代替プロテイン

二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutrientsが約5.1億円を調達

>> <<

 

工業的に排出された二酸化炭素、水素、微生物を活用して代替タンパク質を開発するNovoNutrientsが、ベンチャーラウンドで470万ドル(約5億1500万円)を調達した。

ビヨンドミート、3Dプリンター肉のRedefine Meat、昆虫食スタートアップのYnsectなどに出資している香港のベンチャーキャピタルHappiness Capitalがラウンドを主導した。

水素、酸素、二酸化炭素から作られるタンパク質

出典:NovoNutrients

NovoNutrientsが用いる技術は発酵で、ブドウをワインに、小麦をビールに変えるプロセスに似ている。

ワインの醸造では、酵母がブドウに含まれる糖をアルコールに変えるのに対し、NovoNutrientsは、二酸化炭素を栄養源に生育する水素細菌(水素酸化細菌)を活用する。

水素細菌は、水素、酸素、二酸化炭素を栄養分として消費し、増殖する微生物のことで、二酸化炭素を取り込んで、体内に炭素化合物として貯めることができる(炭素固定)。

つまり、二酸化炭素を唯一の炭素源として体内で炭素化合物に変換できる微生物いえる

水素細菌から作られたタンパク質は栄養価が高く、ハンバーガーなど代替肉や動物飼料の原料として使用することができる。

プレスリリースによると、NovoNutrientsのタンパク質は、大豆よりも優れたアミノ酸プロファイルを有するという。

「大型セメント工場の年間排出CO2で800トン以上のタンパク質を生産できる」

NovoNutrientsは調達した資金で、製油所、石炭火力発電所、セメント工場などから排出される二酸化炭素を補足する実証プログラムの完了を図る。

当面は、発酵技術をスケールアップできることを示すことに注力し、温室効果ガスを多く排出する工業施設にバイオリアクター(発酵槽)とシステムを共同設置する。

現在のバイオリアクターは1000L規模だが、まもなく2万Lでの工業的実証を行う

NovoNutrientsの主力製品はタンパク質粉末となる。天然由来で、遺伝子組換え原料を含まず、肉に存在するアミノ酸をすべて含む、完全なタンパク質だという。

実証システムのレンダリング画像 出典:NovoNutrients

NovoNutrientsは2018年11月に行われたIndiebioデモDayから3年間で、最初の製品の10倍の市場価値を持つタンパク質ベースの製品のプロトタイプを開発している。

同社によると、大型セメント工場から排出される年間の二酸化炭素で、NovoNutrientsのタンパク質粉末30億ドル分を生産できる。これは、ネブラスカ州で生産される1年分の大豆約3億3000万ブッシェル(約898万トン)に匹敵する

当面は、水産養殖用飼料となるタンパク質に焦点をあてるが、人間が消費する代替肉の市場にも注力していく。従来の食肉システムからの移行を加速させるための製品の開発にもリソースを投入し始めている。

タンパク質生産システムのライセンス供与もスタート

公式サイトによると、二酸化炭素から大規模にタンパク質を作るシステム構築に必要な技術のライセンス供与はすでにスタートしている。

食肉・水産業だけでなく、ビヨンドミート、メンフィスミーツ、インポッシブルフーズなど動物を使わずに代替肉を開発する企業も支援する姿勢を示していることから、NovoNutrientsがCO2由来のタンパク質生産システムのライセンスを、フードテック企業へ供与する可能性も考えられる。

Solar Foodsが開発したタンパク質Solein 出典:Solar Foods

NovoNutrientsのように二酸化炭素を原料にタンパク質を作る企業には、Air Protein、Solar FoodsDeep Branchなどがある。

NovoNutrientsは2017年にBrian Sefton氏によって設立されたカリフォルニア、サニーベールを拠点とする企業。

Brian Sefton氏は創薬からソフトウェア開発までさまざまな業界での起業経験をもつ、NovoNutrientsの中核となる知的財産の発明者。現在はアドバイザーを務める。

NovoNutrientsには戦略的パートナーシップの開発を担当する吉成久美子氏がいる。吉成氏は国際金融公社の幹部であり、20億ドルをこえるプロジェクト・ファイナンスを管理してきた経験を持つ。

 

参考記事

NovoNutrients Raises $4.7M to Complete Its Pilot Program for Alt-Protein Made from CO2 Inputs

NovoNutrients Scaling Up with Project Funding Plus $9M in Equity

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:NovoNutrients

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  2. 菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円…
  3. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…
  4. Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bio…
  5. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  6. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  7. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…
  8. 菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

おすすめ記事

ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

新型コロナの発生により、自動販売機が新しく生まれ変わろうとしている。日本…

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

植物ベース食品のアップデートに取り組む米フードテック企業Motif FoodWo…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

植物性代替肉SavorEatがイスラエルでIPO(上場)、2021年夏までに試験販売を開始

このニュースのポイント ●植物性代替肉に取り組むイスラエル企業Sav…

フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円を調達

フードロスに取り組む米Apeel SciencesがシリーズEラウンドで2億50…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートと…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP