Foovo Deep

Fooditive、リンゴと梨をアップサイクルした植物性甘味料を米国市場向けに発表

 

オランダのスタートアップ企業Fooditiveは今月、植物成分を使用した甘味料「Keto-Fructose(5-ケト-D-フルクトース)」をアメリカ市場向けに発表した

同社によると「Keto-Fructose」は独自の発酵プロセスでリンゴから抽出された成分で、砂糖の風味プロファイルを忠実に再現している。チョコレート、焼き菓子、飲料、ジャム、グレーズ(ドーナツなどに施されるシュガーコーティング)などさまざまな用途に砂糖の代替品として使用できる。

Fooditiveの創業者であり最高経営責任者(CEO)のMoayad Abushokhedim氏は、砂糖代替品の有効性は味だけでは評価できないと言及。「Keto-Fructose」の開発では、甘さを再現するだけでなく、砂糖の重要な機能を再現することを重視。これにより、さまざまな用途でシームレスな代替を可能にしたと述べている。

リンゴと梨の加工で生じる副産物をアップサイクルした「Keto-Fructose」は、循環型経済を促進し、環境への影響を低減する代替砂糖として食品に使用されていくと期待される。

Fooditiveは現在、アメリカ市場での展開に向けて、大手メーカー、販売業者、業界イノベーターとの提携を模索している。

公式サイトによると欧州ではまだ認可を取得していない。アメリカではFDAによるGRAS認証のプロセスが進行している。Abushokhedim氏は昨年、「EFSAの承認プロセスを辛抱強く進めていく一方で、アメリカで行動を起こすことをこれ以上待てませんでした」と言及していた

創業者のコア技術を使用した植物性甘味料

出典:Fooditive

Fooditiveの天然甘味料の開発は、法人化に先立つ2012年、Abushokhedim氏が食品・飲料業界向けに健康的で手頃な原料を開発するという使命に着手したときに始まった。その成果である「Keto-Fructose」には、食品科学者でもある同氏の開発した技術が使用されている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Fooditive

 

関連記事

  1. 培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsが資金調達難で事業を停…
  2. 米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タ…
  3. 牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProP…
  4. 魚の培養脂肪を開発するインパクファット|日本人研究者がシンガポー…
  5. イスラエルDouxMatokの砂糖を減らしても甘さが変わらない画…
  6. 米Omeatがロサンゼルスで培養肉のパイロット工場を開設
  7. AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性…
  8. 培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kg…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

この記事では、代替魚・代替シーフードの開発に取り組む国内外のベンチャー・スタート…

漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に新鮮魚を宅配

アメリカで漁師と消費者をダイレクトにつなげる新しいサービスがある。獲れた…

微生物とAIで新素材を発見するKingdom Superculturesが約28億円を調達

天然の微生物を組み合わせて新しい素材を開発する米Kingdom Supercul…

Colloが開発した、電磁場を利用して牛乳工場の損失を防ぐ「液体指紋」技術

インフレによるコストの高騰と二酸化炭素排出量削減への関心の高まりを受けて、乳製品…

培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュー

写真はイメージ画像日本で江戸時代から食されてきたウナギは絶滅危惧種に指定…

オーストラリアの代替肉企業v2foodが微細藻類由来のヘム様成分を発表

オーストラリアの植物肉企業v2foodは今月、シドニーで開催されたイベントSXS…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP