することも検討中だという。

Nature’s Fyndのように微生物を発酵させて食用タンパク質を開発するアメリカ企業には、Meati FoodsMyForest Foodsがいる。2社も現在、新たな生産施設を建設している。

規模ではNature’s Fyndに劣るものの、Meati Foods、MyForest Foodsともに年内の工場オープンを目指しており、予定通りに進めば、今年後半にはアメリカのスーパーにさらに多くの発酵由来の代替肉が陳列されることになりそうだ。

 

参考記事

Nature’s Fynd To Debut Its Vegan Foods Made with Fy Protein at Whole Foods Market

Nature’s Fynd to launch at Whole Foods, expects large-scale ‘nutritional fungi protein’ plant to be operational in 2023

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Nature’s Fynd

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸
  2. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?
  3. 「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2…
  4. Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧…
  5. Mogale Meatがアフリカで初の培養鶏胸肉を発表
  6. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  7. 中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に…
  8. インドEvo Foodsが代替卵を年内に販売開始、2021年4月…

おすすめ記事

ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!

ネスレが植物ベースのヴィーガンキットカットを発売した。ヴィーガンキットカ…

Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業を効率化

カリフォルニアを拠点とするHyphenは、外食産業向けの新しいキッチンプラットフ…

ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナライズ化」を導入

2018年にサンフランシスコにオープンし、話題となったロボットレストランCrea…

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。同社の代替ポーク『オムニポーク…

【2021年10月】代替シーフードの投資動向/大手、スタートアップの参入・提携状況

本記事は、2021年1月~9月までの代替シーフードの投資状況、大手×スタートアッ…

ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrainedとは

アメリカ、デラウェア州を拠点とするReGrainedは、ビールの醸造で発生する大…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP