Foovo Deep

発酵技術で代替シーフードに挑むAqua Cultured Foodsがプレシードで約2億4000万円を調達

 

微生物発酵でシーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsがプレシードで210万ドル(約2億4000万円)を調達した。調達した資金で、チームの拡充、質感・形状・栄養価などの改善を図り、2022年の商用化を目指す。

同社は4月にもBig Idea Venturesが主導したプレシードで約2200万円を調達している。

今回のラウンドには新たに、ビーガンペットフードWild Earthのライアン・ベザンコート氏らが立ち上げたSustainable Food Ventures、ニュージーランドのAera VC、カリフォルニアのConscience VCSupply Change Capital、ニューヨークのHanfield Venture Partnersなどが参加した。

植物ベースの代替シーフードにない強みを持つ

出典:Aqua Cultured Foods

2020年に女性創業者2名(Anne Palermo氏Brittany Chibe氏)によって設立されたAqua Cultured Foodsは、独自菌株を用いた微生物発酵により全筋肉((whole-muscle)塊状)のシーフードを開発している。生産プロセスで、特別な加工、遺伝子組換え技術は使わない。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売
  2. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  3. 2021年の代替タンパク質投資額は50億ドルとGFIが報告、20…
  4. NotCoが約95億円を調達、食品業界向けのAIプラットフォーム…
  5. 「砂糖を再発明する」妥協なき代替砂糖の開発に挑戦するイスラエル企…
  6. 培養うなぎセミナー動画(北里大学・池田大介先生)|2023年9月…
  7. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約110億円を調…
  8. 【5/17】廉価な成長因子を開発するスタートアップNUProte…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提供を開始

熊本を拠点とする植物肉スタートアップのDAIZが海外進出を本格化する。D…

牛乳の全成分を含んだ培養ミルクを開発するカナダ企業Opalia

カナダ、モントリオールを拠点とするOpalia(オパリア)は、ウシ胎児血清(FB…

中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培養鶏肉の開発に成功

中国・杭州を拠点とする培養肉企業Jimi Biotechnology(极麋生物)…

代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2000億円を超過

代替肉企業インポッシブルフーズが最新のラウンドで5億ドル(約560億円)を調達し…

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/27 00:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/27 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP