代替プロテイン

トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoodとは

 

スペインのフードテック企業Mimic Seafoodはユニークな原料を使って代替シーフードを開発している。

代替シーフードに取り組む企業の多くは大豆など豆類をベースにしているが、Mimic Seafoodはトマトを主原料に代替マグロを開発している。

トマトを使った代替マグロ「Tunato」

出典:Mimic Seafood

Mimic Seafoodの主力製品「Tunato」はトマトを主原料に、オリーブオイル、醤油、藻類抽出物を使って作られた代替マグロだ。

5つの原料のみを使用し、グルテンフリーで遺伝子組換え成分は使用していない。トマトは「Tunato」の67.6%を占める。

これらの原料から水分を取り出し、マグロのような食感を再現するという。取り出した水は廃棄せず、代替イクラの生産に使用する。

出典:Mimic Seafood

「Tunato」は冷蔵で45日間保存可能で、本物のマグロより日持ちする。現在、マドリードとバルセロナの外食産業で提供されている。

同社はデンマークにもチームを構えており、スペインに次いでデンマークへも展開したいと考えている。長期的には小売での販売、さらなる市場拡大を目指している。

大手農業協同組合とのパートナーシップ

出典:Mimic Seafood

Mimic Seafoodは食品業界で20年以上の経験を有するPedro Álvarez氏、シェフのApolinar Amador氏、マーケティングエキスパートのIda Speyer氏、食品科学の専門家であるSilvia Moreno氏が共同で設立した。

Mimic Seafoodは今年非公開のプレシード資金を調達しており、出資者には複数名のエンジェル投資家のほか、スペインの大手農業協同組合La Palmaが含まれる。

これまでにさまざまな国から注文を受けており、調達した資金をエンジンに、来年にはさらなる拡大が予想される。

ヨーロッパで加速する代替シーフード

出典:Mimic Seafood

GFIによると、植物由来、細胞由来、発酵由来の代替品を開発するスタートアップを含む代替シーフードカテゴリーは、2021年上半期の時点で1億1,600万ドル(約132億円)を調達した。この数字は昨年の合計額より2600万ドル(約29億円)多い

Mimic Seafoodと類似したアプローチをとる企業には、アメリカ、ニューヨークを拠点とするOcean Hugger Foodsがいる。同社はトマトベースのマグロ、茄子ベースのウナギを開発、今年3月にタイの食品会社と提携した。

出典:GFI

ヨーロッパでは1人あたり27キログラムのシーフードを消費しており、輸入が国内供給を上回る現状となる。世界の漁獲量の約4分の1がヨーロッパに輸入されているが、人口では世界人口の10%に満たない

こうした実情を背景にヨーロッパでは、スウェーデンのHooked、オランダのMonkeys by the Sea、フランスのAlgama Foodsなど複数の代替シーフード企業が登場している。

バイオマス発酵で寿司用シーフードの開発を手掛けるアメリカのAqua Cultured Foodsがスイスの小売大手ミグロスと提携するなど、海外企業の進出も相次いでいる。

 

参考記事

Mimic Seafood Is Making Raw Vegan Tuna Out Of Tomatoes

Madrid Plant-Based Startup Mimic Seafood Ends 2021 With A Hat Trick Of Goals Achieved

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mimic Seafood

 

関連記事

  1. DSM・フォンテラが設立した精密発酵企業Vivici、資金調達を…
  2. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  3. チーズ大手のBelグループ、米Superbrewed Foodと…
  4. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉…
  5. 培養肉企業のパイオニア、モサミートがオランダに培養肉工場を開設
  6. 「食品発酵業界のボトルネック解消」を目指すplanetaryが約…
  7. Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイ…
  8. イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが米国でGRAS自…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Tech Webinar Fall 2021参加レポート

株式会社アドライト社が代替タンパク質の可能性にフォーカスしたセミナー「Food-…

【参加レポート】第34回食品開発展2023年10月@東京

「食品開発展2023」が10月4日から3日間、東京ビッグサイトで開催されている。…

大手プロテインブランドMyproteinが精密発酵タンパク質を使用した新製品を発売

アメリカで精密発酵で開発されたタンパク質の市場投入が加速している。精密発…

ブロックチェーンを活用して透明性の高いサーモン養殖に取り組むKvarøy Arctic

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の養殖魚生産量は1990年から2018年…

食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf Engineが約44億円を調達

食料品店が直面する食品廃棄・在庫切れ問題を、AIを活用して解決するShelf E…

国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功

植物肉Green Meatで知られる日本のスタートアップ企業グリーンカルチャーが…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP