Foovo Deep

シンガポール発、Fattastic Technologiesのオイル構造化技術による代替脂肪:年内に市場投入へ【創業者インタビュー】

 

「タンパク質の分野では重要な研究なされていますが、脂肪の問題はほとんど解決されていません。健康的で良い脂肪の選択肢は、今の市場にはありません」

そう語るのは、Fattastic Technologiesの創業者兼CEO (最高経営責任者)Satnam Singh氏だ。

Fattasticは代替脂肪ソリューションに特化したB2B技術プラットフォーム企業として、2022年にシンガポールに設立された。

近年、精密発酵や細胞培養で動物脂肪を開発する企業が増えているが、Fattasticは植物油脂を使用して、動物油脂の味、食感を模倣し、飽和脂肪酸含有量が低く、風味・酸化防止剤・栄養成分をカプセル化した健康的な脂肪を開発している。

同社が目指すのは、植物油脂の可能性を最大限に引き出し、食品メーカーのさまざまな用途に適した健康的な脂肪を提供することだ。

Fattasticは植物肉用の脂肪開発から着手したが、多用途な特性を持つ脂肪を開発でき、植物肉に限らずさまざまな食品用途に適用できるとSingh氏はFoovoに語った。

「脂肪はミッシングリンク」

Satnam Singh氏 出典:Fattastic Technologies

同社には植物肉、ベーカリー、ミルク、製菓などの企業から引き合いが来ているが、現在の焦点は植物肉とベーカリー分野だという。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

インタビュー実施時期:2024年2月中旬

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Fattastic Technologies

 

関連記事

  1. ドイツ大手小売業者REWEがビーガン専門スーパーを開設予定
  2. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  3. 培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍…
  4. Vowが絶滅マンモスのDNAから培養マンモスミートボールを作製
  5. 食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Food…
  6. オランダ企業The Protein Brewery、マイコプロテ…
  7. バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBio…
  8. 米Ayana Bio、植物細胞培養でカカオなどの生理活性物質の開…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

フューチャーミートが世界で初めて培養羊肉を生産、年内に米生産施設を着工

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は25日、培養…

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

米Algae Cooking Club、微細藻類由来の食用油を発売

アメリカのスタートアップ企業Algae Cooking Clubは先月、微細藻類…

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手F…

おがくずと微生物で脂肪を開発するエストニア企業ÄIOが約1.4億円を調達

エストニアの代替油脂スタートアップ企業ÄIOは今月、100万ユーロ(約1億400…

Motif FoodworksがSolar Biotechとの提携を拡大、精密発酵タンパク質の「AWS」が加速

精密発酵プラットフォーマーSolar Biotech(ソーラー・バイオテック)は…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP