代替プロテイン

Doehlerが代替パーム油を生産する英Clean Food Groupと提携

 

酵母を活用して代替パーム油を開発するClean Food Groupは今月、ドイツのDoehler Venturesから出資を受けたことを発表した。Doehler Venturesは食品・飲料向け原料のリーディングカンパニーであるDoehlerの投資部門となる。

Doehlerによるスタートアップへの出資は、植物油脂の中でも最も生産量が多く、森林破壊の主要要因とされるパーム油に代わる選択肢として、食品大手が持続可能な代替パーム油に着目していることを表している。

Doehlerが代替パーム油のClean Food Groupと提携

出典:Clean Food Group

Doehlerは食品、飲料、栄養原料業界に向けて、技術主導型の天然原料、原料システム、ソリューションを生産、販売、供給している。

Doehlerは出資のほかにパートナーシップの一環として、Clean Food Groupのスケールアップ、商用生産の実証、承認に必要な製品バッチの製造をサポートする。二社は今後もパートナーシップを継続していくとしている。

Clean Food Groupは独自に開発した酵母を使用し、環境に優しいプロセスで、栄養や脂肪酸組成が本物と同等なパーム油を生産している

同社共同創業者兼CEOのAlex Neves氏は、「Doehlerグループの支援により、当社の革新的技術のスケールアップを加速し、サステナブルな代替パーム油を市場に早急に投入できることを嬉しく思います」とコメントしている。

サステナブルな代替パーム油生産に向けて

現在、世界のパーム油生産の84%をインドネシア、マレーシアが占めている。パーム油は赤道付近でしか生育せず、地球上の動植物種の半分が生息している生物多様性が豊富な熱帯雨林減少の原因となっている。

パーム油の使用が拡大した場合、世界で絶滅の危機に瀕している哺乳類の半分以上、絶滅の危機に瀕している鳥類の3分の2が影響を受ける可能性があると指摘されている

一方、パーム油市場は2021年の506億ドルから2027年には655億ドルにまで拡大すると予想されており、よりサステナブルな代替パーム油が求められている。

ユニリーバは6月、サンディエゴを拠点とするGenoと協力し、微生物を活用した代替パーム油の商用化に取り組むベンチャー企業への出資を発表した。Genoは糖と微生物を活用し、洗剤の主要成分である界面活性剤を作成するプロセスを確立した。これにより、初期の試算では、パーム油由来のカーボンフットプリントを50%削減できると見込んでいる。

Zero Acre Farmsのプロセスでも、微生物が糖を消費して、発酵により油に変換した後、培養物を圧搾して油を抽出している。同社は植物油脂による森林破壊をなくすことに焦点をあてており、パーム油に限らず、植物油脂の完全な代替を目指している。

C16 biosciencesも代替パーム油を開発しており、先月には50,000リットルでの発酵を完了した。同社は現在、商用生産を行う施設準備に向けて、いくつかの製造受託機関(CMO)と契約を締結しており、2023年上半期中に商用生産の準備が整う見込みであることを海外メディアFoodnavigatorに語っている

 

参考記事

Doehler invests in lab-grown palm oil alternative

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Clean Food Group

 

関連記事

  1. インポッシブルフーズが今秋に植物チキンナゲット発売へ
  2. Joes Future Foodが中国初の培養豚バラ肉を発表、中…
  3. プラントベース×精密発酵を手掛けるAll G Foodsにオース…
  4. ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達…
  5. スウェーデンHookedが初となる約1800万円を調達、代替ツナ…
  6. 精密発酵レポート販売開始のお知らせ
  7. パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-serv…
  8. The EVERY Companyが約198億円を調達、精密発酵…

おすすめ記事

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。同社の代替ポーク『オムニポーク…

800DegreesとPiestroが提携し完全自動のピザ自販機製作を開始

自動ピザ製造販売機を製作しているPiestroは昨年8月、大手ピザレストランの8…

食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Foodsの買収で合意

ブラジルの食肉加工世界最大手JBSは18日、スペインの培養肉企業BioTech …

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Pr…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

ImpacFatが世界で初めて培養魚脂肪の試食会を実施

細胞培養により魚の培養脂肪を開発するシンガポール企業ImpacFat(インパクフ…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP