ロボット

パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資金を調達

 

次世代自販機を開発するBolkが、シードラウンドで400万ユーロ(約5億2000万円)を調達した

フランスのベンチャーキャピタルKima Venturesがラウンドを主導した

パリに登場した次世代自販機Bolk

出典:Bolk

Bolkは2020年にフランス、パリに設立されたスタートアップ企業。同社の自販機は2平方メートルのスペースに設置でき、1時間に最大60食を提供できる。提供できる食事の種類は300種類に及び、温かいものから冷たいものまでさまざまな食事を提供できる。

自販機には24本のチューブが内蔵されており、チューブ内に各材料を収容する。使用する材料はすべてパリで調理され、月曜・水曜に補充される。

ユーザーが自販機のタッチパネルから、好きな材料、味付け、サイズを選ぶと、1分以内に食事が提供される。

Bolkは2022年に40台の自販機を生産し、イル・ド・フランスや他の地域に配置することを目指している。当面はオフィスに設置する考えだが、たくさんの人が行きかう公共スペースへの設置にも関心がある。

創業者のNicolas Jeanne氏は「今回の資金調達はわたしたちの成長のために重要なステップになります。これにより、マーケットの最初のシェアを獲得できるようになります」とコメントしている。

オーダーメイドの食事を45秒で準備

出典:Bolk

近年、Bolkのような、パーソナライズ化された食事を提供する自販機が海外で複数登場している。

限られたスペースに設置でき、24時間稼働できる自販機は、まさにどこにでも設置できる小型レストランといえる。コロナウイルスの感染拡大により、スタッフとの接触を減らす必要性が高まった今、注文から調理、提供、決済まで人が介在しない自販機の需要は特に高い。

日本では既製の製品を提供する自販機の文化が定着しているが、海外では好みのトッピングを選べるものや、焼きたてのピザを提供するなど、レストランを自動化したロボットが多数登場している。

「ケータリング部門は絶えず進化しています。私たちは、新しいセルフサービスの食事体験を構築し、企業とスタッフに、おいしく、環境に配慮した日替わりメニューの食事を最適な価格で提供しています。オーダーメイドで、一律45秒で作られますので、非常に新鮮です」

(創業者のNicolas Jeanne氏)

 

世界で登場している次世代自販機をまとめたレポートはこちらから▼

 

参考記事

Meet Bolk, a Robotic Bowl Food Canteen Company That Just Raised €4M

Self-service food startup Bolk closes €4m funding round

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  2. Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完…
  3. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発
  4. Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBar…
  5. Basil Streetがピザ自販機をアメリカの国際空港に導入、…
  6. スマイルロボティクスが開発した配膳・回収を完全無人化で行う自律走…
  7. 「移動型レストラン」自販機3.0のスウェーデン企業VEATが初の…
  8. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…

おすすめ記事

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

植物性の代替肉を開発するHungry PlanetがシリーズAラウンドで2500…

培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカのWildtype(ワイルドタイプ)…

米スーパー大手クローガーがドローンによる食料品配達を正式に実施

アメリカのスーパーマーケット大手クローガーは6月に、ドローンを使った食料品配達を…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

【世界初】米The Every Companyがアニマルフリーな「本物の卵白」を発売

カリフォルニアを拠点とするThe EVERY Companyは23日、世界初のア…

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが、プレシードラウ…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP