代替プロテイン

ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売

 

代替肉巨人のニュースが止まらない。

ビヨンドミートが新しい植物肉バーガーを発売することを発表した

新しいビヨンドバーガーは5月3日よりアメリカ全土で販売される。

新しいビヨンドバーガーを5月上旬に発売

新しいビヨンドバーガー 出典:ビヨンドミート

これまでの商品よりも「ジューシー」で「肉のような」新ビヨンドバーガーは、栄養面でも改良されている。

バーガー1枚あたり20gのタンパク質を含み、通常の82/20牛肉(赤身が80%、脂肪が20%の牛肉を意味する)よりも総脂肪、飽和脂肪がそれぞれ35%少ない

ビタミンBやミネラルの含有量は牛肉に匹敵するほか、現在のパテよりも低カロリー(260に対し230カロリー)で、コレステロールを含まない。

出典:ビヨンドミート

ビヨンドミートが最初にビヨンドバーガーを発売したのは2016年にさかのぼる。

2019年にバージョンアップし、今回さらに改良されたビヨンドバーガーが市場に投入されることとなる。

新しいビヨンドバーガーは1パック2個入りと、初となる1パック4個入りで販売される。

小売では5月3日から販売され、アメリカの提携レストランで提供されるのは6月からとなる。

出典:GFI

GFIの報告によると、2020年にはアメリカ人の56.8%が植物性食品を購入した。

2020年の植物肉の売上は70億ドルに達し、1年で27%増えた。このうち、2020年の植物肉の売上は前年比1.45倍となっている(上記グラフ)。

さらに、2020年には21億ドルの投資が植物性食品に集中しており、消費者・投資家ともに植物性食品への関心が高まっている。

アメリカで植物性代替食品のニーズが高まるなか、新しいビヨンドバーガーはベストタイミングで市場に投入されることとなる。

ニュース続きの2021年

出典:ビヨンドミート

今年になってからビヨンドミートのニュースが止まらない。

1月にはペプシコと合弁会社設立を発表、2月にはマクドナルド・ヤムブランズと複数年にわたる提携を発表、今月には中国の現地工場をオープン、先日には欧州全土での小売展開の拡大を発表したばかり。

アメリカでは28000箇所の小売で同社の商品が販売されている。

販売範囲は世界80カ国に広がり、名実ともにグローバルな代替肉企業となった。

新しいビヨンドバーガーは2個入りで5.99ドル、4個入りで9.99ドルとなる。

来週のローンチに先立ち、5月1、2日にビヨンドミートは下記の限定6都市で無料試食会を実施する。

アトランタ(400 Park Dr NE, Atlanta, GA 30309)

シカゴ(401 Michigan Ave, Chicago, IL 60611)

ダラス(2012 Woodall Rodgers Fwy, Dallas, TX 75201)

ロサンゼルス(The Brig, 1525 Abbot Kinney Blvd, Venice, CA 90291)

マイアミ(400 NW 26th St, Miami, FL 33127)

ニューヨーク(620 Atlantic Ave, Brooklyn, NY 11217)

 

Spoon誌の報道によると、D2Cサイトでも間もなく新しいビヨンドバーガーの提供が開始される。

従来の動物肉と比べ、飽和脂肪を半分にカットした次のバージョンは今年後半にもリリースされる予定。

ビヨンドミートが躍進を続ける一方で、競合インポッシブルフーズもさらなる拡大を図る。

昨年、700億円を超える巨額の資金調達を実施した同社は、1年以内に株式上場すると予想されるほか、オセアニア2国への進出に向け、準備を進めている。

 

参考記事

Beyond Meat to Launch Newest Version of its Burgers in U.S. Stores Next Week

Beyond Meat is launching a new meatless burger it says tastes more like real beef

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:ビヨンドミート

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  2. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…
  3. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  4. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…
  5. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…
  6. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  7. イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市…
  8. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…

おすすめ記事

誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラダイムシフトを起こす

Beyond Celiacによると、1800万人のアメリカ人がグルテンアレルギー…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Pr…

イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

 2021年になってから、イスラエル発の培養肉企業・植物肉企業のニュースが続ている。…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

フードロスに取り組むデンマーク企業Too Good To Goが2570万ユーロ…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP