Foovo Deep

代替母乳を開発するTurtleTreeがシリーズAで約34億円を調達

 

シンガポール、アメリカを拠点とする代替母乳企業TurtleTreeがシリーズAラウンドで3000万ドル(約34億円)を調達した。

ベルギーのベンチャーキャピタルVerso Capitalがラウンドを主導した。プレスリリースによると、これはアジアの細胞農業領域では最大規模となる調達額となる。今回の資金調達により、同社の調達総額は4000万ドル(約45億円)を超えた。

細胞ベースの母乳開発企業、シリーズAで約34億円を調達

TurtleTreeは細胞農業により代替母乳、代替ミルクを開発するスタートアップ。

同社は乳腺細胞を採取し、これらの細胞を増殖させてから、同社独自の泌乳培地にいれる。この培地は哺乳類に存在するさまざまな成分から構成され、細胞がこの泌乳培地をミルクに変換する。

培養肉との違いは、細胞培養による母乳では最終産物に細胞が残らないこと。そのため、安全性評価は、培養ミルクと母乳の生物学的類似性にのみ基づくと共同創業者のFengru Lin氏は語る。

共同創業者のMax Rye氏(左)とFengru Lin氏(右)出典:TurtleTree

TurtleTreeは初期の目標として、「微生物プラットフォームを活用して乳成分を生産」する。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. インポッシブルフーズが今秋に植物チキンナゲット発売へ
  2. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…
  3. ひよこ豆タンパク質粉末を開発するChickPが約9億円を調達
  4. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  5. イギリスのマクドナルドがマックプラントを導入、2022年に全国導…
  6. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備
  7. イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発
  8. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…

おすすめ記事

微生物とAIで新素材を発見するKingdom Superculturesが約28億円を調達

天然の微生物を組み合わせて新しい素材を開発する米Kingdom Supercul…

携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amuletが約4億5000万円を調達

食品のアレルギー物質を調べるポータブルデバイスを開発するAllergy Amul…

日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製

日本ハムは、培養肉の生産過程で必要となる培養液の主成分を、動物血清から食品成分に…

代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2000億円を超過

代替肉企業インポッシブルフーズが最新のラウンドで5億ドル(約560億円)を調達し…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP