代替プロテイン

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

 

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を使うもの、さらには微生物に生産工場の役割を与えタンパク質を生産させるものなど、多岐にわたる。

この中で、チリのスタートアップ企業The Live Green Coの取り組みは新しい。

同社が使うのは植物は植物だが、AIを組み合わせている。

The Live Green CoはAIエンジンを活用して植物性の代替タンパク質を創り出すだけでなく、開発期間を90日間まで短縮することに成功している。

AIを活用してよりクリーンな植物性食品を開発するチリスタートアップ

同社はこのほど、100%植物ベースのアイスクリームの開発を発表。

出典:The Live Green Co

これはバナナ、アボカド、ひまわりの種などの原料を使用している。

The Live Green Coは独自に開発したAIのレコメンドエンジン「Charaka」を活用し、「次世代」の植物ベースタンパク質を開発している。

Charakaは、インドの植物科学、機械学習、植物の栄養データ、バイオテクノロジーを活用し、肉、乳製品、乳化剤などに代わる天然植物を提案してくれる。

AIを活用することで、これまでであれば1年かかっていた研究開発を90日まで短縮できるという。

今回発表されたアイスクリームは、100%ヴィーガンなだけでなく、グルテン、大豆、乳糖を含まないため、アレルギーのある人でも食べられる。

出典:The Live Green Co

新作のアイスクリームは、チリ最大のスーパーマーケットJumboで販売されている。

味はチョコチップ、チョコレートアーモンド、ベリーの3種類。

共同創業者のPriyanka Srinivas氏は、植物ベースの代替食品の開発にAIエンジンを活用することは、既存の食品システムに変革をもたらすうえで重要だと考えている。

現在、45万種を超える植物、1000万の化合物、10億を超えるデータポイントを「次世代の植物ベース食品」を創り出すためにマッピングできるという。

既存の植物ベース食品をよりクリーンに

The Live Green Coは3名のインド人が設立したスタートアップ企業。

チリのスタートアップアクセラレータープログラムに参加するため、2017年に拠点をチリに移した。

The Live Green Coはアイスクリームのほかに、パテやパンケーキをつくれる粉末を開発している。

植物性パテについては、動物肉を模倣することに関心はなく、既存の植物ベース食品よりも健康的で最小限に加工された代替食品を作りたいと考えている。

「Burger Mixes」 出典:The Live Green Co

同社の粉末「Burger Mixes」からできる植物ベースパテは、いわゆる「代替肉」のイメージを軽く裏切ってくれる

Burger Mixes」に水を加えて混ぜて1分おき、形を整えて焼くだけ。粉末から焼きあがった代替パテになるまでわずか8分だ。

原料は、えんどう豆、ひまわり油、キノコ、ひよこ豆、黒いんげん豆、レンズ豆、タピオカ、トマト、亜麻、米、タマネギ、にんにく、生姜などすべて植物原料を使用している。

出典:The Live Green Co

パンケーキミックスも、水と油を混ぜてしばらく置いてから焼くだけ。グルテン、大豆、コレステロールを含まないパンケーキだ。

パンケーキミックスは、クッキー、マフィン、ケーキを作ることもできる。

AIを活用するもう1つのチリスタートアップ企業

The Live Green CoはAIエンジンCharakaを使った植物ベース食品の開発だけでなく、今後数年かけて企業とも提携し、既存の食品産業をさらに破壊することを目的としている。

出典:The Live Green Co

同社のようにAIを駆使して、新しい食品の創出に取り組む企業に同じくチリを拠点とするNotCoがいる。

NotCoはGiuseppeという独自のAIを搭載した機械学習ソフトウェアを開発し、独自に蓄積した膨大な植物プロファイルから、動物性タンパク質にマッチする理想的な植物成分を割り当てる

植物を原料にしているものの、植物を主役として使うのではなく、最終ゴールとなる肉や乳製品に最適な植物成分の組合せに焦点をあてている点で、The Live Green Coと似ているといえる。

NotCoはアマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏が出資するスタートアップの1つで、昨年11月には全米のホールフーズで販売を開始している。

The Live Green Coは海外展開など今後の具体的な展望については明らかにしていない。

出典:The Live Green Co

クランチベースによると同社のこれまでの調達総額は110万ドル(約1.1億円)

最新のラウンドは2020年2月のシードで100万ドルを調達しており、Endurance Investmentが主導した。

 

参考記事

AI-Powered Chilean Startup The Live Green Co Launches Plant-Based Ice Cream With 90-Day R&D

Chilean start-up blends ancestral science with modern tech for ‘minimally processed’ plant-based foods

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:The Live Green Co

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始
  2. 香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonが…
  3. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…
  4. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  5. スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉…
  6. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  7. 培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億…
  8. ビヨンドミートが中国で豚ひき肉Beyond Porkを期間限定で…

おすすめ記事

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表

微生物発酵で代替タンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、最初の商品を…

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パイロット工場の完成・年内にテスト販売へ

細胞を培養して水産物を開発するBlueNaluが6000万ドル(約62億円)を調…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP