代替プロテイン

植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性の伸びるチーズと霜降り肉技術の使用権を獲得

 

Motif FoodWorksは植物肉・植物チーズをより本物に近づける技術の独占的使用権を取得したことを発表した。

プラントベース食品で最も重大な2つの課題を解決するもので、この技術により溶けて伸びる植物チーズ植物性霜降り肉の生産が可能となる。

Motif FoodWorksは、合成生物学のユニコーン企業ギンコ・バイオワークス(Gingko Bioworks)のスピンオフベンチャーで、植物肉、植物性乳製品をアップデートさせる原料を開発している。

創業当初から、プラントベース食品を改良する原料を開発することをミッションとしてきた。

このほど、ゲルフ大学の研究者であり、Coasun創業者のAlejandro Marangoni氏とのパートナーシップにより、2つの技術が追加された

出典:Motif FoodWorks

プレスリリースによると、新たな技術は次の2つとなる。

1つは、独自オレオゲル技術による押出し可能な脂肪技術

動物脂肪を再現する独自オレオゲル技術により、植物肉でありながら霜降り肉など本物の脂肪のような食感を作り出すことができる。

オレオゲルとはハイドロゲルの「油バージョン」とも言え、

少量の固体成分がネットワークにより大量の液油を含み、形を保ったものをいう。

 

2つ目は、プロラミン技術

植物由来の原料を使用するプロラミン技術により、植物チーズが動物性チーズのように溶けたり、ぽつぽつ泡が出たり、伸びたりするようになる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Motif FoodWorks(@motif_foodworks)がシェアした投稿

市場で手に入る植物肉製品は増えてきているが、植物肉をアップデートさせるのに不可欠な動物性脂肪に代わる代替脂肪はまだ市販化されていない

ベルギーの培養脂肪企業Peace of Meatが今年実施した調査によると、植物肉企業の65%以上が既存製品に培養脂肪を組み込むことに関心を示したことが報告されている。

イスラエルのMeaTechなど、培養脂肪のパイロット工場建設を進めている企業もあり、どのプレーヤーの脂肪が先に市販化されるかは不明だが、Motif FoodWorksの脂肪技術がいち早く市場に投入されれば、植物肉企業が導入する可能性がある。

出典:Motif FoodWorks

植物チーズについては、機能はまだ動物性チーズに劣るため、溶けたり、ぽつぽつ泡が出たり、伸びる特性のあるチーズには需要が見込まれる。

Change Foodsのように精密発酵技術によってアニマルフリーでありながら、分子的に本物と同等な乳タンパク質を開発するスタートアップもいるが、まだ市販化されていない。

また、精密発酵で作られる乳タンパク質はアレルギーのある人は摂取できないため、Motif FoodWorksのように植物性でありながら、本物のような特性を備えたチーズにはメリットがある。

出典:Motif FoodWorks

Motif FoodWorksはまだ開発段階にあるが、今年の1月に年内に最初の商品を発売することをFooddiveのインタビューに対し回答している。

Motif FoodWorksはアメリカ、マサチューセッツ州を拠点とするスタートアップで2019年に設立された。

クランチベースによると、これまでに1億1830万ドル(約129億円)を調達している。

 

参考記事

Motif Adds New Tech to Bring That Elusive Stretch to Plant-Based Cheese

Motif FoodWorks gets access to plant-based meat and cheese texture enhancers

Bringing meltiness and marbleization to plant-based cheese and meat

アイキャッチ画像の出典:Motif FoodWorks

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 天然には存在しない「新しい酵素」を開発するEnzymitが約6.…
  2. 【5/17】廉価な成長因子を開発するスタートアップNUProte…
  3. 3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソ…
  4. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  5. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…
  6. 世界初!動物肉を使わないバーガーキングの店舗がドイツにこの夏オー…
  7. 培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソ…
  8. Motif FoodWorksが新成分ヘム「HEMAMI」を発売…

おすすめ記事

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics…

細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円を調達

哺乳類細胞の培養により牛乳を開発するBrown Foodsは今月、シードラウンド…

イスラエルのPlantishが3Dプリントされた植物性サーモンを発表、2024年に本格販売へ

イスラエルのフードテック企業Plantishは、植物原料を使った代替サーモンの切…

オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成金を授与、官民連携で精密発酵タンパク質の開発を強化

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsはオーストラリア政府から1…

会員権をNFTにした世界初のレストラン「Flyfish Club」、2023年ニューヨークにオープン

VCRグループが先月、世界初のNFTレストラン「Flyfish Club」を来年…

Current Foodsが生食用代替シーフードのDtoC予約販売受付を開始

代替シーフードを開発・製造するアメリカ企業Current Foods(旧Kule…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP