代替プロテイン

The EVERY Companyが約198億円を調達、精密発酵タンパク質のB2Bを強化

 

精密発酵でアニマルフリーな卵白タンパク質を開発するThe EVERY CompanyがシリーズCで1億7500万ドル(約198億円)を調達した

ラウンドは応募超過で完了し、McWinRage Capitalが共同で主導、テマセク、ロンドンの不動産グループ・グロブナーのWheatsheaf GroupTO Ventures、南アフリカのベンチャーキャピタルProsus Venturesが参加した。Prosus Venturesにとって、これは合成生物学企業に対する初の出資となる。

この調達によりThe EVERY Companyの調達総額は2億3300万ドル(約264億円)となった。同社は調達した資金で食品へのアプリケーションを拡大し、自社技術により複製する卵タンパク質のさらなる拡大を図る。

The EVERY Companyは卵タンパク質のDNAを酵母に挿入、砂糖を与えて、酵母に糖から卵タンパク質を生産させる。ビール、ワインの生産では、酵母は発酵により糖を分解してアルコールを作るが、DNAを挿入された酵母はアルコールの代わりに卵タンパク質を生産する。

創業者兼CEOのArturo Elizondo氏 出典:The EVERY Company

このように酵母など微生物をミニ工場として動物に頼らずタンパク質を生産する手法を精密発酵という。

同社は精密発酵の代表格パーフェクトデイに続き、代替タンパク質を市販化した。これまでにフォーチュン500の原料メーカー・イングレディオンとの共同によるアニマルフリーペプシンの発売に始まり、10月には世界初となる卵白タンパク質粉末ClearEggを発表、先月にはPressedと提携し、ClearEggを使ったスムージーを期間限定で発売した。

Pressedとの提携により、同社の発酵タンパク質に消費者が直接アクセスできるようになった。

同社の発酵由来の卵白タンパク質は、オムレツなどを作れる代替卵に代わるものではないが、無味無臭で溶解性が高いため、ビールやジュースなどさまざまなドリンクに加えることができる

次の商品として、2つ以上の卵白タンパク質から構成される機能性製品を開発しており、2022年の発売を目指している。これが代替卵白EggWhiteであるかは定かではない。

The EVERY Companyは、世界のタンパク質をその作り手である動物から切り離すというミッションのもと、2014年にクララフーズとして設立し、今年社名を変更した。

EVERYのタンパク質を使って作られたパウンドケーキ 出典:The EVERY Company

「B2B原料プラットフォームににとって絶好のチャンスです」と創業者兼CEOのArturo Elizondo氏はプレスリリースで述べ、「世界の大手食品会社がよりクリーンで、環境に優しく、持続可能な方法で製品を提供しようとしたとき、利用できる選択肢はほとんどありません。当社は、世界最大及び最小の食品会社が妥協することなく、アニマルフリーな未来に移行するのを実現できる申し分のない立場にあります」とコメントしている。

The EVERY Companyは新たな資本注入により、アニマルフリーなタンパク質をあらゆる場所のすべての人に届けるというビジョンのもと、精密発酵タンパク質製品を販売するための供給ルートの全国展開を目指す。

 

参考記事

The EVERY Company Closes Oversubscribed $175 Million Series C Round as It Drives Scale-up of Its B2B Animal-free Protein Platform

The Every Company Raises $175M to Crack Open the Precision Fermentation Egg Market

The EVERY Company raises $175m to expand ‘animal-free’ protein platform

 

関連記事

アイキャッチ画像・GIFの出典:The EVERY Company

 

関連記事

  1. Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が…
  2. 代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-
  3. 培養サーモンの米WildTypeが培養シーフード業界史上最大の約…
  4. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大
  5. 草食動物の腸内細菌で代替タンパク質を開発する米SuperBrew…
  6. 一正蒲鉾がインテグリカルチャー、マルハニチロと培養魚肉の共同研究…
  7. 動物肉と同等価格の植物肉が生産可能な自動化技術をシアトルの企業が…
  8. ビヨンドミートとペプシコの合弁会社Planet Partners…

おすすめ記事

Basil Streetがピザ自販機をアメリカの国際空港に導入、1年半で200の空港へ拡大予定

ピザ自販機を開発するアメリカのBasil Streetは、食品・ドリンクの自動販…

【2021年10月】代替シーフードの投資動向/大手、スタートアップの参入・提携状況

本記事は、2021年1月~9月までの代替シーフードの投資状況、大手×スタートアッ…

イスラエル政府が培養肉コンソーシアムに約23億円の助成金を提供

イスラエル経済産業省傘下のイスラエル・イノベーション庁(Israel Innov…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円を調達

哺乳類細胞の培養により牛乳を開発するBrown Foodsは今月、シードラウンド…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP