代替プロテイン

培養肉スーパーミート、スイス小売大手のミグロスと提携

 

イスラエルの培養肉企業スーパーミート(SuperMeat)は26日、スイスのスーパー大手・食肉大手のミグロスと基本合意書(MOU)を締結した

二社は、商用規模での培養肉の生産、流通を加速する。提携の一環として、ミグロスはスーパーミートに出資した。

培養肉スーパーミート、スイス小売大手のミグロスと提携

出典:SuperMeat

二社は、より効率的で持続可能な代替食品を求める欧州消費者の需要を満たすため、培養肉を大規模に流通、販売するためのインフラの強化を目指す。

スーパーミートは培養肉の販売許可をまだ取得していないが、販路・インフラを有するミグロスとの提携は「近い将来、培養肉を欧州の消費者に提供するための土台を築く」ものとなる。

今回の発表は、スーパーミートと欧州最大の養鶏業者PHWグループとの提携に続くニュースとなる。2社は欧州における培養肉製品の認可取得で協力し、培養肉を大規模に開発、製造、販売するため、今年3月に提携した。

ミグロスのグループ会社ELSA-MifromaでCEOを務めるMatthew Robin氏は、「スーパーミートの培養鶏肉をイスラエルのレストランで個人的に味わう機会がありましたが、従来の鶏肉に似ていることに非常に驚きました。この技術が食肉産業を変える可能性があると再確信しました」とコメントしている。

「スイスは培養肉開発における欧州の玄関になる」

出典:SuperMeat

ミグロスの近年の取り組みは、同社が代替タンパク質の可能性を確信していることを表している。

ミグロスは昨年、スイス企業ジボダン、ビューラーと提携し、培養肉のパイロット工場を建設するため、チューリッヒにCultured Food Innovation Hubを設置することを発表した。

Cultured Food Innovation Hubは2023年初頭の稼働開始を予定しており、培養肉企業から施設利用の予約も入っているという。スタートアップはこのハブを活用することで、小規模施設を利用でき、資金調達を回避することができる。

前述のRobin氏は「スイスは培養肉開発における欧州への玄関になると考えています」と述べている

ミグロスはまた、微生物を活用して代替シーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsとも提携しているほか、自社でビーガンゆで卵も発売している。

2025年までにスイスで培養肉の販売を見込む

出典:SuperMeat

2015年に設立されたスーパーミートは、イスラエルで培養肉の試食レストランをオープンするなど、先進的な取り組みで注目されてきた。

今年3月に味の素と提携を発表したほか、6月には培地成分を最適化するオープンソースなハイスループットシステムの構築で、サーモフィッシャーとの提携を発表している。

ミグロスとの提携発表を受けて、スーパーミートは2-3年以内にスイスで製品を販売できると見込んでいることをFoodNavigatorに語っている

イート・ジャストが2020年末に世界で最初に培養肉の販売を実現してから、さまざまなスタートアップ企業が生産コスト削減、生産工場の建設、商用化に向けた課題解決に取り組んできた。国内も含め、上市にあたっては法整備が1つの課題となるが、シンガポールに続きアメリカやカタールで年内に培養肉が販売される可能性は高まっている。

スーパーミートは来年後半、アメリカに工場の建設を予定しており、来年にアメリカで最初の製品を発売する予定だという。

「味の素、PHW、今回のミグロスなどの企業と提携することで、彼らの独自の知見と大規模なインフラを活用して、コストを削減し、スケールアップを早め、消費者へのサービスを強化することができます」

(スーパーミートCEOのIdo Savir氏)

 

参考記事

SuperMeat Signs Agreement with Switzerland’s Largest Supermarket and Meat Manufacturer, Migros

SuperMeat links with retail major Migros on cultivated meat distribution: ‘We expect to be selling in Switzerland by 2025’

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:SuperMeat

 

関連記事

  1. ジャガイモで卵白タンパク質を開発するPoLoPoが約2.3億円を…
  2. ドイツ企業Kynda、食品副産物を活用した「廃棄物ゼロ」の菌糸体…
  3. Jellatechが約5億円のシード資金を調達、細胞由来コラーゲ…
  4. Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.…
  5. 天然には存在しない「新しい酵素」を開発するEnzymitが約6.…
  6. DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提…
  7. 培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金…
  8. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕から高純度なタンパク質を生産

カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの種から高品質なタンパク…

ShiruがAIプラットフォームで開発した最初の製品「OleoPro」を商用化

アメリカのバイオテック企業Shiruは今月、AIを活用した最初の食品原料の商用化…

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

ドイツのPlanet A Foodsが代替チョコレートをスーパーに初導入

持続可能な代替チョコレートを開発するドイツ企業Planet A Foods(旧称…

微細藻類で代替タンパク質を開発するBrevelが約25億円を調達|色も風味もニュートラルなタンパク質

イスラエルのバイオマス発酵スタートアップのBrevelは今月、シードラウンドで1…

細胞由来のウナギ、マグロ、タイを開発するUmami Meatsが約2.7億円を調達

写真はイメージ画像ウナギ、マグロなどの培養シーフードを開発するシンガポー…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP