Foovo Deep

Perfat Technologiesによる「次世代オレオゲル」を活用した構造を調整可能な植物性脂肪|創業者インタビュー

 

培養肉、植物肉、微生物由来のタンパク質など、代替タンパク質の開発に注目が集まる一方で、徐々に増えているのが、持続可能な脂肪を開発するスタートアップ企業だ。

バターなどの動物脂肪や、パーム油やココナッツオイルなど熱帯性油脂の生産により引き起こされる環境破壊は、従来の油脂・脂肪に代わるソリューションが求められる主な理由の1つとされる。

ヘルシンキ大学のスピンオフベンチャーであるフィンランド企業Perfat Technologiesは、食品業界に向けて付加価値のある持続可能な代替脂肪を提供するため、2023年6月に設立された。

Perfatは、健康的な植物油脂と材料物理学の専門知識によるオレオゲル技術を組み合わせることで、健康に良い固体脂肪を開発している。

同社の共同創業者兼CEO(最高経営責任者)であるJyrki Lee-Korhonen氏は、「化学修飾を一切行わず、材料物理学に関する知見を活用することで、健康に良い植物油脂の健康的な脂肪酸プロファイルを変えることなく、固体構造を持った脂肪を作ることができます」とFoovoに述べた。

顧客のニーズに合わせて構造を調整できる「次世代のオレオゲル」

出典:Perfat Technologies

オレオゲルとは、ゲル化剤からなる網目構造の中に液状油脂を取り込ませ、全体としてあたかも固体脂肪のような形状をとっている状態をいう。簡単に言うと、ゼリーや寒天中の水を油に変えたイメージだ。

「オレオゲル技術は20年前からあり、新しいイノベーションではありませんが、初期のオレオゲルは機能性が十分ではなく、食品用途ではうまく機能する構造を持っていませんでした。私たちのチームが開発したのは、次世代のオレオゲルです」とLee-Korhonen氏は言う。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

インタビュー実施時期:2023年11月末

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Perfat Technologies

 

関連記事

  1. セイバーイートが植物肉用3Dプリンターをアメリカの大学へ初導入
  2. オーストラリアが培養肉承認に向けて一歩前進|FSANZがVowの…
  3. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約94…
  4. 二酸化炭素、電気から乳タンパク質の生成へ|ソーラーフーズの新たな…
  5. 培養肉企業Meatableがオランダに新しいパイロット工場を開設…
  6. スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円…
  7. 精密発酵でカゼインを開発するEden Brewが約37億円を調達…
  8. インポッシブルフーズが今秋に植物チキンナゲット発売へ

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培養鶏肉の開発に成功

中国・杭州を拠点とする培養肉企業Jimi Biotechnology(极麋生物)…

Fooditiveが精密発酵による代替ハチミツ開発を発表

イメージ画像さまざまな植物由来成分を開発するオランダのスタートアップ企業Fo…

トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoodとは

スペインのフードテック企業Mimic Seafoodはユニークな原料を使って代替…

Meweryが微細藻類を活用した最初の培養肉プロトタイプを発表

チェコの培養肉企業Meweryは、培養豚肉細胞と微細藻類をブレンドした培養肉のプ…

アレフ・ファームズが培養肉のパイロット生産施設を今夏にオープン、宇宙プロジェクトも始動

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは、イスラエル、レホボトに本社を移転した…

AIエンジンで代替タンパク質を開発するThe Live Green Coが精密発酵に参入

独自のAIレコメンドエンジン「Charaka」を活用し、動物由来原料や高度に加工…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP