Foovo Deep

発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foodsがプレシードで約2億4000万円を調達

 

微生物発酵でシーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsがプレシードで210万ドル(約2億4000万円)を調達した。調達した資金で、チームの拡充、質感・形状・栄養価などの改善を図り、2022年の商用化を目指す。

同社は4月にもBig Idea Venturesが主導したプレシードで約2200万円を調達している。

今回のラウンドには新たに、ビーガンペットフードWild Earthのライアン・ベザンコート氏らが立ち上げたSustainable Food Ventures、ニュージーランドのAera VC、カリフォルニアのConscience VCSupply Change Capital、ニューヨークのHanfield Venture Partnersなどが参加した。

植物ベースの代替シーフードにない強みを持つ

出典:Aqua Cultured Foods

2020年に女性創業者2名(Anne Palermo氏Brittany Chibe氏)によって設立されたAqua Cultured Foodsは、独自菌株を用いた微生物発酵により全筋肉((whole-muscle)塊状)のシーフードを開発している。生産プロセスで、特別な加工、遺伝子組換え技術は使わない。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功
  2. イスラエルのPlantishが3Dプリントされた植物性サーモンを…
  3. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  4. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…
  5. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  6. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  7. 代替ハチミツの米MeliBioが約6.7億円を調達、今春より生産…
  8. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発

おすすめ記事

イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得

米イート・ジャストの代替卵JUST Egg(ジャスト・エッグ)の主要成分が、欧州…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より…

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogenesisが約3.2億円を調達

フランスのCore Biogenesisが2020年11月にシードラウンドで26…

細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億円を調達、実証プラント建設へ

培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが9月にシリーズAで2500万…

Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る

培養肉スタートアップ企業Orbillion BioがYコンビネーターのWinte…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP