Foovo Deep

Yali Bioが精密発酵による代替乳脂肪を使用したアイスクリームを発表

 

カリフォルニアを拠点とする精密発酵企業Yali Bioは、サンフランシスコで今月開催されたMISTA Growth Hackイベントで、精密発酵で生成した代替乳脂肪を発表した

Yali Bioは、AAKIngredionGivaudanなどのMISTA支援者の協力を得て、デモ用アイスクリームを開発した。Foovoの認識では、Yali Bioが自社の精密発酵脂肪を使用した製品を対外的に発表するのはこれが初。

同社によると、固体脂肪を使用したアイスクリームは1時間以内に提供終了となったという。

Yali Bio 創業者兼CEO(最高経営責任者)のYulin Lu氏は、「アイスクリームが好評なのも嬉しかったですが、多くの方から、特に味や食感を褒めていただけたことがとても嬉しかったです。同じ肯定的なフィードバックを何度もいただきました」と述べている

同社は次のステップとして、競争上の優位性を求めるパートナー企業と共に、精密発酵脂肪の市場展開を目指す。

精密発酵で脂肪開発に取り組むYali Bio

出典:Yali Bio

2021年設立のYali Bioはアイスクリーム、バター、チーズなど、特に乳製品の味、食感を高める脂肪の開発に取り組んでいる

公式サイトによると、Yali Bioは再生可能な炭素原料から原料を入手し、精密発酵を使用して特別な脂質と脂肪に変換する。同社プロセスにより、特定の目的に合わせて、ほぼ制限なく脂肪を設計することができるという。

Yali Bioの脂肪は、淡いバターのような色とニュートラルな風味を持つ。自社の精密発酵技術により、融点など脂肪のさまざまな品質を特定の用途に「完全に適合するよう調整できる」という。

そのため、アイスクリームだけでなく、バター、チーズ、焼き菓子、キャンディーなどさまざまな食品の味、食感、性能の向上に使用できるとしている。

乳製品・植物油脂よりも持続可能な代替脂肪

ココナッツオイル イメージ画像

Yali Bioの脂肪は、ココナッツオイルと比較して、身体に悪いとされる飽和脂肪を半分、コレステロールを下げるなど身体に良いとされる一価不飽和脂肪を5倍含んでいる。

ココナッツオイルは植物肉でも広く使用されている植物油脂だが、生産の7割以上をフィリピン・インドネシアに依存していること、土地利用効率の悪さから、持続可能な選択肢とは言い難い。また、世界への輸送に伴う二酸化炭素排出量、収穫に関連した人間・動物福祉の問題も見過ごせないとYali Bioは指摘している。

代替脂肪開発に取り組むスタートアップは30社以上

出典:Chiara Cecchini氏リンクトイン(Savor)

Grey Silo Venturesは今年1月に発表した記事「Fat Revolution is coming(脂肪革命の到来)」のなかで、「現在の代替脂肪に対する欧州の投資は代替タンパク質と比べて依然と低いものの、代替脂肪企業は資金調達、商業的な魅力いずれの点でも、今後数年間に強烈な成長を遂げると信じています」と述べている。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Yali Bio

 

関連記事

  1. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…
  2. 菌糸体由来のブロック肉を開発するMeati FoodsがD2C販…
  3. ビヨンドミートが中国で豚ひき肉Beyond Porkを期間限定で…
  4. ひよこ豆由来のタンパク質を開発するInnovoProが約3億円を…
  5. オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さ…
  6. 動物肉と同等価格の植物肉が生産可能な自動化技術をシアトルの企業が…
  7. オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン
  8. 植物肉企業Plantedが約100億円を調達、植物由来の鶏胸肉を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

この記事では、代替魚・代替シーフードの開発に取り組む国内外のベンチャー・スタート…

イスラエルのImagindairy、アニマルフリーな精密発酵乳タンパク質に対し米国FDAのGRAS認証を取得

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが、精密発酵による乳タンパク質につ…

ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来年に細胞培養ペットフード発売へ

ビーガンペットフードを販売する米Wild Earthが、シリーズAで2300万ド…

Nature’s Fyndが菌類由来の代替肉を米ホールフーズで発売、来年には大規模工場を稼働

微生物発酵により代替肉や代替乳製品を開発するアメリカ企業Nature's Fyn…

CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品の開発を加速

魚介類の培養肉スタートアップCellMEATは今回、シリーズAの投資ラウンドを終…

肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培養ソーセージの市販化を目指す

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmは、2023年までにイギリスの小売…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP