Foovo Deep

米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|動物を犠牲にしない「本物のコラーゲン」

 

アメリカ、ノースカロライナ州を拠点とするJellatechは、独自の細胞株の培養により、三重らせんで機能的な全長コラーゲンの生産に成功したことを発表した

2020年に設立されたJellatechは、2年間で細胞培養によるコラーゲン生産に成功したことになる。今後はパイロットスケールへの移行を目指していく。

動物を犠牲にしない「本物のコラーゲン」で代替を目指すJellatech

出典:Jellatech

現在流通しているコラーゲンの主な原料は牛、豚、家禽、海洋生物だが、牛由来のコラーゲンが38%と割合が多い。コラーゲンは、食肉処理場で発生する副産物を原料に作られており、家畜や水産資源がコラーゲンの原料供給を支えていることになる。

持続可能性とサプライチェーンの課題に対する解決策が望まれる現在、多くの企業がコラーゲンの新たな供給源を求めており、Jellatechは自社製品がその答えになると考えている。

Geltorなどが、プログラムされた微生物を「ミニ工場」と活用する精密発酵でコラーゲンを生成するのに対し、Jellatechは牛や豚の細胞を培養して増殖させ、これらの細胞にコラーゲンを生成させている。


この点についてJellatechは、「発酵や植物由来コラーゲンの場合、動物由来のコラーゲンと生物学的に同一ではないため、同じ機能を提供できず、用途は制限される」と細胞培養の優位性を指摘している

Jellatech主任研究員のChristopher Gilchrist氏は「コラーゲンの形成は複雑なプロセスであり、哺乳類細胞にのみ見られる特殊な仕組みが必要になります。私たちは、これらの細胞の本来の力を利用して、持続可能でアニマルフリーな方法で、天然コラーゲンと生物学的に同等なコラーゲンを生成しています」とコメントしている

同社が開発するのは皮膚に最も豊富にみられるⅠ型コラーゲンで、最初のサンプルを潜在クライアントに出荷しているという。

バッチ生産から連続生産を目指す

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Jellatech

 

関連記事

  1. 高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万…
  2. ネスレ、アニマルフリーな乳製品開発で精密発酵スタートアップと提携…
  3. Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious…
  4. 機械学習でタンパク質収量を増やす英Eden Bioが約1.6億円…
  5. 代替マグロの米Kuleanaが販路拡大、オンラインストアでの販売…
  6. 精密発酵セミナー動画-2022年1月開催-
  7. スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂…
  8. Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカ…

おすすめ記事

牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProProtein

エストニアを拠点とするProProteinは微生物を活用して、牛を使うことなく主…

MeliBio、高級レストランで蜜蜂フリーなハチミツの提供を期間限定で開始

精密発酵により蜜蜂を使うことなくハチミツを開発する米MeliBioが、サンフラン…

Mycorenaのパイロット工場、拡張により欧州最大のマイコプロテイン工場に

マイコプロテインを使った代替肉を開発するスウェーデン企業Mycorenaは、スウ…

菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円を調達、2022年に商品の販売へ

菌糸体からブロック肉を開発する米Meati Foodsが、シリーズBで5000万…

会員権をNFTにした世界初のレストラン「Flyfish Club」、2023年ニューヨークにオープン

VCRグループが先月、世界初のNFTレストラン「Flyfish Club」を来年…

植物性代替肉SavorEatがイスラエルでIPO(上場)、2021年夏までに試験販売を開始

このニュースのポイント ●植物性代替肉に取り組むイスラエル企業Sav…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/30 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/30 06:10時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught wfWAFStorageFileException: Unable to save temporary file for atomic writing. in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php:35 Stack trace: #0 /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php(659): wfWAFStorageFile::atomicFilePutContents('/home/xs648694/...', '<?php exit('Acc...') #1 [internal function]: wfWAFStorageFile->saveConfig('livewaf') #2 {main} thrown in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php on line 35