フードロス

Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社が発表

>> <<

 

ニューヨーク、シンガポール、パリを拠点とするアクセラレーターBig Idea Venturesの第3コホートに参加するスタートアップが4月に発表された。

参加企業は代替タンパク質など持続可能な食品システムに取り組む15社で、5カ月間のプログラムに参加する。

Big Idea Venturesは2018年に設立されたベンチャーキャピタルで、主に代替タンパク質に関連する企業に投資を行っている。

投資先には植物性タンパク質、細胞ベースの培養タンパク質に取り組む企業が含まれる。これまでの投資先には当メディアでも取り上げた培養肉のOrbillion Bio、代替卵のEvo Foods、代替ハチミツのMeliBioなどがいる。

出典:incrEDIBLE

第3コホートに参加する企業は、微生物発酵によるシーフードから、培養肉、廃棄削減のための食べられるスプーンなど、高まる人口増加に対応するためにサステナビリティに特化して選抜

この中には当メディアで紹介済みのInnocent MeatHaofoodが含まれている。

ニューヨーク、シンガポール別の参加企業は次のとおり
(★はFoovoが個人的に注目する企業)

 

ニューヨーク

    AquaCultured Foods: 微生物発酵による代替シーフード

    The Frauxmagerie:乳製品フリーなビーガンチーズ

    Innocent Meat: 食肉産業向けのB2B培養肉生産システム

    incrEDIBLE: 食用のスポーン・フォーク

    Blue Ridge Bantam: 培養鶏肉

    New Breed Meats: 植物性の代替バーガー、ソーセージ、ひき肉

    Plant Ranch: メキシコ料理用の植物肉

 

シンガポール

    Angie’s Tempeh: 発酵食品テンペ

   Animal Alternative Technologies: B2Bの培養肉サービス

    Farmsow: 熱帯地方の油、動物油を代替するためのB2B原料

    GreenGourmet Foods: 植物性乳製品

    Haofood: ピーナッツベースの代替肉

    MAD Foods: 植物性ドリンク

出典:AquaCultured Foods

植物肉のMeat. The End、植物性ヨーグルトのWellmeはシンガポール、ニューヨークの両方に参加。

参加企業は、12万5000ドルの出資と7万5000ドルの現物出資を受ける。プログラム期間中は、コワーキングスペースの利用やメンターによるアドバイスを受けることができる。

 

参考記事

Big Idea Ventures Announces Third Cohort for its New Protein Accelerator Program

Big Idea Ventures Unveils the Third Cohort for Alt-Protein Accelerator

アイキャッチ画像の出典:AquaCultured Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億90…
  2. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  3. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  4. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…
  5. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  6. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  7. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…
  8. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表

おすすめ記事

牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援するRefarm’d

畜産農家のなかには、古くからのやり方はよくないと思いながらも、ほかに生計を立てる…

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Culture Biosciencesが培養肉開発を加速する

培養肉の開発では製造プロセスの最適化が重要となるが、これには莫大な時間がかかり、…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Pr…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業MeatableがシリーズAで約50億円を調達

オランダの培養肉企業MeatableはシリーズAラウンドで4700万ドル(約50…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP