代替プロテイン

Aqua Cultured Foods、マイコプロテイン由来の代替マグロ、エビ、ホタテの公開試食会を今月開催

 

代替シーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsは、レストランシェフやフードサービスを通じた一般販売に先立ち、シカゴで消費者向けの試食会を開始することを発表した

プレスリリースによると、試食会ではマグロの鉄火巻きエビ餃子ホタテのクルードが参加者に提供される。シカゴ、ウェストループにあるAqua Cultured Foods本社で今月始めより開催される。

Aqua Cultured Foodsは、高まるシーフード需要が魚個体数の減少、生態系への影響、プラスチック廃棄物、意図しない非対象種の混獲をもたらしていることから、持続可能な代替シーフードを開発している。

マイコプロテインの発酵プロセスによりこれまでに、イカ、エビ、ホタテ、マグロや白身魚の切り身など代替シーフードを開発してきた。発酵プロセスでは遺伝子組換え技術は使用せず、製品は完全にアニマルフリーとなる。

出典:Aqua Cultured Foods

デンプンやタンパク質単離物を配合した植物性の加工食品と異なり、Aqua Cultured Foodsの代替シーフードは、天然のシーフードが持つ食物繊維、タンパク質、微量栄養素を備えている。同社独自の菌株を使用することで、植物成分を、動物性シーフードの1対1の代替品として使用できる、「本物のような味、食感、見た目を備えたシーフード」に変換できるという。

共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のAnne Palermo氏は、「公開試食会は、製品を微調整し、どの料理が最も当たりであるかを把握するのに役立ちます。また、パートナーであるシェフやレストランと新メニューを作るのにも役立ちます。参加される方は、お腹を空かせていらしてください。これほど美味しく、納得のいく植物性シーフードを食べたことはないですから、きっと感動します」と述べている。

出典:Aqua Cultured Foods

今年1月、Aqua Cultured Foodsは、今年第2四半期に戦略的パートナーと発売する予定のホールカットシーフード製品の生産拡大のため、シカゴで新しい生産施設の建設を開始したことを発表した

微生物に栄養を与えて成長させたものを食用タンパク質とするバイオマス発酵の領域では、代替肉用途の企業が多く、シーフードを対象としたAqua Cultured Foodsは希少な企業となる。

Aqua Cultured Foodsのほかにも、ドイツのEsencia Foodsが菌糸体の発酵により代替シーフードを開発している。Esencia Foodsはこの種の企業としては欧州初となり、公式サイトによると、同社は菌糸体由来のサーモンを開発している。

 

参考記事

Aqua Cultured Foods to Begin Consumer Tastings of Alt-Seafood

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Aqua Cultured Foods

 

関連記事

  1. ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培…
  2. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億…
  3. 培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STA…
  4. 植物性の全卵を開発するYo Eggが米国進出を実現、ビーガン落と…
  5. 韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を…
  6. 昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達…
  7. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  8. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の培養肉バーガーを発表

南アフリカ、ケープタウンを拠点とする培養肉企業Mzansi Meatは2年の研究…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

【世界初】TurtleTreeが精密発酵ウシラクトフェリンでGRAS自己認証を取得

シンガポール・アメリカを拠点とする精密発酵企業TurtleTreeは23日、精密…

JBS子会社のBioTech Foods、スペインで南欧最大の培養肉工場を建設開始

世界大手の食肉加工会社JBSの子会社であるスペインの培養肉企業BioTech F…

動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約3.9億円を調達

イギリスのスタートアップ企業Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)が…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/14 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP