Foovo Deep

Jellatechが約5億円のシード資金を調達、細胞由来コラーゲンの開発を加速

 

動物に依存することなく、細胞農業により動物由来と同等のコラーゲンを開発する米Jellatechが新たに資金調達を実施した。プレスリリースによると、応募超過となったシードラウンドで350万ドル(約5億円)を調達した。

コラーゲンは医療、健康、パーソナルケア、美容、素材、食品、飲料業界と幅広く使用されているが、これまで動物の皮、骨、結合組織などから供給されていた。最近の調査では、ブラジルの熱帯雨林の破壊要因となっている農場で飼育された何万頭もの牛が、コラーゲンの生産に使用されていることが判明している

こうしたコラーゲンが抱える持続不可能な点に早くから着目したのが、ノースカロライナ州に拠点を置くJellatechだ。

2020年設立のJellatechは昨年、独自の細胞株を使用し、三重らせんで機能的な全長コラーゲンの生産に成功。今年3月にはこれまでのウシ、豚に加えて、ヒト全長コラーゲンの開発に成功している。

Jellatechが約5億円のシード資金を調達

CEOのStephanie Michelsen氏 出典:Jellatech

Jellatechは細胞農業により、天然コラーゲンの生産プロセスから動物を排除し、より持続可能な高品質コラーゲンの生産を目指している。

Jellatechの技術は、細胞由来コラーゲンが2022年には94億ドル規模に達した世界のコラーゲン市場を破壊し、従来のコラーゲン生産に伴う二酸化炭素排出量を大幅に削減する可能性を秘めている。コラーゲンはJellatechの最初のターゲットであり、今後も開発対象を拡大していく予定だ。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Jellatech

 

関連記事

  1. フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功
  2. 食べられるコーヒーカップを開発したCupffeeが約2.6億円を…
  3. ドイツのPlanet A Foodsが代替チョコレートをスーパー…
  4. 培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガ…
  5. 精密発酵で着色料を開発するMichromaが約8.4億円を調達
  6. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  7. Quornの親会社Marlow Foods、マイコプロテインを他…
  8. Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

コカ・コーラ、ペットボトルなど容器を回収するリバース自販機を発表

写真はOlynsがデザイン、開発したOlyns Cubeコカ・コーラは今月、…

携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amuletが約4億5000万円を調達

食品のアレルギー物質を調べるポータブルデバイスを開発するAllergy Amul…

南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の培養肉バーガーを発表

南アフリカ、ケープタウンを拠点とする培養肉企業Mzansi Meatは2年の研究…

培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogenesisが約3.2億円を調達

フランスのCore Biogenesisが2020年11月にシードラウンドで26…

サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Biosciencesが約9億円を調達

ドイツの培養魚スタートアップ企業Bluu Biosciencesが700万ユーロ…

ダノンが細胞培養母乳を開発するイスラエル企業Wilkに出資

大手乳業メーカーのダノンは今月、細胞培養により代替母乳を開発するイスラエル企業W…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/28 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/29 00:19時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/28 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/28 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP