Foovo Deep

イスラエルのEver After Foodsが「破壊的な」培養肉生産プラットフォームを発表

 

費用対効果の良い培養肉生産プラットフォームを開発するイスラエル企業Ever After Foods(旧称Plurinuva)は今月、培養肉を生産するための特許取得済みのバイオリアクタープラットフォームを立ち上げたことを発表した。

培養肉の生産性を700%向上

出典:Ever After Foods

Ever After Foodsによると、他の培養肉技術プラットフォームと比較して、同社のバイオリアクターは生産性を700%向上できるとしている。

同社CEO(最高経営責任者)のEyal Rosenthal氏は、「現在の培養肉企業はいずれも、細胞を増やすために非常に似た方法を使用しており、費用対効果の良い方法で生産を拡大しようとすると克服できない課題に直面します。(動物肉と)同等コストを実現するには、10,000リットルを超える巨大なバイオリアクターが必要ですが、動物細胞では使用できません」と、現状の課題を指摘している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Ever After Foods

 

関連記事

  1. 食品製造で発生する廃糖水で菌糸体粉末を作るHyfé Foodsが…
  2. タバコ植物で培養肉のコスト削減を目指すBioBetterが約14…
  3. EUが出資するFEASTSが発足:欧州における培養肉・培養シーフ…
  4. ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表
  5. 米パーフェクトデイ、インドで精密発酵タンパク質の認可を取得、イン…
  6. イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods、バイオ…
  7. 中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に…
  8. ドイツ大手小売業者REWE、同社初のビーガン専門スーパーを開設

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵スタートアップが欧州の「不透明な」規制枠組みの改善に向けて業界団体Food Fermentation Europeを設立

欧州を中心とする精密発酵企業5社が今月、欧州における精密発酵食品の認識を高め、政…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より…

Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売、イスラエルの食肉販売会社と提携

3Dプリンターを使って植物ベースの代替肉を開発するイスラエル企業Redefine…

New Cultureが世界で初めて精密発酵カゼインでGRAS自己認証を発表

精密発酵でカゼインを開発する米New Cultureが、世界で初めて精密発酵カゼ…

機能性成分としての培養タンパク質粉末を開発する韓国のSimple Planet、年内に北米支店を設立

韓国の培養肉企業Simple Planetは今年後半に北米に支店を設立し、商品化…

スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

細胞培養による培養肉を開発するイスラエルのスーパーミートは、2023年後半にアメ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP