レストランテック

クラフト・ハインツがカスタマイズ可能なソースディスペンサーHEINZ REMIXを発表

 

グローバルな食品メーカー・クラフト・ハインツは、同社初のカスタマイズ可能なソースディスペンサーHEINZ REMIX発表した

わずか6ヶ月で開発されたHEINZ REMIXは、200以上のソースを組み合わせられるもので、同社の食品部門であるAway From Home部門の最新のイノベーションとなる。

HEINZ REMIXは今月開催された全米レストラン協会(NRA)ショーで披露されたほか、今年後半から来年初頭にかけてレストランに試験導入される。

HEINZ REMIXでカスタマイズソースを作成するには、タッチスクリーンを操作して、ハインツ・ケチャップ、ランチ、57ソース、BBQソースからベースを選択する。次に、ハラペーニョ、スモーキーチポトレ、バッファロー、マンゴーなどの「強化剤」を加える。「強化剤」は低、中、高の3つの強度から選択できる。

消費者の真のニーズを探る

全米レストラン協会(NRA)ショーの様子 出典:Kraft Heinz

同社のディスラプション部長を務めるAlan Kleinerman氏は、「企業として、私たちは成長を促進し、消費者に新たな体験を生み出すために、より大きく意図的な挑戦をすることで、イノベーションを通じた変革を進めています」と述べている。

さらに、「HEINZ REMIXは単なるソースディスペンサーではありません。消費者のトレンドとフレーバーの好みをリアルタイムで把握し、対応するのに役立つインサイトエンジンであり、ビジネスモデルの基盤となるものです」と述べ、消費者を第一としたイノベーションの必要性に触れている。

CNBCの報道によると、顧客はクラフト・ハイウンツに対し、よりスパイシーな調味料や、甘さと風味を組み合わせた調味料を求めており、レストラン経営者は同社に、バリエーションの増加を求めてきたという。消費者と外食サービスの声が、HEINZ REMIXの主なインスピレーションとなったとKleinerman氏はCNBCに明かしている。

クラフト・ハイウンツは、ソースディスペンサーのデータを活用して、食料品店で発売する新製品を決めることを計画している。消費者が欲しいと言いながら買わない製品ではなく、本当に望んでいる新製品を作り出したいと考えている。

 

参考記事

Kraft Heinz Unveils HEINZ REMIX™, The First Customizable Digital Sauce Dispenser

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Kraft Heinz

 

関連記事

  1. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発
  2. 夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具S…
  3. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  4. フランスのピザロボットレストランPazziが操業停止
  5. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  6. xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、80…
  7. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  8. トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-service」を本格始動

食用タンパク質で精密発酵をリードする米パー​​フェクトデイ(Perfect Da…

イギリス政府が持続可能な代替タンパク質の開発に約25億円を出資

英国研究・イノベーション機構(UKRI)の一部であるバイオテクノロジー・生物科学…

砂糖削減に取り組むBetter Juice、ドイツにパイロット施設の設置を発表

砂糖削減テックに取り組むイスラエルのBetter Juiceは、ドイツにパイロッ…

英培養肉企業Higher Steaksが約43億円を調達、社名をUncommonに変更

イギリスの培養肉企業Higher Steaksが社名をUncommonに変更した…

2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去10年の投資額の半分が2020年に集中

GFIは、2020年は植物ベースの肉、卵、乳製品など動物性食品に代わる代替品を開…

黄エンドウ豆から代替チーズを開発する英スタートアップ、英政府系機関から助成金を獲得

ノッティンガム大学のスピンオフベンチャーであるThe Good Pulse Co…

次回Foovoイベントのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

培養魚企業レポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(12/04 10:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(12/04 20:07時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(12/03 23:30時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/04 17:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/04 09:52時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/04 19:39時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP