Foovo Deep

トッピングが選べるソフトクリーム自販機iCream、今後はアニマルフリー対応マシンも

 

アイスクリームを手軽に購入できる自動販売機といえば、セブンティーンアイスがおなじみだ。駅構内、ショッピングモール、スポーツ施設、観光地などあらゆる場所に設置されている。

では、ソフトクリームの自販機で思いつくものはあるだろうか?メニューからトッピング、決済まで無人で完結し、1分以内にできたてのソフトクリームを提供してくれる自販機。残念なことに、国内では見かけたことがない。

そんなソフトクリーム自販機iCreamがアメリカでは2021年に登場し、これまでに10箇所以上に導入されているという。

トッピングも選べるソフトクリーム自販機

出典:iCream

iCreamは私が欲しいと思っていたものをほぼ備えていた。

操作は簡単だ。タッチスクリーンからアイスクリームを選び、トッピング、ソースを選ぶ。ソースは無料だが、トッピングは1つあたり0.25ドルの追加費用が必要になる。トッピング付きの金額は4ドル。

注文後に決済画面へ進み、決済が完了するとソフトクリームの準備を進める。ソフトクリームがカップに分注され、ソースがかけられ、最後がトッピング。1分以内に通常お店で提供されるようなソフトクリームができあがる。

公式サイトによると、コーンでの提供はしておらず、カップ提供のみのようだ。

全米で10箇所以上に展開、昨年にはドバイへも

出典:iCream

Golden Goose Enterprisesが所有するiCreamは、2021年7月、ロサンゼルスのシティモールに初めて設置された

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:iCream

 

関連記事

  1. MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロ…
  2. 細胞農業で脱カカオを進めるフィンランドのチョコレートメーカーFa…
  3. オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提…
  4. UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured D…
  5. 規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull…
  6. Wilkが細胞培養による乳脂肪を使用したヨーグルト開発に成功
  7. 培養マグロを開発するWanda Fishが約10億円を調達
  8. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodとは

現在、プラントベースの代替チーズの原料は、カシュー、アーモンド、ココナッツ、大豆…

オランダ企業The Protein Brewery、マイコプロテインFermoteinの認可をシンガポールで取得

オランダのフードテック企業The Protein Breweryは先月、発酵由来…

3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9000万円を調達

3Dプリンターで植物性サーモンを開発するRevo Foodsが150万ユーロ(約…

3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを発表

3Dプリンターを活用して培養肉を開発する中国の培養肉企業CellXが培養豚肉のサ…

「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発

インドとロシアの研究者は、果物、野菜、肉、水産物を包装するための食用の食品フィル…

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP