ロボット

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

 

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000万ドル(約21億円)を調達した。

Bartesianのカクテルロボットは、テキーラ、ウォッカ、ラムなどのスピリッツとシロップを混ぜて自動で好みのカクテルを作成する。

本体にはスピリッツを充填する複数の小型容器が搭載されており、自分で用意したスピリッツを充填する。

付属されているさまざまなフレーバーのカプセルを装置にセットして、グラスを置いてボタンを押すと、カクテルが自動で作られる仕組みとなる。

モクテル(ノンアルコール)からストロングまでお酒の強さはカスタマイズ可能

必要なカプセルをセットして、タッチパネルの「MIX」を押すだけで完了する。セットしたフレーバーにあうスピリッツが自動で注がれるほか、提案もしてくれる。

出典:Bartesian

現在、Bartesianはホームページやアマゾンで1台約350ドルで販売されている。

オプションで好きなフレーバーカプセルを選択できる。カプセルは1袋(6個入り)約15ドルから販売されている。

つくれるカクテルは500万種以上というから驚きだ。

コロナウイルスの発生により、多くのレストランが閉鎖に追い込まれた中、自宅で料理を作るフードロボットには追い風がふいており、当メディアでもさまざまな家庭用フードロボットをとりあげてきた。

カクテルを自宅で作りたい需要がどれほどあるかは未知数だが、Bartesianもコロナ禍で売上を伸ばした企業の1つのようだ。

プレスリリースによると、Bartesianの購入者は2020年3月と比較して30倍以上に増えており、2020年の第四四半期の収益は前年比975%となった。

出典:Bartesian

この流れは現在も続いており、創業者・CEOのRyan Close氏によると、2021年の第1四半期だけで2020年上半期の売上を上回る勢いだという。

フードマシンの中ではBartesianは比較的古参の企業で、その始まりは2014年のクラウドファンディングにさかのぼる。

最初のクラウドファンディングで25万ドルを募り、2018年にはさまざまな家電製品を手掛けるハミルトンビーチとライセンス契約を締結、同社に製造を委託した。

2019年12月には全米の250以上の小売で販売が開始された。

出典:Bartesian

Bartesianの自宅で作るカクテルは、シロップ1個が約250円するため、決して安いとはいえないが、バーで頼むカクテルよりは安い。

毎回、スピリッツとフレーバーをそれぞれ注ぐ手間を省ける。

多種多様なカクテルを楽しむためには、各フレーバーを置いておくスペースが必要になるが、Bartesianのシロップカプセルなら場所を取らない。

全体的には多少の初期投資がかかっても、省スペースで楽にさまざまなカクテルを楽しめるカクテルロボットといえる。

それを裏付けるかのように、海外アマゾンでは5つ星レビューが2700件以上と、高評価なレビューが圧倒的に多い。

Bartesianのほかにもカクテルロボットに取り組む企業はある。

DrinkworksはBartesianのコンセプトに似ているが、シロップカプセルにもアルコールが含まれている。Barsysはスピリッツボトルを直接逆さに装着するタイプのカクテルメーカーとなる。

創業者・CEOのRyan Close氏 出典:Bartesian

Bartesianは今回調達した資金を、国内展開と海外展開の加速、生産のスケールアップ、チーム拡充にあてるとしている。

今回のラウンドはCleveland Avenueが主導し、Stanley Venturesが参加した。

Stanley Venturesは、アメリカの工具メーカーであるスタンレー・ブラック&デッカーのベンチャー部門であり、Bartesianをヨーロッパに展開することを考えているという。

シカゴに本社を構えるBartesianは元バーテンダーのRyan Close氏によって設立された。

出典:Bartesian

今回の資金調達ニュースに合わせて、女優のミラ・クニス氏が同社の詰問委員会に参加し、ブランド戦略と成長に関する指導をすることを発表した。

Bartesianは生産の拡大に加えて、スタジアムやアリーナなどの再開に先立ち、スタジアムやアリーナなどとの商業的パートナーシップの拡大も考えているという。

最後にBartesianが気になる人にひとことアドバイスを。

日本アマゾンでも買えるが、海外の倍以上するため、海外Amazonで買うことをおすすめする。

▼日本アマゾン

▼海外アマゾン

 

参考記事

Bartesian Raises $20M Series A for its Countertop Cocktail Appliance

Drinks All Around, Bartesian Welcomes Mila Kunis to Board, Celebrates with $20 Million Series A

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Bartesian

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  2. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販…
  3. 自律型サービスロボットを開発したBear Roboticsがシリ…
  4. スマイルロボティクスが開発した配膳・回収を完全無人化で行う自律走…
  5. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  6. インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Food…
  7. The Food Robotics Summit2021に登場し…
  8. ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達

おすすめ記事

The Food Robotics Summit2021に登場したフードロボット・次世代自販機9社

2021年5月19日、海外フードテックメディアThe Spoon主催のArtic…

精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワークスと提携

サステイナブルな食用色素を開発するイスラエル企業Phytolonが、バイオテクノ…

イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でQatar Free Zones Authorityと提携

シンガポールに続き、次に培養肉の販売を承認する国がカタールとなる可能性がでてきた…

フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指す

フランスの昆虫食企業Ynsectが開発するバーガーやナゲットが、数年以内にイギリ…

細胞由来のウナギ、マグロ、タイを開発するUmami Meatsが約2.7億円を調達

写真はイメージ画像ウナギ、マグロなどの培養シーフードを開発するシンガポー…

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 17:58時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/21 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP