代替プロテイン

【世界初】TurtleTreeが精密発酵ウシラクトフェリンでGRAS自己認証を取得

 

シンガポール・アメリカを拠点とする精密発酵企業TurtleTreeは23日、精密発酵で生成したウシラクトフェリンLF+について、世界で初めてアメリカのGRAS自己認証を取得したことを発表した

これにより、LF+を食品や飲料に安全に使用できることが確認され、TurtleTreeがアメリカで商用化する道が開かれたことになる。

この発表は、今年3月にサンフランシスコで開催された試食会でのウシラクトフェリン発表に続くニュースとなる。同社は既存のラクトフェリン市場だけでなく、350億ドルと想定される植物ミルク市場におけるギャップを埋めようとしている。

精密発酵ラクトフェリンで利益を出す

出典:TurtleTree

GRASとは、Generally Recognized As Safe(一般に安全とみなされている)の略語で、米国における食品安全に関する独自の認証制度をさす。企業はGRAS自己認証を行うことで、対象物質をアメリカで販売できるようになる

今回GRAS自己認証を取得したことで、TurtleTreeは精密発酵ラクトフェリンをアメリカで販売できるようになった。

精密発酵による食品開発では米パーフェクトデイ、米The Every Company、イスラエル企業RemilkImagindairyなどがアメリカで販売認可を取得しているが、ラクトフェリンでGRAS自己認証を取得したのはTurtleTreeが初となる。

*ImagindairyはGRAS自己認証のみ。パーフェクトデイ、The Every Company、RemikはGRAS認証を取得済み(GRAS Notice No. GRN 000863GRAS Notice 1104GRAS Notice No. GRN 001056)(11月24日に追記)。GRAS制度については日本細胞農業協会の記事が参考になる。

 

同社は今年第4四半期のアメリカでの発売に続き、今後は自社の「革新的技術と生産方法」を活用して、LF+販売により利益を出す見込みであると述べている。

同社共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のFengru Lin氏は、「ウシラクトフェリンは始まりに過ぎません。今日の成果は、当社のより広範な商品化戦略を実現し、牛乳の最も有力な成分へのアクセスを強化する上で重要なステップであると考えています」と述べている。

精密発酵ラクトフェリンの可能性

出典:TurtleTree Labs

TurtleTreeによると、ラクトフェリンは現在小売で1kgあたり750~1500ドルで販売されているが、その需要は供給を大幅に上回っている。1kgの精製ラクトフェリンを生成するには10,000Lの牛乳が必要になるという。

その限られた供給のため、ラクトフェリンは粉ミルクなど限られた重要な食品に使用が限定されており、他の用途にはほとんど使用されていないと同社は指摘する。

精密発酵によるラクトフェリンは、粉ミルクだけでなく、プロテイン粉末、機能性ドリンク、高齢者向けの食事、栄養補給を目的とした成人向けサプリメント、さらには植物性乳製品など幅広い用途が想定される。

TurtleTreeのGRAS自己認証は、精密発酵でラクトフェリンを開発する他社の研究開発、上市を後押しする動きとなるだろう。

Helainaもラクトフェリンを開発しているが、ウシではなくヒトラクトフェリンとなる。Helainaは今年7月、シカゴで開催されたIFT FIRSTのピッチコンテストで、ヒトラクトフェリンを開発したことを発表した

ポルトガル企業PFx Biotechの共同創業者兼CEOであるAli Osman博士は最近Foovoによるインタビュー時に、精密発酵によりラクトフェリンやオステオポンチンなど人乳タンパク質に焦点をあてていると述べた。

TurtleTreeも以前の報道でヒトラクトフェリンを開発していることに言及しているため、今後はウシラクトフェリンに続き、ヒトラクトフェリンでも上市を狙っている可能性も考えられる。

 

参考記事

TurtleTree obtains the world’s first self-GRAS for animal-free lactoferrin, LF+™ now approved to commercialize in the U.S.

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:TurtleTree

 

関連記事

  1. 英Ivy Farm、欧州最大の培養肉パイロット工場をオープン
  2. 米Meati Foodsが菌糸体由来の代替肉を製造する生産工場「…
  3. Yali Bioが精密発酵による代替乳脂肪を使用したアイスクリー…
  4. Mycorenaのパイロット工場、拡張により欧州最大のマイコプロ…
  5. 英Multus Biotechnologyが約12億円を調達、増…
  6. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…
  7. 国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功
  8. ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics…

Sophie’s BioNutrientsが微細藻類を活用したチーズを開発

シンガポールを拠点とするSophie’s BioNutrientsは、微細藻類を…

米MeliBioが欧州進出を拡大、植物性ハチミツをスイスとオーストリアで発売

米MeliBioが開発した植物性のビーガンハチミツが、イギリスでの発売に続き、ス…

米Omeatがロサンゼルスで培養肉のパイロット工場を開設

ロサンゼルスを拠点とする培養肉企業Omeatは今月、パイロット工場の完成、開設を…

カスタムメイドの代替砂糖を開発するイスラエルのSweet Balance【創業者インタビュー】

妥協なき代替砂糖の開発に取り組む会社がある。イスラエルのSweet Balanc…

米ColdSnap、常温ポッドから2分で作れるソフトクリームマシンを年末に発売へ

カフェや観光地のお土産ショップなどで販売されるソフトクリームには、カップを専用マ…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP