代替プロテイン

「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億円を調達

 

植物ベースのチキンナゲットを開発するSIMULATEがシリーズBラウンドで5000万ドル(約55億円)を調達した。

このラウンドはSEVEN SEVN SIXが主導し、Chris & Crystal SaccaNOMO VenturesMcCain FoodsImaginary VenturesDay One Venturesが参加した。

これによりSIMULATEの調達総額は6100万ドル(約67億円)となる。

「チキンのテスラ」と呼ばれる米SIMULATE

ニューヨークを拠点とするSIMULATEは「チキンのテスラ」と呼ばれ、自社の運営を商品のアップデートを繰り返すソフトウェア企業になぞらえる。

SIMULATEは消費者に最高の植物ベース食品を届けるため、製品のアップデートを繰り返している。

これまでに複数の商品を販売しており、2019年に発売されたNUGGSは、エンドウ豆を原料にしたチキンナゲットで、1食あたり22gのタンパク質を含む。

出典:SIMULATE

2つ目の商品は植物ベースのホットドッグDOGGS。その後も、スパイシーナゲットSPICY NUGGS、代替チキンパテDISCSをリリースしている。

昨年12月にリリースされたDISCSは、大豆と小麦をベースとしており、1食あたり17gのタンパク質を含む。

最初の商品NUGGSを発売後、SIMULATEはNUGGSのアップデートを重ね、公式サイトでどのような変更があったかを消費者にアナウンスしてきた。

4つ目の商品DISCSは、消費者のフィードバックをもとに、開発チームが60を超える変数を最適化したという。

出典:SIMULATE

公式ホームページには、NUGGSが過去にバージョンアップされた「履歴」が日付、バージョンと共に記載されている。各バージョンには都度、どのような変更が加えられたかが、まるでソフトウェア製品のように記載されている。

「私たちはユーザーからのフィードバックを受け取り、改善すべき点を見つけ、製品の新しいバージョンを開発するときにはユーザーに知らせます」。

SIMULATEのチキンナゲットNUGGSは現在、アメリカのウォルマート、ホールフーズなど、5000箇所を超える小売で販売されている。

年末までに取扱い店舗をさらに1万店舗増やすとしている。レストランやファーストフードでの販売に向けた準備も進めており、アメリカ以外ではカナダに進出している。

史上最年少でベンチャーキャピタルから出資を受けた創業者

SIMULATEはオーストラリア、シドニー出身のBen Pasternak氏が2018年に設立したスタートアップ。

現在21歳のPasternak氏がこれまでに設立した会社はSIMULATEを含め3社。

創業者のBen Pasternak氏 出典: Sydney Morning Herald

Pasternak氏が最初に立ち上げた会社は、若者向けSNSアプリを開発するFlogg。次いで17歳で若者向けビデオチャットアプリの会社を共同創業し、18歳で3社目となるSIMULATEを創業。

10代でソフト開発に目覚め、何百万回もダウンロードされるゲームを開発したPasternak氏は、FacebookとGoogleからのインターンのオファーを辞退し、15歳で高校を中退。そして15歳という最年少でベンチャーキャピタルから出資を受けてメディアの注目を集めた。

タイム誌からは2016年に、世界で最も影響力のあるティーンエイジャーの1人に選出されている。

GFIによると、2020年のアメリカの植物肉市場は14億ドル規模となり、前年比1.45倍に成長している。

出典:SIMULATE

アメリカでSIMULATEの直接的な競合となる企業には、NowadaysRebellyousのほかに、小売大手のターゲット、食肉加工大手のタイソンフーズがいる。

ターゲット、タイソンは自社ブランドで植物チキンナゲットに参入しており、SIMULATEが小売での展開を拡大するうえで、これら大手との競争は避けられそうにない。

SIMULATEは今回調達した資金で、チームを3倍に拡充、新商品の開発を加速、生産のスケールアップ、小売での展開を拡大し、海外進出を図る。

 

参考記事

SIMULATE, Maker of NUGGS Plant-Based Chicken, Raises $50M

‘Tesla Of Chicken’ Food Tech SIMULATE Launches New Plant-Based Discs

Ben Pasternak Wikipedia

オンライン広告が大反響を巻き起こした人工肉ナゲット「Nuggs」開発Simulateが約55億円調達

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:SIMULATE

 

関連記事

  1. Sophie’s BioNutrientsが微細藻類を活用したチ…
  2. ドイツ企業Kynda、食品副産物を活用した「廃棄物ゼロ」の菌糸体…
  3. 韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlime…
  4. Zero Cow Factoryが約5.2億円を調達|カゼインタ…
  5. オランダ、培養肉の承認前試食の実施を認める 年内に試食会実施へ
  6. マレーシアの培養肉企業Cell AgriTechが2024年末ま…
  7. ImpacFatが世界で初めて培養魚脂肪の試食会を実施
  8. Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年夏の稼働を目指す

代替肉企業ネクストミーツが代替肉の製造に特化した自社工場「NEXT Factor…

食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Foodsの買収で合意

ブラジルの食肉加工世界最大手JBSは18日、スペインの培養肉企業BioTech …

バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog Foodを設立

スコットランドのリーディングバイオテック企業Roslin Technologie…

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

ビヨンドミートが北米で代替鶏肉商品を発売した。そら豆・えんどう豆を原料に…

Remilkがイスラエルで初めて精密発酵タンパク質の認可を取得

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkは27日…

【現地レポ】シンガポールで培養ウズラ肉を実食|Vowの「Forged Parfait」

オーストラリア企業Vowがシンガポール食品庁(SFA)から培養肉の販売認可を得た…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP