Foovo Deep

代替母乳を開発するTurtleTreeがシリーズAで約34億円を調達

 

シンガポール、アメリカを拠点とする代替母乳企業TurtleTreeがシリーズAラウンドで3000万ドル(約34億円)を調達した。

ベルギーのベンチャーキャピタルVerso Capitalがラウンドを主導した。プレスリリースによると、これはアジアの細胞農業領域では最大規模となる調達額となる。今回の資金調達により、同社の調達総額は4000万ドル(約45億円)を超えた。

細胞ベースの母乳開発企業、シリーズAで約34億円を調達

TurtleTreeは細胞農業により代替母乳、代替ミルクを開発するスタートアップ。

同社は乳腺細胞を採取し、これらの細胞を増殖させてから、同社独自の泌乳培地にいれる。この培地は哺乳類に存在するさまざまな成分から構成され、細胞がこの泌乳培地をミルクに変換する。

培養肉との違いは、細胞培養による母乳では最終産物に細胞が残らないこと。そのため、安全性評価は、培養ミルクと母乳の生物学的類似性にのみ基づくと共同創業者のFengru Lin氏は語る。

共同創業者のMax Rye氏(左)とFengru Lin氏(右)出典:TurtleTree

TurtleTreeは初期の目標として、「微生物プラットフォームを活用して乳成分を生産」する。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養…
  2. 空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千…
  3. 精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワ…
  4. 菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyFor…
  5. MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出
  6. スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入
  7. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  8. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…

おすすめ記事

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業を効率化

カリフォルニアを拠点とするHyphenは、外食産業向けの新しいキッチンプラットフ…

Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と植物性マグロの販売を拡大へ

植物由来や細胞培養の代替シーフードを製造するアメリカのFinless Foods…

インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始

アメリカの代替肉企業インポッシブルフーズが、新たにインポッシブル・ソーセージを小…

精密発酵で母乳タンパク質を開発するHelainaがシリーズAで約22億円を調達

精密発酵で母乳タンパク質を開発するHelainaがシリーズAラウンドで2000万…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP