Foovo Deep

発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foodsがプレシードで約2億4000万円を調達

 

微生物発酵でシーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsがプレシードで210万ドル(約2億4000万円)を調達した。調達した資金で、チームの拡充、質感・形状・栄養価などの改善を図り、2022年の商用化を目指す。

同社は4月にもBig Idea Venturesが主導したプレシードで約2200万円を調達している。

今回のラウンドには新たに、ビーガンペットフードWild Earthのライアン・ベザンコート氏らが立ち上げたSustainable Food Ventures、ニュージーランドのAera VC、カリフォルニアのConscience VCSupply Change Capital、ニューヨークのHanfield Venture Partnersなどが参加した。

植物ベースの代替シーフードにない強みを持つ

出典:Aqua Cultured Foods

2020年に女性創業者2名(Anne Palermo氏Brittany Chibe氏)によって設立されたAqua Cultured Foodsは、独自菌株を用いた微生物発酵により全筋肉((whole-muscle)塊状)のシーフードを開発している。生産プロセスで、特別な加工、遺伝子組換え技術は使わない。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 精密発酵でカカオバターを開発する米Seminal Bioscie…
  2. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億…
  3. 培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガ…
  4. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  5. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…
  6. 【12/8】Foovoイベント開催のお知らせ|代替タンパク質スタ…
  7. ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉…
  8. 安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2…

おすすめ記事

ネスレが精密発酵によるミルク「Cowabunga」の試験販売を開始

ネスレは今月、精密発酵企業パーフェクトデイの乳タンパク質を使用したミルク製品「C…

米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画

植物肉を展開する米ビヨンドミートが今年後半に植物由来ステーキ肉の発売を予定してい…

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUmami Meatsと協業

バイオ3Dプリンターで培養肉を開発するイスラエルのMeaTechは、3Dプリンタ…

代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2000億円を超過

代替肉企業インポッシブルフーズが最新のラウンドで5億ドル(約560億円)を調達し…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP