Foovo Deep

精密発酵でカゼインを開発するタイのMuu、来年の商用生産を目指す

 

精密発酵によるタンパク質開発が世界的に進んでいる。精密発酵は、微生物に目的成分の遺伝子を挿入し、微生物を生産工場として特定成分を生産する手法として近年注目される食品開発技術だ。

アメリカ、シンガポール、香港での販売に続き、今年4月にはイスラエルで初めて精密発酵タンパク質が認可された

市場に流通する精密発酵製品の大部分は乳タンパク質の1種であるホエイタンパク質を使用しているが、乳タンパク質の8割を占めるカゼインタンパク質で上市を実現した企業はまだない。

カゼインの開発に参入する企業が増える中、タイでは2021年、精密発酵スタートアップMuuが設立された。Muuを創業したChanapol Tantakosol氏に現状の取り組みを聞いた。

来年の商用生産を目指すタイ発のMuu

出典:Muu

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Muu

 

関連記事

  1. Upside Foodsが業界史上最大の約510億円を調達、年内…
  2. イスラエルのEver After Foodsが「破壊的な」培養肉…
  3. 鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego …
  4. 中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金…
  5. 精密発酵で代替パーム油を開発するC16 Biosciencesが…
  6. 米Meati Foodsが菌糸体由来の代替肉を製造する生産工場「…
  7. 中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、50…
  8. 二酸化炭素でタンパク質を作るArkeon Biotechnolo…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替油脂の米Lypidが台湾大手コーヒーチェーンと提携、500店舗に導入

植物由来の代替油脂を開発する米Lypidが、台湾大手コーヒーチェーンのLouis…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

オランダのViviciが精密発酵ホエイの生産プロセスをスケールアップ、来年の発売を予定

オランダの精密発酵企業Viviciは、乳タンパク質の1つであるβ-ラクトグロブリ…

Biftekがシンガポールの培養肉企業へ最初の増殖培地サンプルを出荷

培養肉用のアニマルフリーな培地を開発するトルコ企業Biftekは、商用化に向けて…

培養魚のB2B製造ソリューションの提供を目指すUmami Bioworks、年内にシンガポールで申請へ【創業者インタビュー】

世界のシーフード消費が増えるなか、絶滅の危機に瀕している魚種を細胞培養により開発…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/21 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP