代替プロテイン

培養サーモンの米WildTypeが培養シーフード業界史上最大の約114億円を調達

 

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカ企業WildType(ワイルドタイプ)は23日、シリーズBラウンドで1億ドル(約114億円)を調達したことを発表した

培養シーフード企業への出資額では過去最大規模となる。

アメリカの投資会社L Cattertonがラウンドを主導、新たに俳優のレオナルド・ディカプリオ氏、ジェフ・ベゾス氏のベンチャーキャピタルBezos Expeditions、シンガポール政府系ファンドのテマセクカーギルS2G Ventures、ロバート・ダウニー・JrのベンチャーキャピタルFootPrint Coalitionなどが参加した。

これにより、WildTypeの調達総額は1億2000万ドルを超えた。

高級レストランを通じた最初の市場投入を目指す

出典:Wildtype

WildTypeは鮭の細胞を分離し、バイオリアクターで成長させて培養サーモンを生産する。「地球上で最もクリーンで持続可能なシーフードを作る」ことを使命に2016年に設立された。

同社は昨年、寿司用の培養サーモンを発表、サンフランシスコに初となる生産施設をオープンした。12月には大衆向け寿司レストランとの提携を発表

FDAの承認を得られ次第、間もなく発表されるパートナーとなる高級レストランを通じ、製品を市場に投入することを計画している。

今回のラウンドに参加した俳優のレオナルド・ディカプリオ氏は、天然魚の個体数がかつてない脅威にさらされていることに言及したうえで、「WildTypeは信じられないサーモンで、間違いなく私たちの食品システムを変えるでしょう」とコメントしている。

シリーズBに到達する培養肉企業が増加

出典:Wildtype

WildTypeが昨年開設した生産施設の短期的な生産能力は5万ポンド(約22トン)だが、長期的には最大20万ポンド(約90.7トン)までスケールアップが可能とされる。

同社は調達した資金で、「生産能力の劇的な拡大」を図る。

同社は海外メディアThe Spoonのインタビューに対し、サンフランシスコの新しい施設に移転し、太平洋岸北西部に新しい生産施設をオープンすると回答している。しかし、生産能力を拡大しても、技術とプロセスを改良するため、今後数年間は生産量が非常に限られることにも言及している。

WildTypeの培養サーモンは魚を殺すことなく、水銀やマイクロプラスチックの汚染リスクのないクリーンな代替魚として市販化が期待される。

共同創業者のJustin Kolbeck氏(左)とAryé Elfenbein氏(右) 出典:Wildtype

同社の製品が流通するには、FDAの承認が必要となるが、アメリカで販売許可を取得した培養肉企業はまだない。同社共同創業者のJustin Kolbeck氏は、当局との交渉は「スムーズで、FDAがまもなく青信号を出すことを期待」しているとコメントしている。

WildTypeをはじめ、アメリカで培養肉・培養魚にいつ販売許可が下りるのか、今年の注目ポイントといえる。培養肉では昨今、大型資金調達が続いており、2020年以降、WildType、Future Meatアレフ・ファームズモサミートUpside FoodsがシリーズBラウンドへ進んだ

培養魚ではアメリカのブルーナルが昨年、約62億円を調達していたが、WildTypeの今回の調達はそれを上回る規模となった。

 

参考記事

Wildtype Sets Course to Bring Cultivated Seafood to Market with $100 Million Series B Funding Round

Wildtype Raises $100 Million in Series B Funding, Largest Ever for Cell Cultivated Seafood Company

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:WildType

 

関連記事

  1. AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性…
  2. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸
  3. 牛を手放し「型破り」な転身を実現したイギリス農家と、それを支援す…
  4. 伝統的なチーズ製法で植物チーズを開発するデンマーク企業FÆRM
  5. アニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエルRemilkが約…
  6. 米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画
  7. 米Lypid、独自のビーガン脂肪を使用した代替豚バラ肉Lypid…
  8. EUが出資するFEASTSが発足:欧州における培養肉・培養シーフ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

酵母クリームのCultivated Biosciences、2025年の米国進出に向けて約7.3億円を調達

代替乳製品の食感を改善するために酵母由来の脂肪成分を開発するスイス企業Culti…

食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Meatの「Clean meat as a service」

培養肉はクリーンミート、細胞培養肉とも言われ、動物を殺さずに食肉を生産する新たな…

鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego Bioが約12億円のシード資金を調達

精密発酵により卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego Bioはシード…

植物ステーキ肉のChunk Foodsが約20億円のシード資金を調達

イスラエルの植物肉企業Chunk Foodsは、昨年11月にシードラウンドで15…

800DegreesとPiestroが提携し完全自動のピザ自販機製作を開始

自動ピザ製造販売機を製作しているPiestroは昨年8月、大手ピザレストランの8…

Redefine Meatが70のレストランと新規パートナーシップを締結

3Dプリンターを活用して植物性代替肉を製造販売するイスラエルのRedefine …

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP