代替プロテイン

ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売

>> <<

 

ネスレ・マレーシアが植物性食品に特化した生産施設をマレーシアに開設した。

東南アジアでは初、アジアでは2つ目の工場となる。

これに合わせて、有名ブランド「ミロ」の乳製品を含まない新バージョンの販売を開始した。

ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設

出典:Nestlé

ネスレの新工場は、シャーアラムにある工場の敷地内に設置された。広さは約6000㎡で、年産能力は8000トン。国内外の高まるプラントベース食品の需要にこたえる。

ネスレはこの工場の建設に150万リンギット(約3900万円)を投入した。

この工場ではネスレの植物性食品ブランドであるHarvest Gourmetの生産を既に開始している。

同ブランドには植物性のバーガーパテ、シュニッツェル(ドイツ、オーストリアのカツレツ)、ひき肉などが含まれ、大豆、小麦、ビートルート、人参、ザクロなどを原料に製造される。

これらの商品は外食産業・小売に向けて提供される。

乳製品フリー「ミロ」の登場

出典:Nestlé

マレーシア新工場開設のほか、同社は有名ブランド「ミロ」の乳製品フリータイプをマレーシアで発売した。

新ミロはアーモンドと大豆を原料とする。まずはマレーシアで販売し、アジアに展開していく予定。

これに加え、ネスカフェの乳製品フリータイプの発売も計画している。植物性ネスカフェは、アーモンドラテとオーツ麦ラテの2つが発売される予定。

ネスレは近年植物性食品の販売を強化しており、昨年12月には中国で植物性食品Harvest Gourmetの販売を開始。

天津に構えた植物性食品に特化した工場も12月に稼働を開始し、ハンバーガー、ソーセージ、ナゲット、ひき肉など中国人向けに幅広い植物肉を提供している。

Nestléの植物性ツナ「Vuna」 出典:Nestlé

昨年8月にはヨーロッパで展開する植物性食品ブランドGarden Gourmetに、植物性ツナ「Vuna」を追加したことを発表。

ネスレ初の植物性シーフードのプロジェクトは2019年11月に始まった。9ヵ月の開発期間を経て、「Vuna」はスーパーの陳列棚に登場した。

さらに今年2月には年内にビーガンキットカット「KitKat V」を発売することを発表。現在開発中の「KitKat V」は試験販売されたのち、複数の市場で販売される予定。

ネスレはビーガンキットカットの開発はソーシャルメディアによる需要にこたえたものだとしている。

植物性食品の需要は食のトレンドではなく「社会の変化」

今回のマレーシアにおける新工場開設について、ネスレプロフェショナルの副社長Tahira Shiraz-Longden氏は次のようにコメントしている。

「アジアの消費者の40%以上が、食事で肉をほとんどまたは食べないことを選択しており、植物性食品の需要はもはや食品のトレンドではなく、社会の変化です。

それが個人の健康によるものなのか、より持続可能な地球のためであるかに関わらず、植物性食品に関する知見をこの地域にもたらし、地元の好みに対応できることは当社にとって大変喜ばしいことです」。(Tahira Shiraz-Longden氏、斜線はライター)

 

参考記事

Nestlé Opens Malaysia Plant-Based Factory, Doubles Down On Dairy-Free Foods Across Asia

Nestlé Opens Plant-Based Production Facility in Malaysia to Expand Harvest Gourmet Range

Nestlé Lauches Harvest Gourmet Range to Chinese Market

Nestlé Adds Plant-Based Tuna Alternative to its Garden Gourmet Range

アイキャッチ画像の出典:ネスレ

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表
  2. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  3. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…
  4. イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場…
  5. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  6. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  7. Back of the Yards Algae Sciences…
  8. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…

おすすめ記事

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amuletが約4億5000万円を調達

食品のアレルギー物質を調べるポータブルデバイスを開発するAllergy Amul…

空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千万円を調達、2022年までに生産工場稼働へ

このニュースのポイント●フィンランドSolar …

韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでのテスト販売を目指す

韓国のスタートアップ企業SeaWithは、2022年末までに培養肉のテスト販売を…

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

このニュースのポイント●スウェーデンHooked…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/30 13:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/31 07:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(07/30 18:09時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(07/31 07:57時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP