アグテック(AgTech)

二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branchが約10億円を調達

>> <<

 

二酸化炭素から代替タンパク質を開発するDeep BranchがシリーズAで800万ユーロ(約10億円)を調達した。

Deep Branchは畜産の持続可能性と二酸化炭素の排出量削減を両方実現するため、動物飼料用の代替タンパク質Protonを開発している。

大きな特徴は、二酸化炭素と微生物を使ってタンパク質Protonを作り出していることだ。

つまり、持続可能な動物飼料を実現するために二酸化炭素を「アップサイクル」している。

二酸化炭素と微生物から作られる代替タンパク質Proton

出典:Deep Branch

Deep Branchが開発したProton単細胞タンパク質single cell protein:SOP)に分類される。

単細胞タンパク質は微生物タンパク質とも呼ばれ、

細菌や酵母など微生物の体内に含まれるタンパク質を指す。

 

糖類・デンプン・メタンなどを原料に微生物を発酵槽で培養して得られたものが、単細胞タンパク質となる。

通常、メタンや糖類をエサに使うが、Deep Branchの場合は二酸化炭素を使用するため、投入コストをより抑えられるというメリットがある。

出典:Deep Branch

空気から作られたタンパク質は原料が産業排出された二酸化炭素であるため、原料コストが安い

Protonから作られる動物飼料は、魚粉飼料に匹敵する栄養があるほか、バリューチェーン全体で60%の温室効果ガス削減効果をもたらすという。

産業排出される二酸化炭素を原料とするため年間を通じて原料調達が可能だ。

つまり、季節的な価格変動や供給変動がなく、安定して供給できる。

出典:Deep Branch

Deep Branchによると、1人あたりが排出する二酸化炭素の約1/4が食事由来とされ、その大部分は動物性食品だとされる。

食事に伴う二酸化炭素排出量を削減するには、肉の消費を減らすことが最善だが、誰もがこの選択をできるわけではない

そこで、畜産に使用される動物飼料のタンパク質源を空気由来のProtonで置き換えることで、問題を解決しようとDeep Branchは考えている。

牛肉1kgを生産するために11kgの穀物が必要となるなど、畜産肉の生産にはその何倍もの穀物を用意する必要があり、穀物の栽培には広大な土地が必要となる。

Deep Branchの空気由来の代替タンパク質を使って動物飼料を作ることができれば、輸入に頼ることも、広大な土地を使用することもなく、地元で効率的に動物飼料を生産できる

2023年までの商用生産を目指す

出典:Deep Branch

Deep Branchは今回調達した資金で、Brightlands Chemelot Campus(オランダ、リンブルフ)にある同社のスケールアップハブの完成が可能になるという。

昨年の報道では、このスケールアップハブを今年第2四半期までに稼働を開始したいとしていた。

このハブでは、BioMarAB Agriといったヨーロッパの主要な飼料生産者が栄養成分を検証するための、最初のパイロットスケールでのProtonをバッチ生産する予定だとしている。

出典:Deep Branch

このほか、調達した資金はProtonの最初の商用生産施設の設計にもあてられる。

Deep Branchは現在候補地を選定中で、サケ漁業と低炭素水素の生産で世界をリードするノルウェーが最有力候補地となっている。

同社は2023年までの商用生産を目指しており、必要となるパートナー企業と交渉中だという。

Deep Branchは2020年7月に始まったREACT-FIRSTというプロジェクトを主導している。

このプロジェクトはイギリスのInnovateUKから出資を受けており、10のコンソーシアムが参加しているもので、Protonのコスト、栄養価、カーボンフットプリント、消化性に関するデータを収集し、気候危機に取り組み、Net Zero(温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすること)の達成を目指している。

共同創業者・CEOのPete Rowe氏 出典:Deep Branch

Deep Branchのように空気からタンパク質を作るプレーヤーには、Air ProteinSolar FoodNovoNutrientsといった企業がいる。

Air Protein、Solar Foodは空気由来のタンパク質で食品を開発しているのに対し、NovoNutrientsは動物飼料を開発しているが、今後は代替魚や代替肉へも参入したいと考えている。

Bart Pander氏(左)、Rob Mansfield氏(中央)、Pete Rowe氏(右) 出典:Deep Branch

Deep Branchはイギリス・オランダで事業を展開するスタートアップ企業。Pete Rowe氏、Rob Mansfield氏、Bart Pander氏によって2018年に設立された。

今回のラウンドはNovo HoldingsDSM Venturingが主導し、Total Carbon Neutrality VenturesBarclays Sustainable Impact Capitalが参加した。

同社は昨年11月にも220万ユーロを調達している。

 

参考記事

Deep Branch Raises €8M to Turn Air Into Animal Feed

Deep Branch Announces €8M Series A Round led by Novo Holdings and DSM Venturing

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Deep Branch

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  2. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  3. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  4. 藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液…
  5. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  6. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  7. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  8. 農業データ収集ソフトのArableが約20億円を資金調達

おすすめ記事

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、実証プラント建設へ

中国の培養肉企業Joes Future Food(中国語名:周子未来)がシリーズ…

植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功

植物由来(プラントベース)の着色料を開発するイスラエルのフードテックスタートアップのPhytolon…

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

本記事は有料記事となります(3100文字)ドイツ、ミュンヘン…

香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!

香港発の代替肉スタートアップ企業グリーンマンデーが、代替豚肉に続いて代替魚に参入…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP