フードロス

Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社が発表

>> <<

 

ニューヨーク、シンガポール、パリを拠点とするアクセラレーターBig Idea Venturesの第3コホートに参加するスタートアップが4月に発表された。

参加企業は代替タンパク質など持続可能な食品システムに取り組む15社で、5カ月間のプログラムに参加する。

Big Idea Venturesは2018年に設立されたベンチャーキャピタルで、主に代替タンパク質に関連する企業に投資を行っている。

投資先には植物性タンパク質、細胞ベースの培養タンパク質に取り組む企業が含まれる。これまでの投資先には当メディアでも取り上げた培養肉のOrbillion Bio、代替卵のEvo Foods、代替ハチミツのMeliBioなどがいる。

出典:incrEDIBLE

第3コホートに参加する企業は、微生物発酵によるシーフードから、培養肉、廃棄削減のための食べられるスプーンなど、高まる人口増加に対応するためにサステナビリティに特化して選抜

この中には当メディアで紹介済みのInnocent MeatHaofoodが含まれている。

ニューヨーク、シンガポール別の参加企業は次のとおり
(★はFoovoが個人的に注目する企業)

 

ニューヨーク

    AquaCultured Foods: 微生物発酵による代替シーフード

    The Frauxmagerie:乳製品フリーなビーガンチーズ

    Innocent Meat: 食肉産業向けのB2B培養肉生産システム

    incrEDIBLE: 食用のスポーン・フォーク

    Blue Ridge Bantam: 培養鶏肉

    New Breed Meats: 植物性の代替バーガー、ソーセージ、ひき肉

    Plant Ranch: メキシコ料理用の植物肉

 

シンガポール

    Angie’s Tempeh: 発酵食品テンペ

   Animal Alternative Technologies: B2Bの培養肉サービス

    Farmsow: 熱帯地方の油、動物油を代替するためのB2B原料

    GreenGourmet Foods: 植物性乳製品

    Haofood: ピーナッツベースの代替肉

    MAD Foods: 植物性ドリンク

出典:AquaCultured Foods

植物肉のMeat. The End、植物性ヨーグルトのWellmeはシンガポール、ニューヨークの両方に参加。

参加企業は、12万5000ドルの出資と7万5000ドルの現物出資を受ける。プログラム期間中は、コワーキングスペースの利用やメンターによるアドバイスを受けることができる。

 

参考記事

Big Idea Ventures Announces Third Cohort for its New Protein Accelerator Program

Big Idea Ventures Unveils the Third Cohort for Alt-Protein Accelerator

アイキャッチ画像の出典:AquaCultured Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  2. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…
  3. 3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアッ…
  4. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  5. イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表
  6. 海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わる…
  7. 日本初|植物肉グリーンカルチャーが植物魚に参入、7月より寿司屋で…
  8. 大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円…

おすすめ記事

農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億円を調達、植物のSOSを事前にキャッチ

自らSOSを発する「センサー植物」を開発するInnerPlantがプレシード、シ…

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達

ピザ組み立てロボットを開発するPicnicがシリーズAラウンドで1630万ドル(…

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

スウェーデンの代替肉企業Mycorenaは、廃棄される植物をアップサイクルして、…

「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億円を調達

植物ベースのチキンナゲットを開発するSIMULATEがシリーズBラウンドで500…

酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600万円のシード資金を調達

発酵技術により油脂を開発するスウェーデン企業Melt&Marbleが、シ…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP