Foovo Deep

米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製品を市販予定

 

細胞培養で代替ペットフードを開発するWild Earthは先月、細胞由来のミートブロススープを開発し、2023年に発売予定であることを発表した。

同社の細胞由来の鶏がらスープは、ペットフード業界で最初に導入される培養肉製品になるという。

Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製品市販へ

出典:Wild Earth

Wild Earthは、生き物や地球に悪影響を与えることなく、動物を犠牲にしない完全栄養のクリーンなドッグフード開発を使命に2017年に設立された。同社はこれまで植物性成分を使ったビーガンペットフードを販売してきたが、次のステップとして、培養肉を使ったペットフード開発に取り組んでいる。

Wild Earthの共同創業者兼CEOであり、多くの代替タンパク質企業に出資しているRyan Bethencourt氏は、ペットフードに関連するカーボンフットプリントはアメリカで消費される肉全体の30%を占めると指摘したうえで、「その必要はない」と言及。

Bethencourt氏はさらに、「集約畜産による製品を持続可能で動物を犠牲にしないクリーンな細胞由来肉に置き換えることで、ペットフードに使用される低品質で時に汚染された肉の問題を解決し、ペットフード業界全体の持続可能性を改革できます」と述べている。

細胞由来のミートブロススープは、Wild Earthの独自技術を使用してカリフォルニア州バークレーにある研究室で作成された。開発には、動物食品科学者や獣医が関わっている。

細胞農業によるペットフード開発が活発化

出典:Because, Animals

Wild Earthのほかにも、細胞農業でペットフード業界を変えようとする動きが進んでいる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Wild Earth

 

関連記事

  1. プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDI…
  2. 酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600…
  3. 米Atlantic Fish Co、世界初の培養ブラックシーバス…
  4. 量子ドットを活用して温室フィルムを開発するUbiQD、電気を使わ…
  5. 精密発酵で乳タンパク質を製造するImagindairyが約14億…
  6. Fresh Insetが開発した食品鮮度保持技術Vidre+Co…
  7. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…
  8. 米培養肉Upside Foods、カリフォルニアに培養肉工場を開…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

極限環境微生物で代替パーム油を開発するシンガポール企業Biteback Biotechnology|創業者インタビュー

微生物を活用した代替パーム油の開発が活発化している。今年3月には、油脂酵…

中国初の菌糸体タンパク質スタートアップ70/30、今年後半に全国販売へ

世界的にバイオマス発酵、精密発酵による代替タンパク質の開発が進む中、中国でも最初…

パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資金を調達

次世代自販機を開発するBolkが、シードラウンドで400万ユーロ(約5億2000…

米スーパー大手クローガーがドローンによる食料品配達を正式に実施

アメリカのスーパーマーケット大手クローガーは6月に、ドローンを使った食料品配達を…

日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製

日本ハムは、培養肉の生産過程で必要となる培養液の主成分を、動物血清から食品成分に…

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foodsが日本で登録商標を取得

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/18 13:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/17 22:30時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/18 02:16時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/18 18:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/18 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/17 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP