代替プロテイン

米培養肉Upside Foods、カリフォルニアに培養肉工場を開設

 

アメリカの培養肉企業Upside Foodsは、培養肉などさまざまな細胞農業製品を生産する施設が完成し、開設したことを発表した。

カリフォルニア州エメリービルに設置された工場は、年間約22トン(50000ポンド)の生産規模だが、今後は約180トン(40万ポンド)まで生産量を拡大する。

Upside Foodsが培養肉工場を開設、広さはコンビニ50店舗分

出典:Upside Foods

2015年に設立されたUpside Foods(元メンフィスミーツ)は、年末までにアメリカでの販売許可取得を目指している。現在は培養鶏肉の開発に焦点をあてているが、これまでに鶏肉、シーフード、鴨肉、ミートボールなどさまざまな製品開発に取り組んできた。

食肉加工大手タイソンフーズ、ソフトバンク、カーギルなど名だたる企業から出資を受け、これまでの調達総額は2億600万ドル(約233億円)となる。

カリフォルニア州の工場は「工学、生産、イノベーションセンター(Engineering, Production, and Innovation Center, EPIC)」という名称で、広さは53,000平方フィート(約4900㎡)。概ね、コンビニ50店舗分に相当する。

住宅、レストランが立ち並ぶ市街地に位置し、近隣の住民は培養肉がどのように生産されるかを直接見ることができる。

工場ではシーフード、家禽類などさまざまな種の培養肉を、動物から採取した細胞を培養して直接生産する。

出典:UPSIDE Foods

最初に市販化する商品は培養鶏肉となるが、Upside Foodsはこれまでに牛肉、鴨肉などほかの培養肉を開発している。同じ種の培養肉でも、ひき肉からブロック肉までさまざまな質感の食肉を生産する予定だという。この工場では新しい商品、生産プロセスの開発も手掛ける。

新工場開設に伴い、施設内のさまざまな機器、機能を管理・保守するためにエンジニア、専門家など新たに50名を雇用する必要があるという。

「2015年にUpside Foodsを設立したとき、当社は懐疑的な見方であふれる世界でただ1つの培養肉企業でした。(培養肉)生産を拡大するという夢について語った時、それはまさに夢でした。本日、その夢が現実になります。小さな細胞からこの工場までの道のりは信じられないものでした。私たちはまだ開始したばかりです」

(創業者・CEOのUma Valeti氏)

今後は年間約180トン(1日500kg)の培養肉を生産

出典:Upside Foods

この工場は、現時点では年間約22トン(50000ポンド)の生産量だが、最終的には年間約180トン(40万ポンド)、つまり1日500kgの生産量に拡大する予定

施設の中心には、肉を培養する巨大なバイオリアクターが立ち並ぶ培養室がある。バイオリアクターの周囲には細い銀色のパイプが迷路のように張り巡らされている。装置の状態を報告するための測定装置が従業員から見える位置に設置され、通路によっては作業スタッフは、側面と上部からバイオリアクターをモニタリングできるようになっている。

出典:Upside Foods

Upside Foodsの施設には、食肉生産装置のほか、従来の食肉処理や加工施設に共通する機能も備わっている。例えば、製品が安全であることを確認するための品質保証室や、当局スタッフがプロセスを監督するためのオフィスなどがある。試食のための近代的なキッチンや、従業員が利用するオフィスや会議室も併設されている。

2022年1月には一般消費者向けのツアーを実施する予定。

培養肉工場はアメリカ、イスラエル、カタール、シンガポール、ベルギーに

出典:Upside Foods

今回の新施設発表は、Upside Foodsによる培養肉の市販化に向けた動きの中で最新のニュースとなる。5月にはホールフーズCEOが出資に参加。9月にはサンフランシスコでレストランを経営するミシュラン星付きシェフとの提携を発表した。

今年、培養肉用の工場建設を新たに発表した企業はUpside Foodsだけではない。

世界で初めて培養肉をシンガポールで販売したイート・ジャストは9月、カタールに生産施設の建設を発表した。

出典:Upside Foods

イスラエルのFuture Meatは同国に1日に500kgを生産できる生産施設を建設、7月にはネスレと協業、最近ではイスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領が同社の培養肉を試食した。

培養肉企業として最初にナスダック上場を実現したイスラエルのMeaTechはベルギーに培養油脂の実証プラントを建設することを発表している。

培養魚を開発する香港のAvant Meatsは、来年シンガポールに実証プラントを建設する。

Upside Foodsは現在、規制当局の審査待ちの状態にある。年内にアメリカで培養鶏肉の販売を目指しているが、許認可を取得できるか否かにより、今後の動向が注目される。

 

参考記事

UPSIDE Foods Opens Cultivated Meat Engineering, Production, and Innovation Center (EPIC) as next step in commercialization journey

UPSIDE Foods’ New ‘EPIC’ Facility Can Make 400,000 Pounds of Cultivated Meat a Year

Upside Foods opens plant capable of making 50K pounds of cultivated meat a year

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Upside Foods

 

関連記事

  1. 培養肉用の安価な食用足場を開発するエストニア企業Gelatex|…
  2. 牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Culture…
  3. AngelList初のローリングファンド、Sustainable…
  4. チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続…
  5. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?
  6. 【世界初】Shiok Meatsが試食会で培養カニ肉料理を発表
  7. 小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNU…
  8. Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット…

おすすめ記事

機械学習でタンパク質収量を増やす英Eden Bioが約1.6億円を調達、精密発酵の課題解決へ

機械学習を使用してタンパク質収量を増加させるイギリスのバイオテック企業Eden …

培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kgを実現、2023年に培養エビ上市へ

アジアにおける培養シーフードの先駆けであるシンガポール企業Shiok Meats…

植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性の伸びるチーズと霜降り肉技術の使用権を獲得

Motif FoodWorksは植物肉・植物チーズをより本物に近づける技術の独占…

ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約57億円を調達

植物ベースのビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryがシリーズ…

マイコプロテインの英ENOUGHが年産1万トンの工場をオランダに建設、年内上市を計画

マイコプロテインを使った代替タンパク質を製造するイギリスのENOUGH(旧称3F…

菌糸体からベーコンを開発する米MyForest Foods、年産約1300トンの新工場を開設

菌糸体を使って代替ベーコンを開発する米MyForest Foodsは先月、新工場…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP