代替プロテイン

Quornの親会社Marlow Foods、マイコプロテインを他社へ販売するため原料部門を設立

 

有名なマイコプロテインブランドQuornの親会社であるMarlow Foodsは今月、Quornのマイコプロテインを他の食品・飲料メーカーに販売する計画を発表した

40年以上にわたりマイコプロテインを生産してきたMarlow Foodsは、他の食品会社がマイコプロテインを利用できるように、新部門Marlow Ingredientsを立ち上げた。Marlow Ingredientsの「Marlowマイコプロテイン」は、まず欧州で販売された後、海外でも販売される見込みとなる。

この発表は、2030年までに「ネット・ポジティブ」事業を実現するというMarlow Foodsの使命の一環となる。同社は2030年に地球の全人口80億人にマイコプロテインを提供することを目指しており、その一歩として、マイコプロテインの原料部門を立ち上げた。

出典:Quorn

1980年代の発売以来、Quornブランドは100を超え、Quornのマイコプロテイン製品はイギリス、欧州全域で商用的な成功を収めてきた。欧州のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)、イギリスのGreggsやベルギーのレストランチェーンQuickなどで使用されている。

2015年にはフィリピンの大手食品会社モンデ・ニッシンがQuornを買収。現在はシンガポール、フィリピン、タイなどでも販売されている

Marlowマイコプロテイン」は、タンパク質含有量が高く、9種類の必須アミノ酸すべてを含んだ、飽和脂肪酸の少ない、高繊維な代替タンパク質となる。牛肉製品と比較して、土地・水の使用量が90%少なく、温室効果ガス排出量は98%少ない。

Marlow Foods でCEO(最高経営責任者)を務めるMarco Bertacca氏は、「私たちのマイコプロテインには大きな可能性があります。肉のような食感と、素晴らしい栄養と持続可能な利点に加え、代替乳製品など、他の用途でより持続可能な製品を作れる可能性について、興味深い研究が行われています」と述べている

Bertacca氏はさらに、「Marlow Ingredientsは当面は食品メーカーとの提携に焦点をあてますが、今後の可能性に非常にワクワクしています」と述べ、食品メーカー以外との連携も拡大していく姿勢を示している。

 

参考記事

Marlow Foods, parent company of Quorn®, sets up ingredients division to make its mycoprotein available to others

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Quorn

 

関連記事

  1. 代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.…
  2. イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳…
  3. 香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonが…
  4. 精密発酵の米パーフェクトデイ、約130億円の資金調達とともに創業…
  5. Ÿnsectのミールワームタンパク質、アメリカでペットフード製品…
  6. 中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に…
  7. 微生物とAIで新素材を発見するKingdom Supercult…
  8. 培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STA…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替シーフードのAqua Cultured Foods、スイスの小売大手ミグロスとPoC契約を締結

代替シーフード企業Aqua Cultured Foodsは16日、スイスの小売大…

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円を調達

コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaがシードラウンドで300万ドル(…

培養肉スーパーミート、スイス小売大手のミグロスと提携

イスラエルの培養肉企業スーパーミート(SuperMeat)は26日、スイスのスー…

カスタムメイドの代替砂糖を開発するイスラエルのSweet Balance【創業者インタビュー】

妥協なき代替砂糖の開発に取り組む会社がある。イスラエルのSweet Balanc…

オランダのビーガンシーフードスタートアップMonkeys by the Seaが約5700万円を調達、ビーガンツナなどの販売へ

オランダのビーガンシーフード企業であるMonkeys by the Seaが、プ…

世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試食会で発表

ミツバチを使わずに代替ハチミツを開発するMeliBioが、世界初となる代替ハチミ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP