リテール

ドイツ大手小売業者REWE、同社初のビーガン専門スーパーを開設

 

※当初、開設予定と記載していましたが、Vegconomistの最新報道をうけて、情報を更新しました(2024年4月14日)

 

ドイツの小売業者REWE Groupが、同社初となるビーガン専門のスーパーマーケットを開設した。

Supermarktblogの報道によると、この店舗は、ベルリン・フリードリヒスハインのヴァルシャウアー通りにあった、ビーガンに特化したVeganzのスーパーマーケット跡地に位置する。Veganzはこの地で長年にわたりスーパーを運営してきたが、メーカーへの業態変更により、ヴァルシャウアー通りの店舗を2023年12月始めに閉店した。

当時、Veganzはヴァルシャウアー通りにある店舗の売却に成功したと発表していたが、売却先は明らかにしていなかった。Supermarktblogの報道により、REWEが購入者であることが明らかになった。今月12日、Vegconomistが開設を報じた

ドイツ大手小売業者REWE、初のビーガン専門スーパーを開設

REWEが導入したビーガンデリ商品 出典:REWE

この店舗では2,700点以上のビーガン商品を取り扱うという。

REWE Groupはドイツ国内でスーパーやコンビニなど3700店舗を展開する大手小売業者の1つだ。ドイツ最大の小売業者はEDEKAグループで、ドイツに11,000店舗以上を展開するといわれる

REWEが専用のビーガンスーパーを開設したことは、日本でイオングループのマルエツマックスバリュが専用のビーガンスーパーを開設するようなイメージに近い。

REWE Groupはドイツの小売業者として初めて、スーパーにビーガンデリ商品を導入した企業の1つだ。2022年9月、同社はスーパーのセルフサービスカウンターにビーガンデリ商品を導入した。顧客の約2割が、セルフサービスカウンターでビーガン商品を望んでいるとの調査結果からの導入だった。

REWEはまた、オーストリアに約1300店舗を有するスーパーマーケットBILLA所有しているVegconomistの報道によると、BILLAはオーストリアの2か所でビーガン専門スーパーBILLA PFLANZILLAをオープンした。Supermarktblogによると1店舗はすでに閉店している。BILLAは既存の21店舗で植物由来食品の専門エリアも導入しており、ビーガン商品の導入に積極的だ。

Foovoでこれまで紹介してきたRevo Foodsのマイコプロテインを使用したサーモンや、Kern Tecが杏子など核果の種から開発した代替ミルク、Planet A Foodsの代替チョコレートなどはREWE系列のスーパーで取り扱われている。

REWEはこれまでの経験をもとに、新たな試みとしてドイツでビーガン専門スーパーを開設したのだろう。ビーガンに特化したスーパーVeganzの店舗を引き継ぐことは、この地域でVeganzを利用していた消費者を引き込めるメリットもある。

 

参考記事

REWE Inaugurates its First Fully Plant-Based Supermarket in Berlin

„Voll pflanzlich“: Rewe plant veganen Supermarkt in Berlin

Germany: REWE to Open First Vegan Supermarket in Former Veganz Store

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:REWE

 

関連記事

  1. MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロ…
  2. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  3. チェコの培養肉企業Mewery、チェコ政府から約3200万円の助…
  4. 3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを…
  5. TurtleTreeが精密発酵によるラクトフェリン生産を発表、2…
  6. 英Ivy Farm、欧州最大の培養肉パイロット工場をオープン
  7. ダノンとBrightseedが提携を拡大、AIを活用して植物の隠…
  8. 中国初の菌糸体タンパク質スタートアップ70/30、今年後半に全国…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDIBLE Eats

食事で使用されるプラスチック製品を減らすために、食べられるスプーンが登場した。…

二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド国営電力会社と提携

二酸化炭素を原料に持続可能で高品質な食品・飼料用タンパク質を開発するイギリス企業…

米SCiFi Foodsが培養牛肉の最初の商用生産を完了、来年培養ハイブリッド牛肉の上市へ

培養牛肉を開発するアメリカのSCiFi Foodsは先月、同社初の商用工場の建設…

マクドナルドがアメリカでマックプラントの試験販売を終了

マクドナルドは先月、アメリカで植物性バーガー・マックプラントの試験販売を終了した…

菌類タンパク質の業界団体「菌類タンパク質協会(FPA)」が発足

菌類由来のタンパク質を開発・製造するスタートアップ企業による、新たな業界団体「菌…

米培養肉UPSIDE Foodsが世界で初めてFDAの安全性認可を取得、上市に向けて躍進

アメリカの培養肉企業UPSIDE Foodsは16日、アメリカ食品医薬品局(FD…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP