Foovo Deep

発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foodsがプレシードで約2億4000万円を調達

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

微生物発酵でシーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsがプレシードで210万ドル(約2億4000万円)を調達した。調達した資金で、チームの拡充、質感・形状・栄養価などの改善を図り、2022年の商用化を目指す。

同社は4月にもBig Idea Venturesが主導したプレシードで約2200万円を調達している。

今回のラウンドには新たに、ビーガンペットフードWild Earthのライアン・ベザンコート氏らが立ち上げたSustainable Food Ventures、ニュージーランドのAera VC、カリフォルニアのConscience VCSupply Change Capital、ニューヨークのHanfield Venture Partnersなどが参加した。

植物ベースの代替シーフードにない強みを持つ

出典:Aqua Cultured Foods

2020年に女性創業者2名(Anne Palermo氏Brittany Chibe氏)によって設立されたAqua Cultured Foodsは、独自菌株を用いた微生物発酵により全筋肉((whole-muscle)塊状)のシーフードを開発している。生産プロセスで、特別な加工、遺伝子組換え技術は使わない。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約110億円を調…
  2. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  3. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…
  4. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…
  5. Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット…
  6. 微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Gel…
  7. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  8. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…

おすすめ記事

ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナライズ化」を導入

2018年にサンフランシスコにオープンし、話題となったロボットレストランCrea…

菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

日本では大豆ミート、ソイミートという言葉が浸透しているが、海外では代替肉の原料=…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶円のシード資金を調達

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発するChange Foodsが、シードラウ…

イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得

米イート・ジャストの代替卵JUST Egg(ジャスト・エッグ)の主要成分が、欧州…

大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円を調達

植物ベースのチーズを開発するNobell FoodsがシリーズBラウンドで750…

【12月】Foovoセミナーのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,881円(12/08 16:00時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/08 09:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(12/08 20:43時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP