代替プロテイン

EFISHient Proteinが目指す持続可能な魚生産:培養ティラピアの切り身開発に成功

 

細胞培養によるティラピアを開発するイスラエル企業EFISHient Proteinが、最初のプロトタイプとなる培養ティラピアの切り身開発に成功したことを発表した。

プレスリリースによると、このプロトタイプは、ティラピアの切り身の食感、構造を模したものになる。EFISHientはこの成果について、持続可能なさまざまな白身魚生産に向けた重要な一歩になると述べている。

EFISHient Proteinが培養ティラピアの切り身開発に成功

培養ティラピアのプロトタイプ 出典:EFISHient Protein

EFISHientは、イスラエル農務省傘下の政府機関Volcani Instituteとイスラエルの投資ファンドBioMeat Foodtech共同で2020年に設立した培養魚企業。

同社は拡張可能で手頃な価格の製造ソリューションを通じて、持続可能な白身魚の提供を目指すB2B企業となる。

EFISHientは、人口増加と、容易に入手できるタンパク質源の必要性により、今日の魚消費は、魚の個体数を減少させ、生態系のバランスを崩す乱獲と、淡水と海洋環境を犠牲にして大量供給を行う水産養殖という2つの問題を抱えていると指摘している

同社は細胞培養技術を応用して、より健康で、美味しく、持続可能な培養魚の生産を目指している。その成果として、今回最初のプロトタイプが発表された。

EFISHientでCEO(最高経営責任者)を務めるDana Levin氏は、「この成果は、手頃な価格が最重要視されるこの業界において、ゲームチェンジャーとなる可能性を秘めています」と述べている。

さらに、「これにより私たちは、健康や持続可能性の問題を無視できない環境的に有害な場所から調達されることの多い従来の白身魚に匹敵する、競争力のある価格で製品を提供できます。B2B企業として、世界規模での幅広い販売を達成するために第三者との協業の見込みがあることを嬉しく思います」と述べ、協業の交渉が順調に進んでいることに言及している。

ウナギからキャビアまで開発が多様化する培養シーフード

出典:Wildtype

2020年12月にシンガポールで培養肉の販売が認められてから、今年7月にはUSDAのGoサインを経て、アメリカ企業2社が培養鶏肉の販売を実現するなど、畜産肉分野では徐々に培養肉の市場投入が進んでいる。

一方、ティラピアを始めとする魚の細胞培養では、販売認可を取得した事例はまだない。

畜産肉と比べて、シーフードは地域毎に食される魚種が多様なため、開発対象も多様なのが特徴だ。

特に注目される企業は、培養サーモンを開発する米WildTypeだろう。昨年2月に1億ドル(当時約114億円)の大型資金調達に成功し、サンフランシスコという都市部にパイロット工場を構える

ウナギ、マグロ、ハタなどの複数の魚種に取り組み、夏にマルハニチロと提携したシンガポールのUmami Bioworksは年内にシンガポールで申請を予定している。

マグロの開発に特化する企業は比較的多く、米BlueNalu、イスラエルのWanda Fishなどがある。

培養エビ、ロブスターを開発するシンガポールのShiok Meats、キャビアを開発する米Marinas Bioから、日本で人気のウナギを開発するイスラエル企業Forsea foodsなどさまざまな企業が確認されている。Forseaには日本で細胞農業の普及促進活動を行ってきた杉崎麻友氏が研究者として従事している

 

参考記事

EFISHient Protein Unveils First Prototype of Tilapia Fish Fillet Suitable for Sustainable Commercial Production

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:EFISHient Protein

 

関連記事

  1. 世界初!動物肉を使わないバーガーキングの店舗がドイツにこの夏オー…
  2. イスラエルの精密発酵企業Remilk、アメリカで上市を実現
  3. 世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン…
  4. Current Foodsが生食用代替シーフードのDtoC予約販…
  5. 【10/26】日本発の培養肉企業ダイバースファーム社セミナー開催…
  6. 英Multus Biotechnologyが約12億円を調達、増…
  7. フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功
  8. オーストラリアのAll G Foods、植物肉ブランドを切り離し…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

フードロスに取り組むデンマーク企業Too Good To Goが2570万ユーロ…

昆虫で食品廃棄物をアップサイクルするLIVIN Farmsが約8.5億円を調達

代替タンパク質の1つとして昆虫タンパク質生産に取り組むオーストリア企業LIVIN…

黄身・白身・殻を再現した植物性代替卵を開発するNeggstが約6.9億円を調達

ドイツ、ベルリンを拠点とする代替卵スタートアップのNeggstは、シードラウンド…

MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出

イスラエルの培養肉企業MeaTechは、米国特許商標庁(USPTO)に植物由来成…

廃水を活用して菌糸体タンパク質を開発するHyfé Foods、スケールアップを前倒しで完了

代替タンパク質などの必需品を持続可能な方法で生産するアメリカの気候テック企業Hy…

Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年の上市を計画

香港科技大学からうまれたAlt Farmは3Dプリンター技術の活用を進める会社で…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP