代替プロテイン

トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoodとは

 

スペインのフードテック企業Mimic Seafoodはユニークな原料を使って代替シーフードを開発している。

代替シーフードに取り組む企業の多くは大豆など豆類をベースにしているが、Mimic Seafoodはトマトを主原料に代替マグロを開発している。

トマトを使った代替マグロ「Tunato」

出典:Mimic Seafood

Mimic Seafoodの主力製品「Tunato」はトマトを主原料に、オリーブオイル、醤油、藻類抽出物を使って作られた代替マグロだ。

5つの原料のみを使用し、グルテンフリーで遺伝子組換え成分は使用していない。トマトは「Tunato」の67.6%を占める。

これらの原料から水分を取り出し、マグロのような食感を再現するという。取り出した水は廃棄せず、代替イクラの生産に使用する。

出典:Mimic Seafood

「Tunato」は冷蔵で45日間保存可能で、本物のマグロより日持ちする。現在、マドリードとバルセロナの外食産業で提供されている。

同社はデンマークにもチームを構えており、スペインに次いでデンマークへも展開したいと考えている。長期的には小売での販売、さらなる市場拡大を目指している。

大手農業協同組合とのパートナーシップ

出典:Mimic Seafood

Mimic Seafoodは食品業界で20年以上の経験を有するPedro Álvarez氏、シェフのApolinar Amador氏、マーケティングエキスパートのIda Speyer氏、食品科学の専門家であるSilvia Moreno氏が共同で設立した。

Mimic Seafoodは今年非公開のプレシード資金を調達しており、出資者には複数名のエンジェル投資家のほか、スペインの大手農業協同組合La Palmaが含まれる。

これまでにさまざまな国から注文を受けており、調達した資金をエンジンに、来年にはさらなる拡大が予想される。

ヨーロッパで加速する代替シーフード

出典:Mimic Seafood

GFIによると、植物由来、細胞由来、発酵由来の代替品を開発するスタートアップを含む代替シーフードカテゴリーは、2021年上半期の時点で1億1,600万ドル(約132億円)を調達した。この数字は昨年の合計額より2600万ドル(約29億円)多い

Mimic Seafoodと類似したアプローチをとる企業には、アメリカ、ニューヨークを拠点とするOcean Hugger Foodsがいる。同社はトマトベースのマグロ、茄子ベースのウナギを開発、今年3月にタイの食品会社と提携した。

出典:GFI

ヨーロッパでは1人あたり27キログラムのシーフードを消費しており、輸入が国内供給を上回る現状となる。世界の漁獲量の約4分の1がヨーロッパに輸入されているが、人口では世界人口の10%に満たない

こうした実情を背景にヨーロッパでは、スウェーデンのHooked、オランダのMonkeys by the Sea、フランスのAlgama Foodsなど複数の代替シーフード企業が登場している。

バイオマス発酵で寿司用シーフードの開発を手掛けるアメリカのAqua Cultured Foodsがスイスの小売大手ミグロスと提携するなど、海外企業の進出も相次いでいる。

 

参考記事

Mimic Seafood Is Making Raw Vegan Tuna Out Of Tomatoes

Madrid Plant-Based Startup Mimic Seafood Ends 2021 With A Hat Trick Of Goals Achieved

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mimic Seafood

 

関連記事

  1. 米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製…
  2. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  3. 微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chr…
  4. 再生医療学会・培養肉シンポジウムレポート|再生医療研究者が「培養…
  5. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉…
  6. 培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュ…
  7. 中国の植物肉企業Starfieldが約114億円を調達、湖北省に…
  8. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

おすすめ記事

英Jack & Bryがジャックフルーツを使った代替切り身魚を発表

イギリスを拠点とするスタートアップJack & Bryは今月、ジャックフ…

培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカのWildtype(ワイルドタイプ)…

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが、プレシードラウ…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

ソーラーフーズがフィンランド薬局年金基金から約13億円を調達

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は今月17日、フィンラン…

スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka Foods

インドのフードテック企業Naka Foodsは、スピルリナ由来の栄養スナックバー…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/30 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/30 06:10時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught wfWAFStorageFileException: Unable to save temporary file for atomic writing. in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php:35 Stack trace: #0 /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php(659): wfWAFStorageFile::atomicFilePutContents('/home/xs648694/...', '<?php exit('Acc...') #1 [internal function]: wfWAFStorageFile->saveConfig('livewaf') #2 {main} thrown in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php on line 35