レストランテック

スペインのRemy Robotics、ロボットによるバーチャルレストラン「Better Days」を米国で立ち上げ

 

ロボット工学、AI、調理工学を組み合わせてレストラン業界の変革を目指すスペイン企業Remy Roboticsは、ニューヨークで同社初となるロボット調理レストラン「Better Days」の立ち上げを発表した

同社は「Better Days」について、ファストサービスのような価格と便利さで利用できる、フルサービスレストランの品質と味を備えたファストファイン店だと述べている。

「Better Days」はレストラン名だが、現在はバーチャルレストランの形態となる。「Better Days」の専用アプリのほか、ウーバーイーツ、ドアダッシュなど配達サービスプロバイダーを通じてニューヨーク市で利用可能だ。

70年前にマクドナルドが工業用組立ラインを応用して業界に革命を起こしたように、Remyはロボット工学とAIでレストラン業界を根本的に変えるようとしている。ポイントは、何を調理するかではなく、どのように調理するかだと同社は述べている

不可能と考えられていた方法でレストラン業界の変革に挑む

出典:Remy Robotics

プレスリリースによると、これまでのレストラン業界におけるロボット工学の応用は、ピザを製造する自動販売機や、フライドポテトを揚げるなど単一プロセスの自動化に限定されていたた。

Remyの「柔軟な自律型ロボットキッチン」は、約18.5㎡(200平方フィート)というわずかなスペースで、従来のキッチンのような換気システムや人間のシェフを必要とせず、複数種の食品と何百の料理を調理できるという。Remyの技術により、これまで不可能と考えられていた方法で、高品質の食品を大規模に生産することが可能になったと同社は主張している。

Remyはプラットフォームにハブアンドスポーク方式を採用している。これは、中心拠点となるハブに必要なものを集約させ、拠点(スポーク)毎に分散させる方法を指す。

同社の場合、人間のシェフが中央販売所(ハブ)で食品を準備し、特別に設計された包装でノードキッチンと呼ばれる場所(拠点)に輸送し、そこでロボットがすべての調理を行う。食品はオーブンに移される前に冷蔵され、Remyが「アルゴリズムレシピ」と呼ぶものを使用し、オーブンで特定の仕様に合わせて調理される。

調理が完了した食品にはAIアルゴリズムが適用され、食品の内部温度を監視する赤外線センサーと水分減少量を計算するスケールを使用して、食品の品質を管理している。

同社によると、注文がデリバリー、テイクアウト、イートインのいずれかに応じて、調理時間を自動で調整するという。

出典:Remy Robotics

数多くのレストランテックやフードロボットを紹介してきた米フードテックメディア・The SpoonのMichael Wolf氏はRemyのサービスについて、人間のシェフを模倣したロボットではなく、ロボットを中心とした食品生産のフロー全体だと説明している

「Remyは、高品質でおいしい食品を一貫して入手しやすく、かつ利益を出しながら大規模に製造するという、以前は不可能だと考えられていたことを実現するために存在しています」と創業者兼CEO(最高経営責任者)のYegór Traiman氏述べている

同氏はさらに、「ニューヨークでBetter Daysを立ち上げ、大きな一歩を踏み出し、何ができるのかを示し始めています。私たちの目標は、良い雇用を創出し、シェフの労働環境を改善しながら、手頃な価格でおいしい食べ物を誰もが利用できるようにすることです」と述べている。

Remyはこれまでに10万食以上の食事を提供してきた。同社初のファストファインレストラン「Better Days」に対し、ニューヨーク市民はどのような反応を示すだろうか。

 

参考記事

REMY Robotics launches in the United States radically transforming restaurants by making high quality healthy food affordable and accessible

Remy Launches in U.S. With Robot-Powered Virtual Restaurant in NYC Called Better Days

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Remy Robotics

 

関連記事

  1. 機械学習でフードロス削減に取り組むFloWasteが約1億240…
  2. ピザ自販機のBasil Streetが操業停止
  3. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  4. 韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショ…
  5. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  6. 英SEERGRILLSが開発した3分でステーキを焼き上げるAI搭…
  7. 独GoodBytzが開発した1日3,000食を調理できるロボット…
  8. インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Food…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養牛肉バーガーで早期の米国上市を目指すSCiFi Foodsが約30億円を調達

細胞培養による培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsは、最初の商品として培養…

植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円を調達

カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストが2億ドル(約219億円)という巨額の…

培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点-

2020年12月にシンガポールで培養肉が世界に先駆けて販売されてからもうすぐ2年…

二酸化炭素を使用して代替脂肪を開発するスウェーデンのGreen-On|食料生産から農業と耕作地を取り除くPower-to-food技術

今年1月に発表された「Fat Revolution is coming(脂肪革命…

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000…

イスラエル・イノベーション庁が精密発酵の施設設立へ

イスラエル・イノベーション庁(IIA)は、精密発酵で代替タンパク質を開発するため…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/22 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP