Foovo Deep

二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branchが約10億円を調達

 

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するDeep BranchがシリーズAで800万ユーロ(約10億円)を調達した。

Deep Branchは畜産の持続可能性と二酸化炭素の排出量削減を両方実現するため、動物飼料用の代替タンパク質Protonを開発している。

大きな特徴は、二酸化炭素と微生物を使ってタンパク質Protonを作り出していることだ。

つまり、持続可能な動物飼料を実現するために二酸化炭素を「アップサイクル」している。

二酸化炭素と微生物から作られる代替タンパク質Proton

出典:Deep Branch

Deep Branchが開発したProton単細胞タンパク質single cell protein:SOP)に分類される。

単細胞タンパク質は微生物タンパク質とも呼ばれ、

細菌や酵母など微生物の体内に含まれるタンパク質を指す。

 

糖類・デンプン・メタンなどを原料に微生物を発酵槽で培養して得られたものが、単細胞タンパク質となる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 乳製品生産の再考|牛に頼らず細胞培養でミルクを開発するドイツ企業…
  2. DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提…
  3. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  4. Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカ…
  5. 代替母乳を開発するTurtleTreeがシリーズAで約34億円を…
  6. SavorEatがパーソナライズ化された3Dプリント植物肉バーガ…
  7. 培養マグロを開発するWanda Fishが約10億円を調達
  8. Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチー…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

牛を使わずに乳タンパク質を開発するイスラエルのRemilkが約139億円を調達

精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発するイスラエル企業Remilkがシリー…

ユニリーバのBen & Jerry’s、アニマルフリー製品の主原料をオーツ麦へ切り替え

食品・日用品大手のユニリーバは今月、人気の乳製品ブランドであるBen &…

1時間に350杯のカクテルを作るバーテンダーロボット「Backbar One」

今まで様々な特徴を持つバーテンダーロボットが発売されてきたが、今回取り上げるアメ…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

↓ラジオ音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

精密発酵の米パーフェクトデイ、約130億円の資金調達とともに創業者が退任、暫定CEOが就任

精密発酵による食品開発を牽引してきたパーフェクトデイ創業者のRyan Pandya氏(左)とPeru…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP