3Dプリンター

3Dプリント肉のSavorEatがアメリカの大学への試験導入でソデクソと提携

>> <<

 

3Dプリンターを活用して植物肉を開発するイスラエル企業セイバーイート(SavorEat)が、フードサービスの多国籍企業ソデクソ(Sodexo)の米国子会社と提携したことを発表した。

2社は2022年にアメリカの一部大学にセイバーイートの3Dプリンターを試験導入し、3Dプリントされた植物肉バーガーを試験的に提供する。

試験導入の目的は、3Dプリンターと、セイバーイートの最初の製品となる植物肉バーガーを審査、試験し、最終的には商用化すること。これに続き、2社はセイバーイートの製品をアメリカ市場へ提供するための販売契約締結を目指す。

2022年にアメリカの大学へフード3Dプリンターを試験導入

出典:SavorEat

セイバーイートは3Dプリンターを活用して調理済みの100%植物性パテを開発するイスラエル企業。現在はバーガー用パテを生産しているが、今後は豚肉、七面鳥、シーフードなどの開発もする予定。

画一されたパテを生産するのではなく、店舗で注文時に顧客が脂肪を増やしたり、焼き加減を調整したりと、パーソナライズ化されていることが特徴といえる。製品はすべてコーシャとなる。

同社はこれまでイスラエルのバーガーチェーン店BBBと提携していたが、主要海外企業とのパートナーシップは今回が初となる。

セイバーイートは昨年11月、テルアビブ証券取引所に上場し、4260万シュケル(約13億5千万円)を調達した。

出典:SavorEat

ソデクソは世界最大のフードサービス企業の1つであり、40万人以上の従業員を雇用している。世界80カ国に事業を展開しており、政府機関、医療機関、教育機関などさまざまな業界にサービスを提供している。

ソデクソのネットワークを活用し、セイバーイートの3Dプリンターがアメリカのさまざまな教育機関に導入すると予想される。

パーソナライズ化された植物肉を製造する「ロボットシェフ」

出典:SavorEat

セイバーイートの3Dプリント肉は、植物性成分、脂肪、同社が独自に開発したセルロースナノファイバーから構成される。セルロースが材料を結合し、肉のような食感を作りだす。

共同創業者のRacheli Vizman氏は、自社の装置を「ロボットシェフ」になぞらえる。ロボットシェフが、さまざまな分量のタンパク質、脂肪、セルロース、水、フレーバー、着色料を使用して、「仕様」に従って製品を製造する。

装置は電子レンジ2台を積み上げたほどの高さで、幅は1台の電子レンジとほぼ変わらない。

3Dプリンターで代替肉を開発する試みは増えているが、セイバーイート最大の特徴は、パテがパーソナライズ化されていることだといえる。

「セイバーイート(が提供するもの)は、単なるパテ以上のものです。顧客の個人的なニーズに合わせて、ロボットシェフが商品をパーソナライズ化することで、完全にユニークなものを作り上げています。これは全く新しい経験です」

(Racheli Vizman氏)

Vizman氏は医療上の理由で7年前から、制限食を余儀なくされていた。自身の経験から、栄養と食事に焦点をあてたスタートアップを設立したいと考えた。

出典:SavorEat

同氏は、セイバーイートの「ロボットシェフ」が「次の電子レンジ」になることを願っている。ロボットシェフであれば、自宅で簡単に、費用対効果の良い方法で、自分が食べたいものを作ることができる。

セイバーイートはアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアで3Dプリンターによる食品製造法の特許を出願している。現在、世界で植物肉を提供する取り組みを加速させるために、新たにパートナーを探している。

同社の「ロボットシェフ」がキャンパスに導入されるのはまだ先だが、いざ導入されると、フレキシタリアン、ベジタリアンの若者にリーチできることになり、試験導入のターゲットがセイバーイートの将来の顧客となる可能性がある。

セイバーイートとの提携は、ソデクソにとっても、これまでよりも多くのフベジタリアン、ビーガンにリーチできることを意味する。

アメリカでは小売の植物肉売上が1年間で1.45倍に増加し、2020年には14億ドル規模となった。2年間では1.72倍の増加となる。

 

参考記事

Israel’s SavorEat to launch US pilot offering 3D-printed, plant-based burgers

3D PRINTED FOOD, SAVOREAT AND SODEXO COMMERCIALIZE ROBOT CHEF FOOD 3D PRINTER FOR US UNIVERSITIES

SavorEat’s 3D Printing Robot Coming to Colleges Courtesy of Sodexo

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:SavorEat

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 植物性チーズのStockeld Dreameryが約21億円を調…
  2. 【8/24】注目のフードテックベンチャー・ネクストミーツ社佐々木…
  3. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  4. オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提…
  5. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  6. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…
  7. 微生物でタンパク質を開発するNature’s Fyndが約385…
  8. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…

おすすめ記事

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提携

オランダの培養肉企業Meatableは、手頃な培地の共同開発でオランダの総合化学…

代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン

アメリカの代表的な代替肉スタートアップ、ビヨンドミートが中国現地の生産工場の開設…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP