Foovo Deep

精密発酵でカゼインを開発するタイのMuu、来年の商用生産を目指す

 

精密発酵によるタンパク質開発が世界的に進んでいる。精密発酵は、微生物に目的成分の遺伝子を挿入し、微生物を生産工場として特定成分を生産する手法として近年注目される食品開発技術だ。

アメリカ、シンガポール、香港での販売に続き、今年4月にはイスラエルで初めて精密発酵タンパク質が認可された

市場に流通する精密発酵製品の大部分は乳タンパク質の1種であるホエイタンパク質を使用しているが、乳タンパク質の8割を占めるカゼインタンパク質で上市を実現した企業はまだない。

カゼインの開発に参入する企業が増える中、タイでは2021年、精密発酵スタートアップMuuが設立された。Muuを創業したChanapol Tantakosol氏に現状の取り組みを聞いた。

来年の商用生産を目指すタイ発のMuu

出典:Muu

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Muu

 

関連記事

  1. 植物性チキンナゲットのNowadaysが事業を停止
  2. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  3. CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品…
  4. 米Apeel Sciencesがアボカドの熟度を即座に把握する新…
  5. The Food Robotics Summit2021に登場し…
  6. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェ…
  7. Remilkがイスラエルで初めて精密発酵タンパク質の認可を取得
  8. KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

エストニアで進むマイコプロテイン開発|ホールカット代替肉を開発するFunkiとMati Foodsの取り組み

エストニア発のマイコプロテイン企業Funkiは、今後5年から10年で、食用菌糸体…

精密発酵で乳タンパク質・乳脂肪を開発するPhyx44が約1.7億円を調達

アジアに新たな精密発酵企業が登場した。インドのPhyx44は、シードラウンドで1…

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手F…

ビヨンドミートが代替ミルクにも参入か?ビヨンドミルクの商標を出願

アメリカの代表的な代替肉企業ビヨンドミートが、代替ミルクへの参入を進めている可能…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

Mycorena、マイコプロテイン由来のバター試作品を発表

マイコプロテインを活用した代替肉を製造、販売するスウェーデン企業Mycorena…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP