代替プロテイン

ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!

>> <<

 

ネスレが植物ベースのヴィーガンキットカットを発売した。

ヴィーガンキットカットは6月半ばから、イギリス、ポーランド、エストニア、ラトビア、リトアニアで販売が開始された。オーストラリア、ブラジルなどほかの国でもまもなく販売される予定。

新しく発売されたヴィーガンタイプの商品名は「キットカットV(KitKat V)」。

イギリス、ヨークにある製菓研究開発センターで開発されたキットカットVは、ヴィーガンとして認定を受けたもの。

チョコレート、米をベースとした代替乳製品を使い、植物成分とチョコレートをなめらかにブレンドすることに成功した

出典:ネスレ

動物由来成分を使わず、従来のキットカットと同じウェハースとチョコレートの絶妙な食感を実現し、妥協なきヴィーガンバージョンを開発した。

キットカットVの開発において、代替ミルクとココアの比率の見極めが難しかったとネスレ担当者はコメントしている。

キットカットVは、ネスレのココアプラン(The Nestlé Cocoa Plan)を通じて作られた100%サステイナブルで児童労働を伴わないカカオを使用。

従来タイプのキットカットで使用されていた乳成分は、米ベースの代替品に変更している。この米由来の成分が、完璧な食感と風味を生み出しているという。

ネスレは「キットカットV」の開発について、SNSで要望の多かったヴィーガンキットカットのリクエストに応えたものだとコメントしている。

世界的にプラントベース食品への関心は高まりをみせている。

ネスレはプラントベース食品へ移行したい需要に応え、チョコレート製品だけでなく、米、オーツ麦、大豆、ココナッツ、えんどう豆などを原料にミルク、アイスクリーム、チーズなど代替乳製品も発売している。

乳製品のほかには代替肉にも参入済み。植物肉ブランドHarvest Gourmet、植物魚ブランドVunaに加え、4月には乳製品フリータイプのミロをリリースした。

昨年12月には中国で植物肉Harvest Gourmetを販売開始。この春にはマレーシアに植物ベース食品に特化した工場を開設するなど、フードテックへの取り組みを加速している。

最近では、細胞培養による代替ミルク開発へ向けた準備を進めており、植物ベースに限らず、細胞農業分野でも代替乳製品の製品開発に乗り出している。

今回発売が開始されたヴィーガンキットカットも、やがては代替乳成分に米ではなく、ネスレが細胞ベースで製造した本物の乳成分が使用されるかもしれない。

 

参考記事

Take a plant-based break – vegan KitKat is here!

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ネスレ

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  2. アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオ…
  3. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  4. 精密発酵により代替タンパク質を開発する企業24社
  5. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  6. 菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円…
  7. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  8. 微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Gel…

おすすめ記事

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

植物ベースの代替卵を開発するインド企業Evo Foodsがプレシードで6200万…

牛を使わずに本物と同等のカゼインを開発するエストニア企業ProProtein

エストニアを拠点とするProProteinは微生物を活用して、牛を使うことなく主…

シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ

シンガポールを拠点に代替鶏肉を開発するNext Genはシードラウンドで1000…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

↓音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

本記事は有料記事となります(3100文字)ドイツ、ミュンヘン…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP