Foovo Deep

Else Nutritionとダノンが協業、アレルギー対応の乳製品・大豆不使用のビーガン粉ミルクの商品化に向けて前進

 

乳幼児・子供向けのクリーンな植物性粉ミルク・離乳食を開発する米Else Nutritionがダノンと複数段階にわたり協業する合意に達した。二社は先月、商業条件の確定を条件として多段階にわたる提携を規定した基本合意書 (letter of intent:LOI)を締結した。

提携の第一段階では、Else Nutritionとダノンはライセンス契約を締結し、臨床でのエビデンスがあるElse Nutritionの植物性かつ大豆フリー製品をダノンのポートフォリオに使用し、ダノンがこれを製造、販売、商品化する。二社はさらに、製品の商品化以外の機会についても交渉する予定だという。

二社は2024年第1四半期末までに交渉を終え、最終的な合意を締結する予定となる。

ダノンは昨今、精密発酵乳タンパク質を開発するImagindairy、細胞培養により母乳タンパク質を開発するWilkへの出資など、持続可能でアニマルフリーなオプションの模索を始めている。Else Nutritionとの協業を通じ、今後はアレルギーに対応した新しい選択肢の提供を図っていくと予想される。

牛乳・大豆アレルギーを起こさないElse Nutritionの粉ミルク

出典:Else Nutrition

Else Nutritionは他の粉ミルクでは満たすことができない、乳製品や高度に加工された乳児用栄養食品に代わる健康的な代替品に対するニーズから2018年にイスラエルで設立された。現在はアメリカに拠点を置いている。

当時、乳幼児用栄養業界で働いていたHamutal Yitzhak氏(CEO)、Uriel Kesler氏Michael Azar氏の共同創業者3名は、自身の子供を含め、多くの乳幼児がアレルギーや不耐症に苦しんでいる現実を知る。特にKesler氏の孫が乳製品・大豆にアレルギーを持っていたことから、乳製品・大豆を含まない粉ミルクの開発に着手した

設立から5年を経て、アーモンドバターそば粉タピオカマルトデキストリンを使用したElse Nutritionの乳児、幼児用製品、子供用のプロテインシェイク製品はオンラインで販売されている。いずれもグルテンフリーで、ビタミンDは藻類由来のビーガンなものを使用している。子供向けプロテインシェイクには、製品45g中にタンパク質が5g、カルシウムが280mg含まれている

カナダに続き、先月にはイギリスに進出

出典:Else Nutrition

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Else Nutrition

 

関連記事

  1. 昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達…
  2. 【世界初】シンガポールの小売店で培養肉の購入が可能に|米GOOD…
  3. DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提…
  4. 植物細胞培養でカカオを開発するKokomodoが約1.1億円を調…
  5. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを作るNutropyが約2.8億…
  6. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  7. 米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年…
  8. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提供を開始

熊本を拠点とする植物肉スタートアップのDAIZが海外進出を本格化する。D…

味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用化を支援

味の素は9日、コーポレートベンチャーキャピタルを通じて培養肉の開発・製造を手掛け…

スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

細胞培養による培養肉の開発が世界的に進んでいるが、今後はチョコレートも工場で作ら…

BioCraft Pet Nutrition、社名変更とともに培養ペットフードの商用化に注力

ペットフード市場向けに培養肉を開発する最初の企業であるBecause Anima…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

培養魚のB2B製造ソリューションの提供を目指すUmami Bioworks、年内にシンガポールで申請へ【創業者インタビュー】

世界のシーフード消費が増えるなか、絶滅の危機に瀕している魚種を細胞培養により開発…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP