代替プロテイン

イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得

 

米イート・ジャストの代替卵JUST Egg(ジャスト・エッグ)の主要成分が、欧州食品安全機関(EFSA)の安全性承認を取得した。欧州委員会の審査完了後、同社は2022年半ばまでにヨーロッパでのJUST Egg発売を目指す。

JUST Eggは緑豆を主成分とする代替卵で、イート・ジャストの代表的商品としてアメリカ、カナダ、香港、シンガポール、中国、南アフリカ、韓国で販売されている。念願の欧州進出が実現すれば、同社の国際的な存在感がさらに高まることとなる。

イート・ジャストは2020年3月に欧州当局に申請書類を提出していた。EFSAは報告書の中で「緑豆タンパク質は提出された使用条件において安全である」と回答。これにより、同社の代替卵JUST Eggは、EFSAの栄養、新規食品、食品アレルギーに関するパネルで安全であることが承認された。

プレスリリースによると、同社は、新規食品に関する資料作成とEFSAへの提出で、健康製品の規制に特化したコンサルティング機関analyze & realize GmbHと協力したと発表している。

2022年のヨーロッパ進出を目指す

出典:Eat Just

イート・ジャストが最初に欧州進出を発表したのは1年前にさかのぼる。当初、EUの承認を得られ次第、ドイツ、イタリア、オランダなど西ヨーロッパへの2021年の進出を目指していたが、予定より遅れる形となった。

今回のプレスリリースでは、ヨーロッパのどの国に進出予定かは言及されていない。

ヨーロッパでは植物ベース食品への関心、需要が高まっており、2019年から2020年にかけて植物ベース食品の小売売上は28%増え、36億ユーロとなった。ヨーロッパのヴィーガン人口は、2016年の130万人から2020年には260万人に増え、4年で倍増している。

2020年5月に発表された欧州委員会の「Farm to Fork戦略」などの政府プログラムも、より健康的で環境的に持続可能な食品システムを提唱している。欧州植物由来食品同盟などの業界団体は、欧州委員会、欧州議会、EU評議会の加盟国に対し、植物ベース食品セクターの成長を可能にし、気候変動、公衆衛生などの問題に貢献するよう呼びかけている。

こうした流れを背景に、代替卵市場は今後さらに伸びる可能性が高い。

培養肉でも業界をリード

出典:GOOD Meat

イート・ジャストは代替卵のほか、培養肉の開発も手掛ける。

昨年にはシンガポールで、世界で最初に培養肉料理を販売した企業となった。今年には同国で培養肉料理の世界初のデリバリーも実施している。

代替卵の国際展開に続き、培養肉でもシンガポールに続き、アメリカ、カタールでの販売を目指しており、同社の培養肉部門GOOD Meatは今年になってから300億円以上を調達している。

同社は今年後半から来年にかけて新規株式公開(IPO)すると予測される。

 

参考記事

JUST Egg’s Key Ingredient Receives European Safety Approval, Paves Way for Launch

Eat Just Gets European Safety Approval For Key Ingredient In JUST Egg, Plans European Launch

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イート・ジャスト

 

関連記事

  1. イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが米国でGRAS自…
  2. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…
  3. トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoo…
  4. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…
  5. 精密発酵カゼインで乳製品業界の変革を目指すFermifyが約6.…
  6. イギリスのマクドナルドがマックプラントを導入、2022年に全国導…
  7. ベルギーのPaleoがペットフード業界に参入|精密発酵ミオグロビ…
  8. 果物の廃棄物を活用して精密発酵脂肪を開発するZayt Biosc…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

自律型サービスロボットを開発したBear RoboticsがシリーズBで約100億円を調達

接客ロボットと人工知能を活用したソリューション領域での先駆者であるBear Ro…

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

培養肉生産の複雑さを乗り越える(Gelatex-Athanasios Garoufas氏による寄稿文)

本記事は、Gelatex Technologies(エストニア企業)で最高事業開…

GOOD Meat、Upside Foodsの2社がUSDAの表示認証を取得、培養肉上市まであと1ステップ

アメリカの培養肉企業GOOD Meat (イート・ジャストの培養肉部門)とUps…

ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表

食品・日用品大手のユニリーバが、精密発酵により作成したアイスクリームを約1年以内…

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP