Foovo Deep

伝統的なチーズ製法で植物チーズを開発するデンマーク企業FÆRM

 

デンマークのフードテック企業FÆRMは、伝統的なチーズ製造プロセスと酵素の力で、マメ科植物からさまざまな代替チーズを製造する方法を発見した。

公式サイトには、「レンネットが牛乳を凝固させるように、植物ミルクを凝固させる酵素はこれまで発見されていませんでした。私たちは試験、研究、根気、純粋なまでの挑戦により、豆類のドリンクを牛乳のように凝固できる酵素ソリューションを発見しました」と書かれている。

伝統的なチーズ製造プロセスで作る植物チーズ

出典:FÆRM

2020年に設立されたFÆRMはマメ科タンパク質、植物油脂など植物成分を使用して代替チーズを開発している。同社は今年、マメ科植物から代替チーズを作る製法で特許を取得した。

特許明細書によると、

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:FÆRM

 

関連記事

  1. ドイツのThe Cultivated B、EFSAに向けた培養ソ…
  2. オーストラリアのAll G Foods、植物肉ブランドを切り離し…
  3. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  4. DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提…
  5. NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ…
  6. 培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガ…
  7. 量子ドットを活用して温室フィルムを開発するUbiQD、電気を使わ…
  8. 【創業者インタビュー】精密発酵でヒト母乳タンパク質を開発するPF…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

シンガポールの精肉スーパーHuber’s Butcheryが来月から培養肉を販売

シンガポールで培養肉が販売されてから2年。これまでに販売認可を取得した唯一の企業はアメリカのイート・…

米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|動物を犠牲にしない「本物のコラーゲン」

アメリカ、ノースカロライナ州を拠点とするJellatechは、独自の細胞株の培養…

ダノンが精密発酵企業Imagindairyに出資、細胞農業企業では2社目

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyは先月、大手乳業メーカーであるダノ…

Upside Foods、シカゴ近郊に商用規模の培養肉工場を建設する計画を発表

アメリカの培養肉企業Upside Foodsは、イリノイ州シカゴ近郊のグレンビュ…

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

↓音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP