Foovo Deep

シンガポール発、Fattastic Technologiesのオイル構造化技術による代替脂肪:年内に市場投入へ【創業者インタビュー】

 

「タンパク質の分野では重要な研究なされていますが、脂肪の問題はほとんど解決されていません。健康的で良い脂肪の選択肢は、今の市場にはありません」

そう語るのは、Fattastic Technologiesの創業者兼CEO (最高経営責任者)Satnam Singh氏だ。

Fattasticは代替脂肪ソリューションに特化したB2B技術プラットフォーム企業として、2022年にシンガポールに設立された。

近年、精密発酵や細胞培養で動物脂肪を開発する企業が増えているが、Fattasticは植物油脂を使用して、動物油脂の味、食感を模倣し、飽和脂肪酸含有量が低く、風味・酸化防止剤・栄養成分をカプセル化した健康的な脂肪を開発している。

同社が目指すのは、植物油脂の可能性を最大限に引き出し、食品メーカーのさまざまな用途に適した健康的な脂肪を提供することだ。

Fattasticは植物肉用の脂肪開発から着手したが、多用途な特性を持つ脂肪を開発でき、植物肉に限らずさまざまな食品用途に適用できるとSingh氏はFoovoに語った。

「脂肪はミッシングリンク」

Satnam Singh氏 出典:Fattastic Technologies

同社には植物肉、ベーカリー、ミルク、製菓などの企業から引き合いが来ているが、現在の焦点は植物肉とベーカリー分野だという。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

インタビュー実施時期:2024年2月中旬

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Fattastic Technologies

 

関連記事

  1. 牛に頼らず酵母で乳タンパク質を再現するフランス企業Bon Viv…
  2. 微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Gel…
  3. 乳製品生産の再考|牛に頼らず細胞培養でミルクを開発するドイツ企業…
  4. ビーガンハチミツのMeliBio創業者に聞く|精密発酵によるハチ…
  5. 分子農業企業Moolec Scienceが豚タンパク質を作る大豆…
  6. Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリ…
  7. 代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2…
  8. 細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

菌糸体由来のブロック肉を開発するMeati FoodsがD2C販売をスタート、24時間で完売に

菌糸体由来のブロック肉を開発するアメリカ企業Meati Foodsは14日、自社…

代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、カーギルと戦略的パートナーシップを締結

写真はイメージ植物肉の需要増加に伴い、サステイナブルで本物に近い代替油脂の開…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

アレフ・ファームズ、タイ初の培養肉工場建設でBBGI、Fermbox Bioと提携|慎重なスケールアップ戦略で持続可能な市場進出へ

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは先月、タイに培養肉工場を建設することを…

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはない…

植物性の全卵を開発するYo Eggが米国進出を実現、ビーガン落とし卵をレストランで発売

イスラエルの代替卵企業Yo Eggが今月、アメリカ進出を実現した。ひよこ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/18 13:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/17 22:30時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/18 02:16時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/18 18:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/18 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/17 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP