Foovo Deep

Else Nutritionとダノンが協業、アレルギー対応の乳製品・大豆不使用のビーガン粉ミルクの商品化に向けて前進

 

乳幼児・子供向けのクリーンな植物性粉ミルク・離乳食を開発する米Else Nutritionがダノンと複数段階にわたり協業する合意に達した。二社は先月、商業条件の確定を条件として多段階にわたる提携を規定した基本合意書 (letter of intent:LOI)を締結した。

提携の第一段階では、Else Nutritionとダノンはライセンス契約を締結し、臨床でのエビデンスがあるElse Nutritionの植物性かつ大豆フリー製品をダノンのポートフォリオに使用し、ダノンがこれを製造、販売、商品化する。二社はさらに、製品の商品化以外の機会についても交渉する予定だという。

二社は2024年第1四半期末までに交渉を終え、最終的な合意を締結する予定となる。

ダノンは昨今、精密発酵乳タンパク質を開発するImagindairy、細胞培養により母乳タンパク質を開発するWilkへの出資など、持続可能でアニマルフリーなオプションの模索を始めている。Else Nutritionとの協業を通じ、今後はアレルギーに対応した新しい選択肢の提供を図っていくと予想される。

牛乳・大豆アレルギーを起こさないElse Nutritionの粉ミルク

出典:Else Nutrition

Else Nutritionは他の粉ミルクでは満たすことができない、乳製品や高度に加工された乳児用栄養食品に代わる健康的な代替品に対するニーズから2018年にイスラエルで設立された。現在はアメリカに拠点を置いている。

当時、乳幼児用栄養業界で働いていたHamutal Yitzhak氏(CEO)、Uriel Kesler氏Michael Azar氏の共同創業者3名は、自身の子供を含め、多くの乳幼児がアレルギーや不耐症に苦しんでいる現実を知る。特にKesler氏の孫が乳製品・大豆にアレルギーを持っていたことから、乳製品・大豆を含まない粉ミルクの開発に着手した

設立から5年を経て、アーモンドバターそば粉タピオカマルトデキストリンを使用したElse Nutritionの乳児、幼児用製品、子供用のプロテインシェイク製品はオンラインで販売されている。いずれもグルテンフリーで、ビタミンDは藻類由来のビーガンなものを使用している。子供向けプロテインシェイクには、製品45g中にタンパク質が5g、カルシウムが280mg含まれている

カナダに続き、先月にはイギリスに進出

出典:Else Nutrition

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Else Nutrition

 

関連記事

  1. TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養…
  2. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…
  3. 米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製…
  4. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  5. MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUma…
  6. ユニリーバ、精密発酵アイスクリームをBreyersブランドで発売…
  7. イスラエルのWilk、研究室でヒトラクトフェリンの生産に成功
  8. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyForest Foodsに変更、今秋に2工場を開設

菌糸体由来の代替肉を開発するアメリカ企業Atlast Foodは25日、社名変更…

食品製造で発生する廃糖水で菌糸体粉末を作るHyfé Foodsが約2.6億円を調達

Hyfé Foodsは低炭水化物、高タンパク質の菌糸体粉末の生産を目指す米国イリ…

クラフト・ハインツがカスタマイズ可能なソースディスペンサーHEINZ REMIXを発表

グローバルな食品メーカー・クラフト・ハインツは、同社初のカスタマイズ可能なソース…

オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成金を授与、官民連携で精密発酵タンパク質の開発を強化

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsはオーストラリア政府から1…

New Cultureが世界で初めて精密発酵カゼインでGRAS自己認証を発表

精密発酵でカゼインを開発する米New Cultureが、世界で初めて精密発酵カゼ…

微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Foods、2022年の市場投入を目指す

アメリカを拠点とするAqua Cultured Foodsは、微生物発酵技術によ…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP