Foovo Deep

米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|動物を犠牲にしない「本物のコラーゲン」

 

アメリカ、ノースカロライナ州を拠点とするJellatechは、独自の細胞株の培養により、三重らせんで機能的な全長コラーゲンの生産に成功したことを発表した

2020年に設立されたJellatechは、2年間で細胞培養によるコラーゲン生産に成功したことになる。今後はパイロットスケールへの移行を目指していく。

動物を犠牲にしない「本物のコラーゲン」で代替を目指すJellatech

出典:Jellatech

現在流通しているコラーゲンの主な原料は牛、豚、家禽、海洋生物だが、牛由来のコラーゲンが38%と割合が多い。コラーゲンは、食肉処理場で発生する副産物を原料に作られており、家畜や水産資源がコラーゲンの原料供給を支えていることになる。

持続可能性とサプライチェーンの課題に対する解決策が望まれる現在、多くの企業がコラーゲンの新たな供給源を求めており、Jellatechは自社製品がその答えになると考えている。

Geltorなどが、プログラムされた微生物を「ミニ工場」と活用する精密発酵でコラーゲンを生成するのに対し、Jellatechは牛や豚の細胞を培養して増殖させ、これらの細胞にコラーゲンを生成させている。


この点についてJellatechは、「発酵や植物由来コラーゲンの場合、動物由来のコラーゲンと生物学的に同一ではないため、同じ機能を提供できず、用途は制限される」と細胞培養の優位性を指摘している

Jellatech主任研究員のChristopher Gilchrist氏は「コラーゲンの形成は複雑なプロセスであり、哺乳類細胞にのみ見られる特殊な仕組みが必要になります。私たちは、これらの細胞の本来の力を利用して、持続可能でアニマルフリーな方法で、天然コラーゲンと生物学的に同等なコラーゲンを生成しています」とコメントしている

同社が開発するのは皮膚に最も豊富にみられるⅠ型コラーゲンで、最初のサンプルを潜在クライアントに出荷しているという。

バッチ生産から連続生産を目指す

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Jellatech

 

関連記事

  1. CulNet Systemからイネ、微細藻類を活用した低コストで…
  2. チェコのBene Meat Technologies、培養ペット…
  3. Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内の…
  4. イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場…
  5. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  6. 牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援す…
  7. 精密発酵でアロマを開発するEvodiaBioが約8.6億円を調達…
  8. 農林水産省が培養肉、CO2タンパク質生産、泡盛粕のアップサイクル…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

アメリカの主要な培養肉企業Upside Foods(旧称メンフィスミーツ)はアニ…

ピザ自販機のBasil Streetが操業停止

ピザ自販機を開発するアメリカのBasil Streetが操業を停止したことが明ら…

DouxMatokが砂糖の使用量を半分に減らしたIncredo Spreadsの販売を開始

イスラエルのスタートアップDouxMatokが開発した、少ない量でも甘さの変わら…

培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kgを実現、2023年に培養エビ上市へ

アジアにおける培養シーフードの先駆けであるシンガポール企業Shiok Meats…

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/20 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP