Foovo Deep

米イート・ジャスト、新しい培養鶏肉製品で再びシンガポール当局の販売許可を取得

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

アメリカのフードテック企業イート・ジャストが培養肉で再び快挙を成し遂げた。

同社の培養肉部門GOOD Meatは今月15日、新しい培養鶏肉製品の販売許可をシンガポールで取得したことを発表した。承認された培養胸肉はJWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチで今月に提供されるほか、来年にはシンガポールの屋台(ホーカー)で提供される。

イート・ジャスト、新しい培養肉製品で再び販売許可を取得

出典:イート・ジャスト

イート・ジャストが世界に先駆けて培養肉の販売許可を取得したのは1年前にさかのぼる

2020年12月、イート・ジャストは培養チキンナゲット(チキンバイツ)の形態で販売許可を取得した。販売1周年を迎えた今月、新たに培養胸肉の形態で承認された。

培養肉は、生きた動物から幹細胞を採取し、細胞をバイオリアクターで成長させてつくられる。家畜そのものの飼育が不要となるため、家畜を飼育するために広大な土地や飼育施設、それに伴う水、飼料などは必要ない。

培養肉が商品化されれば、これまでの食肉生産に不可欠であった広大な土地、大量の水、抗生物質が必要でなくなり、温室効果ガスの排出量を減らせるほか、動物に由来する感染症の発生を防ぐことができる。

出典:GOOD Meat、JW Marriott Hotel Singapore South Beach

現在まで、培養肉の販売を認めた国はシンガポールのほかにはない。シンガポール食品庁(SFA)が新たに培養肉製品を承認した背景には、2030年までに同国の食料自給率を30%に引き上げるという「30 By 30」の取り組みがある。

共同創業者兼CEOのジョシュ・テトリック氏は、培養肉を海外生産するうえで「シンガポールはハブ」になると昨年コメントしている

同氏は今回の承認を受けて、「昨年、世界では多くの変化がありましたが、変わらないことが1つあります。シンガポールがよりスマートで、持続可能なフードシステムへの世界的な変革をリードし続けていることです。最初の培養肉販売1周年に、今回の重要な承認と商品発表を再びシンガポールでできたことを嬉しく思います」とコメントしている。

GOOD Meat1社の調達額が昨年の培養肉投資額の7割以上に

出典:イート・ジャスト

イート・ジャストは今年4月、フードパンダと提携してシンガポールで培養肉料理のデリバリーを実施した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イート・ジャスト/GOOD Meat

 

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  2. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  3. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  4. スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂…
  5. 韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を…
  6. BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユ…
  7. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…
  8. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…

おすすめ記事

培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソーセージのスケールアップ生産を完了

植物性原料を使った代替肉が普及するなか、代替肉をより本物に近づける試みとして、細…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが約30億円を調達

イスラエルのRedefine MeatがシリーズAで2900万ドル(約30億円)…

藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液もリサイクル

本記事は有料記事となります(4100文字)2021年8月29…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリカ初の精密発酵プレーヤー

南アフリカで代替タンパク質に取り組む企業が増える中、今年設立されたDe Novo…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/19 16:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/19 10:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/19 21:24時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP