ロボット

SJW Roboticsがアジア料理を作る自律型ロボットレストランの試作品を公開

 

カナダ、トロントを拠点とするSJW Roboticsは、アジア料理を作る完全自律化型ロボットレストランを開発している。

同社はこのほど、初となるロボットレストランの試作品を公開した。

注:本記事に掲載の写真は試作品開発前のもの。

完全自律型のロボットレストラン

出典:SJW Robotics

キオスク全体は約9㎡(100平方フィート)で、最大320食分の材料を収容できる。

箱型レストランの中央にはRowok(robot+wok)と呼ばれる中華鍋システムがあり、熟練したシェフのスキルでオーダーメイドの食事を調理する。

ロボットは、タマネギ、千切りされたにんじんなどカット済みの材料を取り出して穴付きのスチールトレイに置く。材料を載せたトレイは蒸気トンネルの中を移動し、材料が温められる。温めが完了すると、油をひいた鍋に材料が投下され、調理される。調理済みの料理はボウルに投下され、ソースをかけて完成となる。

出典:SJW Robotics

1食の準備にかかる時間は約80~90秒。レシピは受賞歴のあるシェフによって作られたもので、独自の自律鍋システムが科学的な精度で調理する。

現在の試作品には中華鍋が2つあるが、最終的には6つに増やす予定。1時間あたり70食を提供可能。キオスクが収容できる材料は最大320食となる。

キオスクのシステムは完全に自律しており、収容している材料が期限切れ間近になると、プロモーションを設定することもできる。

空港への導入を目指す

出典:SJW Robotics

SJW Roboticsは現在、世界最大の空港フードサービス営業権所有会社と交渉中で、2022年中にロボットレストランの空港への導入を目指している。

コロナウイルスの感染拡大後、SJW Roboticsのように非接触で食事を提供できるロボットへの需要が高まった。

イスラエルのHyper-Robotics、フランスのPazzi、ラトビア・カナダ・米国に拠点を持つRoboEatz、アメリカのBowlton KitchensMezliなど、人の手を介さず、24時間営業できるロボットレストランや調理ロボットが登場している。

Hyper-Robotics、Pazzi、Mezliなどのロボットレストランは屋外に設置するコンテナや店舗型の形状を取るのに対し、SJW Roboticsは自動販売機を拡張したような、屋内に設置できるサイズ感であるのが特徴的だ。そのため、Basil StreetAitmeのように、空港、オフィス、ショッピングモール、病院、食料品店、スタジアムなど設置できる対象エリアが広い。

SJW Roboticsはイギリスのグローバル起業家プログラム(GEP)に選出されている。GEPは、イギリスを拠点としない企業に、イギリスへの移転支援や投資家を含むネットワーク紹介などのサポートを無料で提供するプログラムとなる。

 

参考記事

SJW Robotics Demoes RoWok, a Fully Robotic Wok Restaurant Kiosk

SJW Robotics Aims to Franchise Its Automated Asian Meal Kiosk

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:SJW Robotics

 

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  2. カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの…
  3. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  4. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…
  5. RoboBurgerが世界初のハンバーガー全自動販売機の提供を開…
  6. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…
  7. フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン…
  8. xRoboticsのピザロボットがピザ店での試験運用を完了、80…

おすすめ記事

代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を発表

カリフォルニアを拠点とする代表的な代替肉企業ビヨンド・ミートは、マクドナルドとヤ…

牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリカ初の精密発酵プレーヤー

南アフリカで代替タンパク質に取り組む企業が増える中、今年設立されたDe Novo…

フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功

フィンランド技術研究センター(VTT)の研究チームは、細胞農業によりコーヒー豆を…

GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは10日、シンガポールでアジア最大…

パーフェクトデイの子会社The Urgent Companyがアイスクリーム企業を買収、精密発酵タンパク質の普及がさらに加速

パーフェクトデイの子会社であるThe Urgent Companyが2021年1…

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP