Foovo Deep

スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミニヨンステーキを開発

 

スロベニアのスタートアップ企業Juicy Marbles100%植物原料でできたフィレミニヨンステーキを開発したことを発表した。

フィレミニヨンはヒレの尾の方の先端に近い部分に相当し、柔らかくて高級な肉とされる。

Juicy Marblesは特許出願中の「Meat-o-matic Reverse Grinder」という独自技術により、植物原料だけを使って、霜降りフィレミニヨンの食感、外観、味を再現することに成功した。

世界初!植物ベースのフィレミニヨンステーキ

出典:Juicy Marbles

現在、市場にある植物性代替肉の多くはひき肉、ソーセージ、薄切り肉が主流で、Juicy Marblesのようにステーキを模倣した商品は多くない

Juicy Marblesによる本物そっくりなフィレミニヨンは、大豆、小麦、ひまわり油を主原料とする。

製造方法の詳細は公開されていないが、植物原料でできた繊維を下から上へ並べて積層させることで筋肉と脂肪からなる「霜降り」を再現しているという。

現在、公式サイトで期間限定で販売されている。販売価格は600gあたり147.5ドル(約16000円)で、大人4人分の量となる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 【5/17】廉価な成長因子を開発するスタートアップNUProte…
  2. Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカ…
  3. Novameatが約7億円を調達、独自3Dプリント技術による代替…
  4. 培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を…
  5. マクドナルドがアメリカでマックプラントの試験販売を終了
  6. 牛乳の全成分を含んだ培養ミルクを開発するカナダ企業Opalia
  7. 豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM
  8. イスラエルの精密発酵企業Remilk、アメリカで上市を実現

おすすめ記事

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等なアニマルフリー卵タンパク質を発表

微生物発酵を活用して卵タンパク質を開発するクララフーズが社名変更を発表した。…

フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juiceが約8.8億円を調達

天然ジュースの砂糖を減らす技術を開発するイスラエル企業Better Juiceが…

豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM

昨今、細胞培養による代替肉、代替乳製品、代替魚、代替コラーゲン、代替チョコレート…

培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが約2.4億円のシード資金を調達

培養肉開発に使用するアニマルフリーな血清を開発するMultus Mediaが16…

ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFuture Fields

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsは、これまで技術の詳細…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP