Foovo Deep

米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販売許可を取得

 

アメリカのフードテック企業イート・ジャストが培養肉で再び快挙を成し遂げた。

同社の培養肉部門GOOD Meatは今月15日、新しい培養鶏肉製品の販売許可をシンガポールで取得したことを発表した。承認された培養胸肉はJWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチで今月に提供されるほか、来年にはシンガポールの屋台(ホーカー)で提供される。

イート・ジャスト、新しい培養肉製品で再び販売許可を取得

出典:イート・ジャスト

イート・ジャストが世界に先駆けて培養肉の販売許可を取得したのは1年前にさかのぼる

2020年12月、イート・ジャストは培養チキンナゲット(チキンバイツ)の形態で販売許可を取得した。販売1周年を迎えた今月、新たに培養胸肉の形態で承認された。

培養肉は、生きた動物から幹細胞を採取し、細胞をバイオリアクターで成長させてつくられる。家畜そのものの飼育が不要となるため、家畜を飼育するために広大な土地や飼育施設、それに伴う水、飼料などは必要ない。

培養肉が商品化されれば、これまでの食肉生産に不可欠であった広大な土地、大量の水、抗生物質が必要でなくなり、温室効果ガスの排出量を減らせるほか、動物に由来する感染症の発生を防ぐことができる。

出典:GOOD Meat、JW Marriott Hotel Singapore South Beach

現在まで、培養肉の販売を認めた国はシンガポールのほかにはない。シンガポール食品庁(SFA)が新たに培養肉製品を承認した背景には、2030年までに同国の食料自給率を30%に引き上げるという「30 By 30」の取り組みがある。

共同創業者兼CEOのジョシュ・テトリック氏は、培養肉を海外生産するうえで「シンガポールはハブ」になると昨年コメントしている

同氏は今回の承認を受けて、「昨年、世界では多くの変化がありましたが、変わらないことが1つあります。シンガポールがよりスマートで、持続可能なフードシステムへの世界的な変革をリードし続けていることです。最初の培養肉販売1周年に、今回の重要な承認と商品発表を再びシンガポールでできたことを嬉しく思います」とコメントしている。

GOOD Meat1社の調達額が昨年の培養肉投資額の7割以上に

出典:イート・ジャスト

イート・ジャストは今年4月、フードパンダと提携してシンガポールで培養肉料理のデリバリーを実施した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イート・ジャスト/GOOD Meat

 

 

関連記事

  1. 【現地レポ】シンガポール展示会(Agri-Food Tech E…
  2. 二酸化炭素、電気から乳タンパク質の生成へ|ソーラーフーズの新たな…
  3. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  4. 韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでの…
  5. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  6. 携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amule…
  7. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉…
  8. 宮崎発・江田畜産社セミナー動画(田中伶氏)|2024年5月開催

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

オランダ企業The Protein Brewery、マイコプロテインFermoteinの認可をシンガポールで取得

オランダのフードテック企業The Protein Breweryは先月、発酵由来…

Nowadaysが約9億円を調達、健康的な植物性チキンナゲットの展開を加速

「普段買い物をする消費者は、『動物福祉や持続可能性などについて関心を持っている』…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

極限環境微生物で代替パーム油を開発するシンガポール企業Biteback Biotechnology|創業者インタビュー

微生物を活用した代替パーム油の開発が活発化している。今年3月には、油脂酵…

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP