代替プロテイン

The EVERY Companyが約198億円を調達、精密発酵タンパク質のB2Bを強化

 

精密発酵でアニマルフリーな卵白タンパク質を開発するThe EVERY CompanyがシリーズCで1億7500万ドル(約198億円)を調達した

ラウンドは応募超過で完了し、McWinRage Capitalが共同で主導、テマセク、ロンドンの不動産グループ・グロブナーのWheatsheaf GroupTO Ventures、南アフリカのベンチャーキャピタルProsus Venturesが参加した。Prosus Venturesにとって、これは合成生物学企業に対する初の出資となる。

この調達によりThe EVERY Companyの調達総額は2億3300万ドル(約264億円)となった。同社は調達した資金で食品へのアプリケーションを拡大し、自社技術により複製する卵タンパク質のさらなる拡大を図る。

The EVERY Companyは卵タンパク質のDNAを酵母に挿入、砂糖を与えて、酵母に糖から卵タンパク質を生産させる。ビール、ワインの生産では、酵母は発酵により糖を分解してアルコールを作るが、DNAを挿入された酵母はアルコールの代わりに卵タンパク質を生産する。

創業者兼CEOのArturo Elizondo氏 出典:The EVERY Company

このように酵母など微生物をミニ工場として動物に頼らずタンパク質を生産する手法を精密発酵という。

同社は精密発酵の代表格パーフェクトデイに続き、代替タンパク質を市販化した。これまでにフォーチュン500の原料メーカー・イングレディオンとの共同によるアニマルフリーペプシンの発売に始まり、10月には世界初となる卵白タンパク質粉末ClearEggを発表、先月にはPressedと提携し、ClearEggを使ったスムージーを期間限定で発売した。

Pressedとの提携により、同社の発酵タンパク質に消費者が直接アクセスできるようになった。

同社の発酵由来の卵白タンパク質は、オムレツなどを作れる代替卵に代わるものではないが、無味無臭で溶解性が高いため、ビールやジュースなどさまざまなドリンクに加えることができる

次の商品として、2つ以上の卵白タンパク質から構成される機能性製品を開発しており、2022年の発売を目指している。これが代替卵白EggWhiteであるかは定かではない。

The EVERY Companyは、世界のタンパク質をその作り手である動物から切り離すというミッションのもと、2014年にクララフーズとして設立し、今年社名を変更した。

EVERYのタンパク質を使って作られたパウンドケーキ 出典:The EVERY Company

「B2B原料プラットフォームににとって絶好のチャンスです」と創業者兼CEOのArturo Elizondo氏はプレスリリースで述べ、「世界の大手食品会社がよりクリーンで、環境に優しく、持続可能な方法で製品を提供しようとしたとき、利用できる選択肢はほとんどありません。当社は、世界最大及び最小の食品会社が妥協することなく、アニマルフリーな未来に移行するのを実現できる申し分のない立場にあります」とコメントしている。

The EVERY Companyは新たな資本注入により、アニマルフリーなタンパク質をあらゆる場所のすべての人に届けるというビジョンのもと、精密発酵タンパク質製品を販売するための供給ルートの全国展開を目指す。

 

参考記事

The EVERY Company Closes Oversubscribed $175 Million Series C Round as It Drives Scale-up of Its B2B Animal-free Protein Platform

The Every Company Raises $175M to Crack Open the Precision Fermentation Egg Market

The EVERY Company raises $175m to expand ‘animal-free’ protein platform

 

関連記事

アイキャッチ画像・GIFの出典:The EVERY Company

 

関連記事

  1. モサミート、牛脂肪細胞を培養する無血清培地に関する論文を発表
  2. スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画
  3. ユニリーバ、精密発酵アイスクリームをBreyersブランドで発売…
  4. 米培養肉UPSIDE Foodsが世界で初めてFDAの安全性認可…
  5. イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが米国でGRAS自…
  6. チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続…
  7. イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods、バイオ…
  8. スイスのPlanted、発酵技術を使用した植物性ステーキを欧州3…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米SCiFi Foodsが培養牛肉の最初の商用生産を完了、来年培養ハイブリッド牛肉の上市へ

培養牛肉を開発するアメリカのSCiFi Foodsは先月、同社初の商用工場の建設…

食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Meatの「Clean meat as a service」

培養肉はクリーンミート、細胞培養肉とも言われ、動物を殺さずに食肉を生産する新たな…

代替ハチミツの米MeliBioが約6.7億円を調達、今春より生産拡大へ

持続可能な「本物のハチミツ」を開発するアメリカのMeliBioが17日、シードラ…

CulNet Systemからイネ、微細藻類を活用した低コストで持続可能な培養液開発の今|第5回細胞農業会議レポート

培養肉の生産コストの大部分を占めるといわれるのが、細胞を育てるために必要な培養液…

代替コーヒー開発の最前線:注目のスタートアップ10社とその市場投入動向

コーヒーは世界的に人気のある飲料だが、コーヒー需要が高まる一方で、コーヒー豆の生…

Forsea Foodsが初の培養うなぎ試食会をイスラエルで開催、2026年までに日本での上市を目指す

細胞培養によるうなぎを開発するイスラエル企業Forsea Foodsは今月4日、…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP