Foovo Deep

ポーランドのFresh Insetが開発した鮮度保持シール「Vidre+」: 葉物野菜の鮮度を24日間に延長

24日目のルッコラの比較。右がVidre+使用

ほうれん草、ルッコラなど葉物野菜の鮮度を保持できる新たな技術が登場した。

ポーランドのバイオテック企業Fresh Insetは、葉物野菜の保存期間を延長させる鮮度保持シール「Vidre+」を開発した。最新の研究によると、「Vidre+」を使用することで、ルッコラの賞味期限を24日間、ほうれん草の賞味期限を10日間に延長と、大幅に鮮度を保持できることが示された

食品廃棄物が世界で3番目の温室効果ガス排出源と言われる中、Fresh Insetは「Vidre+」により、年間最大946万トンの果物・野菜を廃棄から救済できると見込んでいる

葉物野菜の賞味期限を24日間に延長するシール「Vidre+」

出典:Fresh Inset

生産された果物や野菜の約半分が、消費される前に、保管、輸送、販売、家庭内のいずれかのタイミングで腐敗していると言われている。求められているのは、エネルギーもインフラも必要としない、使いやすい安価なツールだ。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Fresh Inset

 

関連記事

  1. Vowが絶滅マンモスのDNAから培養マンモスミートボールを作製
  2. 精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは
  3. エストニアで進むマイコプロテイン開発|ホールカット代替肉を開発す…
  4. 米Plantible Foodsがウキクサ由来の植物性代替卵を発…
  5. ジャガイモで乳タンパク質を開発|イスラエルのFinally Fo…
  6. 【現地レポ】シンガポール・スーパーマーケットでの精密発酵食品の販…
  7. Farmless、二酸化炭素によるタンパク質生産に向けて約1.8…
  8. ビーガンハチミツのMeliBio創業者に聞く|精密発酵によるハチ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

Remilkがイスラエルで初めて精密発酵タンパク質の認可を取得

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkは27日…

Motif FoodWorks、精密発酵による代替タンパク質開発で新たな提携

植物由来食品の味・栄養の改良を目指す米フードテック企業Motif FoodWor…

イングレディオンが砂糖削減ソリューションのBetter Juiceと提携

砂糖を削減する酵素技術を開発したイスラエル企業Better Juiceが、世界的…

【4/23】ポーランド企業Fresh Inset:ウェビナー開催のお知らせ|食品の鮮度を延長する最新技術

本セミナーは終了しました。▼セミナー動画はこちらからご覧いただけます。…

ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイバースファームが目指すもの

ミシュラン星付きシェフと再生医療の研究者が立ち上げた異色の培養肉企業ダイバースフ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/20 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP