新しい食

携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amuletが約4億5000万円を調達

 

食品のアレルギー物質を調べるポータブルデバイスを開発するAllergy Amuletがシードラウンドで410万ドル(約4億5000万円)を調達した。

同社は携帯可能なアレルギーセンサーを開発するアメリカ・ウィスコンシン州を拠点とするスタートアップ企業。

ホームページには「世界で最小かつ最速のアレルギーセンサー」と書かれている。

アレルギーセンサーは、USBサイズのリーダー(読み取り機)とテストストリップの2つのパーツから構成され、1分で食品に含まれるアレルギー物質を検知する。

使い方はシンプルで、ユーザーはテストストリップに食品を塗布し(STEP01)、ケースに挿入する。このケースをデバイスに差し込む(STEP02)と、アレルギー物質を検知し、1分で結果が出る仕組みとなっている。

出典:Allergy Amulet

このデバイスは、分子インプリンティング技術を組み込んだ分子インプリントポリマー(MIP)となる。

MIPとは、鋳型を取る分子(鋳型分子)と機能性モノマーの複合体を形成させ、架橋剤と共に共重合した後、鋳型分子を除去することで、鋳型分子に対して相補的な結合空間をもつものをいう。

引用:抗体をこえるか?―分子インプリンティングの新展開

わかりやすくいうというと、センサーには下記のように大豆などのアレルギー物質の分子構造に一致する空洞が多数あり、センサーが同一の分子構造を検知することで、対象食品中にアレルギー物質があるかを迅速に検査できるようになっている。

出典:Allergy Amulet

結果を保存し共有できるようにスマートフォンアプリも用意されている。

Allergy Amuletによると、カップケーキ、グラノーラバー、サラダ、スープなど、固体または液体のさまざまな食品をテスト可能だという。

現在、ピーナッツと大豆のアレルギー検査キットとして年内の発売を目指している。

将来的にはナッツ、魚、甲殻類、小麦、卵、牛乳、グルテン、ゴマなどほかのアレルギー物質についても検査できるようにしたいという。

アレルギー物質ごとにリーダーの購入は不要で、1回の購入ですむ。

Allergy Amuletのアレルギーセンサーは、キーホルダーとして鍵と一緒に携帯したり、ネックレスにしたりできる。

アメリカでは年間20万人が食品によるアレルギー反応のために緊急の医療措置が必要になるとされる。

3200万人のアメリカ人が何らかの食品アレルギーを抱えており、そのうち17%は18歳未満とされる。

出典:Allergy Amulet

Allergy Amuletのようにアレルギー問題に対する取り組みは他にもあり、Nimaピーナッツグルテンを検知するポータブルデバイスを開発している。

Allergy Amuletの商品が市販化されると、検知できるアレルギーの種類からNimaの強力な競合となりうる。

食品に含まれるアレルギー物質を検知するアプローチではなく、アレルギーにならない食品に「変身」させようとする試みもある。

Ukkoは小麦などアレルギーを含む原料からゲノム編集技術を使って、アレルギーの原因となる部位を除去することで、アレルギー反応を起こさない改変グルテンを開発している。

Allergy Amuletは自身も多数のアレルギーを抱えるAbigail Barnes氏(共同創業者、CEO)によって設立された。

自身もアレルギーを抱えるAbigail Barnes氏 出典:Allergy Amulet

注意深く伝えても、レストランでは間違いが起こる。

アレルギーで悩む人にとって、外食は「ロシアンルーレットのようだった」と語るBarnes氏は、自身のようにアレルギーのある人が外食のときにも安心して食べられるよう、迅速かつ携帯可能なデバイスを開発する必要を感じ、2016年にAllergy Amuletを立ち上げた。

今回のラウンドにはAller FundとLightship Capitalが参加した。同社の調達総額は約560万ドル(約6億1000万円)となる。

 

参考記事

Allergy Amulet Expands Seed Round to $4.1 Million

Allergy Amulet Raises $3.3M for Food Allergen Detection Device

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Allergy Amulet

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. イスラエルDouxMatokの砂糖を減らしても甘さが変わらない画…
  2. キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと…
  3. ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約…
  4. 家庭用チョコレートメーカーChocomake|自分好みのチョコ作…
  5. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  6. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  7. 誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラ…
  8. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…

おすすめ記事

じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodとは

現在、プラントベースの代替チーズの原料は、カシュー、アーモンド、ココナッツ、大豆…

空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千万円を調達、2022年までに生産工場稼働へ

このニュースのポイント●フィンランドSolar …

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トップ10のレストランと提携

3Dプリンターを活用してステーキ肉を作るスペイン企業Novameat(ノバミート…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP