Foovo Deep

米ColdSnap、常温ポッドから2分で作れるソフトクリームマシンを年末に発売へ

 

カフェや観光地のお土産ショップなどで販売されるソフトクリームには、カップを専用マシンにセットして、押し出して提供されるものが多い。1回分のソフトクリームを無駄なく作れるが、使用されるカップは冷凍保存する必要があり、電気を消費するのが難点だ。

アメリカのフードテック企業ColdSnapが開発したソフトクリームマシンは斬新だ。

こちらも専用ポッドを使用するが、ポッドは常温保存でき、冷蔵の必要がない。ポッドをマシンにセットすると、わずか2分以内でソフトクリームが仕上がるというから驚きだ。

子供のアイディアから生まれたColdSnap

出典:ColdSnap

ColdSnapは、創業者Matthew Fonte氏の2人の子供のアイディアから始まった

毎晩、就寝前に親子3人は課題を解決するための発明日記をつけていた。そのトップリストの1つが、「使いやすい1回分のアイスクリームマシンの作り方」だった。

子供たちが考えた「約2分で問題なくアイスクリームを作ってくれるキューリング式マシン」のアイディアに可能性を感じたFonte氏は、2018年にColdSnapを設立した。

同社ソフトクリームマシンの使い方は簡単だ。

まず、アルミポッドをマシン上部に挿入し、蓋が完全に閉まるまでスライドを前方に引く。90~120秒待つと、ソフトクリームができあがる。「冷凍、混合、分注中に製品がマシンに触れない」ため、使用後にマシンを清掃する必要はない(アイスミックスそのものがマシンに触れないという意味だと思われる)。

冷凍保存だけでなく煩雑な清掃も不要にしている点も魅力といえる。

コールドチェーンから脱却するアイスクリーム

出典:ColdSnap

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:ColdSnap

 

関連記事

  1. スマイルロボティクスが開発した配膳・回収を完全無人化で行う自律走…
  2. The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク…
  3. ビル・ゲイツも出資|細胞培養により代替母乳の開発を目指すBiom…
  4. 奇跡の植物肉「ミラクルミート」を開発したDAIZに国内外から引き…
  5. 培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金…
  6. Else Nutritionとダノンが協業、アレルギー対応の乳製…
  7. NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ…
  8. シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo As…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養肉企業フューチャーミートが約394億円を調達、生産コストを110gあたり1.7ドルに削減

イスラエルの培養肉企業Future Meat(フューチャーミート)は20日、シリ…

イスラエルのImagindairy、精密発酵乳タンパク質を生産する工業規模の自社生産ラインを発表

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが、アメリカでのGRAS認証取得に…

ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約94億円を調達

Pairwiseは収量も栄養もあるのに、匂いなどの理由で人気のない食品を、ゲノム…

廃水を活用して菌糸体タンパク質を開発するHyfé Foods、スケールアップを前倒しで完了

代替タンパク質などの必需品を持続可能な方法で生産するアメリカの気候テック企業Hy…

DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提供を開始

熊本を拠点とする植物肉スタートアップのDAIZが海外進出を本格化する。D…

米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の液状卵EVERY Eggを発表

精密発酵で卵白タンパク質を開発する米The Every Companyが、鶏に依…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/14 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/15 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP