レストランテック

1時間に350杯のカクテルを作るバーテンダーロボット「Backbar One」

 

今まで様々な特徴を持つバーテンダーロボットが発売されてきたが、今回取り上げるアメリカ企業「Backbar One」はまた違った特徴をもつバーテンダーロボットだ。

エンジニアやソフトウェア開発者、デザイナーが集うBackbarチームは、カクテルを自動で作れる新しいバーテンダーロボット「Backbar One」を開発した。

既存のオペレーションに組み込めるバーテンダーロボット

出典:Backbar One

Backbar Oneは、既存のPOSシステムと統合することが可能になっている。注文が入った時にバーテンダーがやるのはグラスを置くことだけだ。

グラスを適切な位置に置き、ボタンを押すだけでロボットがそのカクテルを製造する。ボタンが押されるとベルトコンベアーに置かれたグラスやシェイカーにリキュール、氷などの材料が投入され、10秒ほどで一つのドリンクが出来上がる。1時間で最大350杯のドリンクを提供することが可能だという。

Backbar Oneには保管エリアが2段階構成で設置されている。

リキュールの保管エリアは28本、750mLと1リットルのボトルを収容できる。ジュースやシロップを入れる保管エリアは12本、5リットルのボトルを収容できる。

これらを含め、合計48種類の材料を投入できるため、複雑なカクテルメニューにも対応することが可能だ。

導入した店舗では47,000ドルを節約し、売上が19,000ドル増加した

出典:Backbar One

Backbar Oneを導入したBlack Diamond LoungeのオーナーであるDevlin Cleveland氏は、「バーの品質に匹敵するドリンクを正確かつ迅速に作ることができるものを探したいと思っていました。Backbarはそれ以上のことをやってくれます」と発言している。

Backbar Oneのプロダクトページでは、出されるリキュールやドリンクの量、料金やスタッフ数を入力するとひと月あたりに節約できる金額を算出できるようになっている。

Backbar Oneは5月、シードラウンドで350万ドル(約4億6000万円)を調達した。資金の調達により、労働力不足、高い在庫コスト、サービス提供のスピードに悩むレストランに新たな解決策を提供していくと思われる。

様々なバーテンダーロボットの登場

出典:Backbar One

これまでにも様々な企業がカクテルやドリンクを作るロボットを開発してきた。

Bartesianというカプセル式の家庭用カクテルロボットや、AIアニメーションが音声アシスタントのバーテンダーをしながらドリンクを製造するceciliaなどがある。ceciliaは1時間で最大120杯のドリンクを提供できるという。今回紹介したBackbar Oneはその約3倍となる。

日本でも過去にドリンク製造ロボットを導入した店舗がある。

2020年1月に池袋の「ゼロ軒めロボ酒場」で、ドリンクの注文を受け製造するロボットが稼働した。人間は閉店・開店作業と食材補充のみを行った。こちらは3月までの期間限定営業であったが、日本でも様々な調理/製造ロボットが登場してきているため、さらなる省人化や効率化が進みそうだ。

参考記事

The Backbar One Is The Robot Bartender Your Parents Would Approve Of

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Backbar One

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. Chipotleがトルティーヤチップス製造ロボット「Chippy…
  2. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発
  3. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出
  4. 最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、…
  5. 米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な…
  6. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  7. パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資…
  8. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…

おすすめ記事

動物肉と同等価格の植物肉が生産可能な自動化技術をシアトルの企業が開発

シアトルに拠点を置く植物肉のスタートアップ企業Rebellyous Foodsは…

培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカのWildtype(ワイルドタイプ)…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プラットフォームの海外展開を加速

菌糸体で食品業界の課題解決に挑むアメリカ、コロラドを拠点とするMycoTechn…

イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

 2021年になってから、イスラエル発の培養肉企業・植物肉企業のニュースが続ている。…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/06 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/06 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP